ID:bRzQ2q.0氏:ケーキ

夕方、ひかげはケーキショップの前で店の中を見ていた。
店内では仕事帰りのOLや子連の母親達が、どれにしようかとケースに並べられたケーキ達を眺めている。甘い香りが店の外まで漂ってくる。
ケーキ、それはひかげにとって近くて遠い食べ物だった。
牛乳と小麦粉があれば自分でもホットケーキくらいなら作ることができる。
でも、それ以上は無理。作り方は難しいし、第一お金がかかる。
お金のないひかげにとって、この類のお店で売られているケーキは、まるで、異世界の食べ物だった。
ベルの音とともに1人の女性が店から出てきた。
一気に広がる匂いがひかげの鼻を擽る。
「今から帰るから。あ、それと、まつりにちゃんと言っといてね?母さん」
不機嫌そうに女性はそう言って携帯を閉じ、それを鞄に仕舞って駅の方へと歩いて行った。
立て続けにもう1人の女性が、今度は笑顔を綻ばせながら、ドアから外へやってきた。
「おじさん、ありがと!……むふふふふ、きっよたっかさ~ん、待っててね~」
女性は一言店内に声をかけ、そんな、歌うように声を弾ませ、駅の方へと足を弾ませていった。

彼女達の手には当然の様にケーキの入った小箱が握られていた。
彼女達の小箱には一体どんなケーキが入っていたのだろう?
ショートケーキ、チョコレートケーキ、モンブラン、タルト、考えるだけで涎が垂れそうになってくる。
また人が出てきた。あまり店には相応しくない出で立ちの男性。
作務衣姿のその男性は、顎に無精髭を顎に生やし、とても眠そうな顔でぬぼ~っと店の外へとやってきた。
「あ、先生!」
彼が店を出てくるや、早々にスーツ姿の男性が彼に近づいてきた。
「ふぁ?……ああ、君か。どうした?……俺、忘れ物でもしたかな……?」
「いえ、授賞式の件で伝え忘れてた事が……早速お祝いですか?」
「あ、ははは。自分で買うのも気が後れるが、娘達がいるもんでね、何もないってのも寂しいだろ?
 ああ、で、伝え忘れてた事って?何なら電話でもメールでも良かったのに」
「出られた直後に気づいたもので、それで急いでかけてきてしまいました」
スーツ姿の男性は自嘲気味に言うと、一言二言無精髭の男性に伝えて、駅とは逆の方へと走って行った。
ひかげはそんな2人をぼ~っと見ていた。
「……」
髭の男と目があった。彼はひかげを見て顔をにんまりさせ、
「やあ」
声をかけてきた。
「誰かを待っているのかな?そうだ、おじさんが美味しいケーキを買ってあげよう。おじさん、今日ね」
そう言い掛けたところで、男の声にもう一つ別の声が重なった。

「お待たせ」
男の背後に1人の女性が立っていた。
「あ、お姉ちゃん!」
それは、ひかげの姉の、ひなただった。
「あの、妹が何か?」
「えっ、いや~、あは、は、は、は」
髪をかきながら、男はバツが悪そうに去っていった。
「……何かあったの?ひかげちゃん。あの人……」
「ううん、道を聞かれてただけ」
「そう?……ダメよ?知らない人について行っちゃ。ひかげちゃんが誘拐でもされたら、私……」
「大丈夫よ。私、そんなにぬけてないもん。……あ、お仕事はもう終わったの?」
「ええ。さっき終わったところよ。さあ、ひかげちゃん」
ひかげはひなたに背を押され、店内へと入っていった。

「今日はひかげちゃんのお誕生日ですものね」
ひかげはどっと来る濃厚な香りに頭がくらくらしそうになった。
スーパーのお菓子コーナー等では決して味わう事のない、特別な、高級な匂いだと、ひかげは思った。
今日は久しぶりにケーキが食べられる日。誕生日。
ひかげは何を買ってもらえるのかと、ケースの前にやってきた。
ショートケーキにチョコレートケーキ、モンブラン、タルト、シュークリーム、
散りばめられた数多くのケーキがどれもひかげに呼ばれるのを待っているかのように、綺麗に並べられ、待機していた。
「あの、予約していた宮河です」
「少々お待ち下さい」
ひかげはひなたと店員のやりとりを聞いていなかった。
ひかげはどれか一つを買ってもらえると、そう思っていた。
だから選んでいた。甘い誘惑と、戦っていた。
(神様の言うとおり……やっぱりもう一回!どれに)
「ひかげちゃん?」
「ちょっと、待ってて……しようかな……」
ひかげは歌に合わせて小刻みにケーキを指差していた。
「ひかげちゃん、コ~レ。それとも、そっちの小さい方が良かった?」
ひなたに肩をつつかれ、ひかげはようやくひなたの方を見た。

「あ……」
そこには、円い大きなケーキがあった。
それは小さく切り分けられる前の、デコレーションケーキだった。
苺が周りを囲んで、その中心にはチョコレートの板が置かれている。
板にはホワイトチョコで、
『Happy Birthday ひかげちゃん』
そう書かれていた。
「お姉ちゃん、これ?」
「だって、今日はお誕生日じゃない?だから予約して、お願いしておいたの」
店員はひかげの方にそれを向けた。
滅多にお目にかかることのないそれを、ひかげ憧憬の眼差しで見つめていた。

ベルの音とともに2人が店の外へてやってきた。ひかげの手にはケーキの入った大きな箱があった。
他の誰が持っていた物よりも大きな箱、その中には自分だけのケーキが収められている。
自分の為だけに作られた、デコレーションケーキが。
鼻の所まで持ってくれば匂いが鼻腔の奥、頭の中をもときめかす。
「ひかげちゃんももう12歳だもんね」
「ん?」
「ごめんね。いつも無理させちゃって」
いつもなら、「ホントだよ、まったく」と愚痴を言ってやるところ。でも、今日は、
「ひかげちゃん?」
空いてる手をぎゅっと握って応えるひかげだった。

「ありがとう」

蚊の鳴くようなひかげの声が、雑踏にかき消されていった。

「どういたしまして」

ひなたはその声を聞き逃すことなく、優しくそう答えたのだった。
2人きりの誕生日会が、間もなく開かれようとしていた。

ー終わりー



コメント・感想フォーム

名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。