ID:+3fYDZZd氏:第3話 ウィキペディアと呼ばれる女

第3話 ウィキペディアと呼ばれる女

前回までのあらすじ!
楽しくピクニックに来ていた3人の前に突如現れた『orz』の幹部、かがみに
みなみがさらわれてしまった。残された二人はみなみを救出するべく動くが果たして・・・。


ここは月面基地。

かがみ「さぁ。あなたの力を見せてみなさい」
みなみ「・・・」
かがみ「何で黙ってるのよ」
みなみ「見せてみなさい、と言われても・・・何をすれば・・・」
かがみ「何って・・・何かあるでしょ?」
みなみ「よく・・・わかりません」
かがみ「( ゚Д゚)」

 ――一方こちらはこなたたち。

こなた「月面基地に着いたよー」
ゆたか「待っててね、みなみちゃん!」
orz団員「うわー! 不法侵入者だぁー! orz」
orz団員「もう駄目だ―orz」
orz団員「しかもぺったんこだぁーorz」

こなた「なに・・・この人達は・・・」
ゆたか「酷いよぉー><」
こなた「とりあえず、ぺたんこパンチ!」

( =ω=)つ)Д゚)

orz団員たち
「ぬうぇあーーーーーーーーー!!」

???(あれ!? こんな展開聞いてませんよ!?)


 ――みなみサイド。

かがみ「とりあえず、いろいろ準備するからこの部屋で待っててくれる?」

そう言われたみなみは客間と書かれた部屋に入る事にした。

みなみ「牢屋だと思ってた・・・ホッ」
みなみ(それにしても・・・これからどうしようか。何とか逃げださないといけないんだけど)

???「あら? 誰かいるの?」
みなみ「え?」
あやの「こんにちわ」
みなみ「あ、こんにちわ」

客間の奥から出てきたのはカチューシャで前髪を上げている少女、あやのだった。

あやの「あなたも捕まったの?」
みなみ「あなたもって事はあなたも?」
あやの「ふふ、そうよ。私はあやの。あなたは?」
みなみ「・・・みなみです」
あやの「みなみちゃんね。みなみちゃんはどうして捕まっちゃったのかしら?」
みなみ「えーと・・・(胸がないからなんて言いたくない)」
あやの「あ、言いたくないんだったらいいのよ? 辛いこと思い出させちゃってごめんね」
みなみ「いぇ・・・」

 ――こなたサイド。

こなた「敵はあらかたやっつけちゃったね」フフン
ゆたか「やっぱりお姉ちゃんはすごいなぁー」

ゆたか「あ、あんなところにお部屋があるよ?」
こなた「ホントだ。入ってみよっか」

かがみ「させないわよ!」
  ド    ン   !

こなた「なんだかがみか」
かがみ「な、ちょ! なんだは無いでしょ!?」
ゆたか「みなみちゃんを返してください!」
かがみ「お断りよ。飛んで火に入るなんとやらってね。あんたら二人も捕まえてあげ、」
こなた「ぺたんこパンチ!」

( =ω=)つ)Д´)グェ

かがみ「きゅう・・・」バタッ

???(えぇぇえぇぇー!?)

こなた「これがぺたんこの力だよ。身をもって味わってね」
ゆたか「わーい、勝ったんだね」

???(予告では私が助けたりする話って聞いてたんですけど。おかしいですねー・・・)

こなた「客間・・・とりあえず開けてみよっか」ガチャ

みなみ「? あ、先輩。ゆたか!」
あやの「あら? お迎え?」

客間ではみなみとあやのが、こたつでお茶を飲んでいた。ぬくぬくだ!

こなた「やっほー、みなみん。どうやら無事みたいだね」
みなみ「はい。ご心配おかけしました」
ゆたか「みなみちゃんホントに大丈夫なの?」
みなみ「うん・・・大丈夫。ゆたかの方こそ怪我とかはしてない?」
ゆたか「私も大丈夫だよ。お姉ちゃんが守ってくれたし」
こなた「いやいや~」ニマニマ

あやの「お別れね。少しの間だったけど話せて楽しかったよ」
みなみ「あやのさんも一緒に・・・」
あやの「ううん。私はまだ良いの」
みなみ「何故?」
あやの「待ってる人がいるから。みなみちゃんに迎えに来てくれる人がいるように、私にも助けに来てくれる人がいるの。
    私はその人を待ちたい」

こなた「あの人、誰だろ?」
ゆたか「看守さんかなぁ?」

みなみ「・・・分かりました。じゃあ」
あやの「うん。またね」ノシ

みなみ「お待たせしました」
こなた「うん、じゃあ行こっか」

みなみ「・・・そういえば。どうやって月に来たんですか?」
こなた「・・・知らない」
みなみ「え?」
こなた「気づいたらここに・・・」
ゆたか「ふぇ~~ん、どうやって地球に帰るの~><」

???(ここですね!?)
???「その件につ――みなみ「・・・ここが月基地なら。地球に帰る宇宙船か何かがあるはずです」
こなた「おぉーそっかー! さっすがみなみん!」
みなみ「いえ・・・」
???「あ――こなた「よーしじゃあ宇宙船で帰ろー」
ゆたか・みなみ
「おぉー」

三人は格納庫へと向かっていった。

???「・・・」


みなみ(それにしても・・・)

☆☆☆

ゆたか「私も大丈夫だよ。お姉ちゃんが守ってくれたし」
こなた「いやいや~」ニマニマ

☆☆☆

みなみ(私にも・・・頭脳だけじゃなく、ゆたかを守れる力が欲しいな・・・)

みなみの悩みの種が、またひとつ増えた。因みに一つ目の悩みは言うまでもない。


 ーー一方そのころ。

かがみ「いたたた・・・も~。いきなりパンチなんてひきょ、」
???「てい!」パァン
かがみ「ぐぇ」

みゆき「私はウィキペディアと呼ばれる女、みゆき! よく覚えておいてくださいね!」プンスカプン!
かがみ「な・・・なんなのよ・・・」ガクッ


 -次回予告-

 みき「ぺたんこファンタジー:アンリミテッド。
    予言します。
    こなた。ゆたか。みなみ。むねぺったんガールズを追い求める冷酷なる者に、愛の光が炸裂する。
    『みなみー思い出のオルゴールー』
    次回もアンリミテッドな導きを・・・」    



コメント・感想フォーム

名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。