ID:W > rIzsSO氏:星に願いを

 季節は夏。そして本日は七夕ということもあり、生徒会による七夕イベントが決行されていた。
イベントといっても、そんなに大それた事ではなく、玄関先に用意した青々と笹の葉茂った竹に、願いを書いた短冊を吊すというシンプルなものだ。
しかし、そのシンプルさ故に、既に笹には数多くの短冊が吊されていた。
当然、願いが叶うなんて非現実的な事はないのだが、こういうのは楽しんだもの勝ちである。
単純に、書いて吊して楽しむも良し。他人が書いた願いを読んで楽しむも良しと、まぁ楽しみ方は人それぞれだ。
「まだ誰も来てないよね?」
 そうこうしているうちに、また一人、短冊に願いを書きに来たと思われる女子生徒が竹に近づいて来た。黄色いリボンがトレードマークの
ショートカットな髪型の女の子は、キョロキョロと周りを確認しながら、落ち着かない様子で短冊を手に取った。
「誰も居ないうちに……」
 どうやらこの女子生徒は、書いているところを見られたくない様である。頬を紅潮させている辺り、恋文染みたものだろうか。
短冊に自分の名前さえ書かなければ、後で誰かに確認されようが分からない。だから誰も居ない時を狙ったのだろう。
ロマンチックな乙女だ。

「これでよしっと」
 自分で書いた願いを確認して、再び頬を紅潮させ、それを笹に吊した。どんな願いか分からないが、書かれた相手は幸せ者だな。
「あれ? つかさ早いわね。もう書いたの? 見せて見せて」
 つかさと言うのは、黄色いリボンの女の子の事だ。そしてつかさの背後に突然現れたツインテールな髪型の女の子は、つかさの後方にある今吊したばかりの短冊を見てしまう。
「わわわわ、お姉ちゃん!」
 つかさは必死に両手を上下にバタバタとするも時既に遅し。というか姉だったのか。
「……わぁ」
 つかさの姉は、その短冊に書かれていた内容を確認し、気恥ずかしくなりつつも、その短冊をまじまじと見つめていた。
「はぅぅ……」
 つかさはすっかり顔がトマトになり、恥ずかしい様で下を向いていた。一体、どんな内容なのだろうか。
「何々? 『お姉ちゃんとずっと仲良くいられますように』? しかもハートのイラスト付きだとぅ!?」
「わぁぁ! 口に出さないでぇぇ!」
「うぉっ!? こなたいつの間に!? あ、みゆきも」
 突然現れるのが流行っているのかというくらい、タイミングの良い登場の仕方だ。こなたと言う小柄な女子生徒のお陰で、短冊に書かれた内容が判明された。
これは書いた本人も書かれた相手もかなり恥ずかしいだろう。それも身内ときたもんだ。
「だから誰も居ない内に書いたのにぃ……」
「いや、その……ごめん。でも」
「でも?」と、つかさ。
「嬉しいわよ。そういうこと書いてくれてさ」
「……えへへ」
 この瞬間、姉妹という二人の間に、強烈な姉妹愛が生まれた。これを破壊することは何人たりとも出来ないのである。
「ぐぬぬ、やるなつかさ……くそーぅ! 負けてられるかぁー!」
 こなたはそう叫びながら短冊を手に取り、物凄い勢いでペンを走らせていた。何が負けてられないのだろうか。
「良し、これで勝つる!」
 書いた短冊を直ぐに吊しに行くこなた。しかし、ガシッと肩を掴まれてしまう。

「何すんのさかがみ!」
「ちょっとな、それ見せてみろ」
「もう、せっかちさんだなぁかがみは~。」
 そう言って短冊をつかさの姉、かがみに手渡した。その内容とは、

 かがみとチュッチュッしたいな(はぁと)
                    こなた

 かがみは固まった。名前を書いてる辺り、つかさよりも大胆である。
「うおりゃー!」
「あぁ! 何すんのさ! 破くなんて酷いよー!」
「こんな恥ずかしい物、吊しといてたまるかっ!!」
 こなたの願いは糸も簡単に粉砕された。ひらひらと舞い散る短冊は風に飛ばされ、余計に虚しさを増した。
「良いもん良いもーん! 私はみゆきさんとチュッチュッするもーん! ねぇ~みゆきさ~ん?」
「えーと……」
 こうして、つかさの作戦は失敗に終わった。しかし、失敗して得たものも、そうそう悪いもんじゃないな、と、つかさは思うのであった。
「みゆきさんアイラブユー!」
「えーと……」


 時間変わって、放課後。喧騒ざわめくここ、玄関先も、すっかり生徒達が居なくなり寂れていた頃、一人の教師と思われる女性が、短冊で埋め尽くされている竹に歩み寄って来た。
「ふふふ、あいつに見つからない内に……」
 どうやらこの女性も、書いてる所を誰にも見られたくない様である。
女性はササッと短冊に願いを書き終わると、直ぐに笹に吊した。
しかし、二度あることは三度ある。そう、またしてもこのタイミングで背後から誰かが来たのである。やはりこの登場の仕方は流行っているのか。
「あら、桜庭先生、短冊書いてるんですか? えーと……」
「ばっ、見てはダメだ!」

 ふゆきと 結 婚 !

 これまた、大胆な願いだ。
「さぁ、結婚しよう」
 そして本人は開き直っている。
「……桜庭先生、こういう形に残るものでこういう事書くのはダメですよ?」
「何? なら形に残らなければ良いんだな?」
「そうじゃありません。……そもそも学校で、」
「ほぅ、学校じゃなければ良いのか」
「もう、何でそうなるんですか」
 しかし、意外に満更でもない様子。新たなカップルの誕生である。
「誕生しません。もう、何ですかこの終わり方は? 綺麗じゃありませんね」
「ふゆきは綺麗だ」
「……ひかるさんったら」



         おわり
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。