ID:55UFRLQ0氏:みゆきと桜と馬鹿な俺。あとついでに嘘

 クズのような自分なんかとは、ちっとも釣り合わない彼女ができたら、どうする?wwwwww
 考えてみ?wwwwwwwwwwww
 頭が良くて、美人で、スタイルが良くて、運動も出来てさwwwwwwww
 全然、もう全然自分なんかとは毛色の違う人なんだよwwwwwwww
 君だったらどうする?wwwwwwwwwwww
 俺の場合は、有頂天になったねwwwwwwwwwwwwww

 朝、通学路を歩く俺は、目の前に愛しの彼女を見つけたwwwwwwwwww
 テンションが一気にMAXwwwwww思わず駆け寄って、その細い背中に声をかけたwwwwwwww
「みゆきさんwwwwwwwwwwwwドゥフッwwwwwwドゥフッwwwwwwwwww」
 肩をぽんっと叩くwwwwwwww
 桃色の髪を跳ねさせて、彼女は振り向いたwwwwww
 大きなめがねと、ぱっちりとした瞳wwwwww
 そして、弾むような爆乳wwwwwwwwww
 そう、皆のアイドルwwwwww
 みゆきさんだwwwwwwww
「ああ、おはようございます」
 みゆきさんはふわりと笑ったwwwwww俺も釣られて笑うwwwwwwエフッwwwwエフッwwwwwwww
「珍しいですね、今日は遅刻しないんですか」
「みゆきさんに一刻も早く会いたかったからさwwwwwwビックバーンwwwwww」
 というと、みゆきさんは照れたように笑って、顔を伏せたwwwwww
 その頬は紅く染まっているwwwwwwww俺もつられて紅くなるwwww自分で言っといてwwww自分で言っといて紅くなるからwwww
 みゆきさんと俺は、最近付き合いだしたwwwwwwwwwwww
 ある日、突然みゆきさんが、俺に告白してきたのだwwwwwwww
 それはもう驚いたねwwwwwwwwなんてったって、憧れの女性から告白されたんだからwwwwww
 俺はもうはしゃぎまくりでOKしたwwwwwwww
 そして今に至るwwwwwwww
 そうそう、とみゆきさんは俺に顔を向けたwwwwwwww
「この間ですね、こなたさんと面白い出来事がありまして」
「泉の野郎がどうかしたんですか?」
「こなたさん、突然『私、かがみんと付き合うことになったから』と言い出しまして」
「ありえそうですね」
「私驚いてしまって、動揺するやら、おめでとうと言うやら、それはもう、慌てたのですが」
「慌てるみゆきさんも可愛いですよ」
「実は、それは嘘だったんですね」
 オチも何もない話wwwwwwwwだが、俺はげらげら笑ったwwwwwwみゆきさん可愛いよwwwwww
「だけど、泉の野郎、太い奴ですね。みゆきさんに嘘を吐くなんて」
 と俺が言うと、みゆきさんはぼそぼそ唇を動かしたwwwwwwww
「あの、私だけ抜け駆けしてしまったから、こなたさん、ちょっと驚いてしまったようで……」
「抜け駆け? どういうことですか?」
 あの、その、とみゆきさんはしどろもどろwwwwwwドロヘドロwwwwww面白いよねwwwwwwww
「私だけ、恋人ができてしまったから……」
 心臓が跳ね上がったwwwwwwそういう彼女は、とても美しかったwwwwwwwwwwww
 ひらりと桜が待ったwwwwwwwwwwそういえば、もうそんな季節だwwwwwwww
 みゆきさんの頭に、桜の花びらがついたwwwwww俺はそれを目で追いながらwwwwww
「俺は、みゆきさんに絶対、嘘なんか吐きませんよ」
 と言ったwwwwwwwwww言ったったwwwwwwww
 みゆきさんの顔は、桜よりも紅くなって、はい、と呟くと、さらに俯いたwwwwwwwwwwww

 学校に到着して、俺とみゆきさんはそれぞれのクラスに向ったwwwwwwwwww
 机のうえに鞄を置くと、勝手に顔が笑ってしまうwwwwwwww
 何て幸せなんだろうwwwwwwふわふわして、現実感がないwwwwww
 ずっとこんな日々が続けばいいのになぁwwwwwwwwwwwwwwww

 と、思っていた矢先、腹に激痛が走ったwwwwwwww
 ぐるぐると腹が鳴るwwwwwwwwぐるぐるぴーぴーwwwwwwww
 どうやら、腹を壊しているwwwwwwww
 恐らく、朝にカレーを食べたせいだろうwwwwww
 調子に乗ってコーラとか飲んだからwwwwwwwwww俺の馬鹿wwwwww
 俺は慌てて、トイレに向ったwwwwwwwwwwww
 だが、トイレは全部空いていなかったwwwwwwwwww
 朝にうんこする奴多すぎwwwwww家で済ませろやwwwwwwって俺もかwwwwwwww
 一人つっこみをいれてる間も、腸内運動は激しいwwwwwwwwww
 元気なそれは、もう入り口まで迫っていたwwwwwwwwww
 俺は、やむをえず、女子トイレに駆け込んだwwwwwwww

 幸い、女子トイレには誰もいなかったwwwwwwww
 俺は個室に飛び込んで、臨戦体勢wwwwwwww
 うんこは軽やかに飛び出たwwwwwwwwww
 えも言われぬ快感の後、さあっと血の気が引いたwwwwwwww
 これ俺変態じゃんwwwwwwww女子トイレでうんこするとか完全なる変態じゃんwwwwwwww
 俺は、慌ててトイレから脱出を試みたwwwwwwww
 だがそのとき、がやがやと、誰かがトイレに入ってきたwwwwwwww
 俺は慌てて個室に隠れたwwwwwwww
 女子ってのは、何でこうも集団でトイレに行くのかwwwwwwww
 聞くつもりもないが、自然に会話が聞こえてきたwwwwwwww
「ねー、くさいよねー。……って、本当に臭くない?」
「ハンバーグみたいな匂いがするねぇ~」
「ちょっ、つかさ、表現が生々しい……」
 どうやら、トイレに入ってきたのは、みゆきさんたちと仲が良い、泉と、柊姉妹の三人のようだったwwwwwwwwww
 三人はトイレはしないで、洗面台のところで雑談しているwwwwwwwwww
 俺は何となくその会話に聞く耳を立てたwwwwwwだって気になるんだもんwwwwwwww
「みゆきさんもやるよねー。まさか本当にするだなんて」
「ね、私、すっごく驚いたよぉ」
 どうやら、みゆきさんのことを話しているwwwwwwww
 ますます聞く耳を立てた俺の鼓膜に、衝撃的な言葉が飛び込んだwwwwwwwwww
「罰ゲームとはいえ、まさか本当に告白するとはねー」
 罰ゲーム?wwwwwwwwwwwwww
 どういうことだ?wwwwwwww
 みゆきさんは、俺に罰ゲームで告白したのか?wwwwwwwwww

 その瞬間、頭の中で、ジグゾーパズルが完成したみたいな感覚がしたwwwwwwwwwwww
 そうだwwwwwwwwww考えれば、当たり前だwwwwwwww
 俺のような劣等生を、みゆきさんが好きになって、あまつさえ彼女から告白してくるなんてwwwwwwww
 ありえないんだwwwwwwwwそんなことwwwwwwww
 俺は、がちゃりと扉を開けたwwwwwwwwひぃっ、という短い悲鳴が上がって、三人はこちらを見たwwwwwwww
 俺は彼女たちには一瞥もせず、溜息をついて、トイレから出たwwwwwwwwwwww

 その日の帰り道、後ろから声をかけられたwwwwwwww
 みゆきさんだwwwwwwwwww
 笑顔で、駆け寄ってきたwwwwww俺は、その笑顔に、胸が痛んだwwwwww
 全部、嘘の癖にwwwwwwww頭が良い人は、演技も上手いのかなwwwwwwww
 みゆきさんは言ったwwwwwwwwww
「今日の夜、暇ですか? お話したいことがあるんです」
 ほらきたwwwwwwと、俺は心の中で言ったwwwwwwwwww
「坂の上の、桜の木の前で待っていて欲しいんです」
 その場所は、俺がみゆきさんから告白を受けた場所だwwwwwwww
 よりにもよって、そんなところを選ぶなんてwwwwwwwwww
 嫌味な人だよwwwwwwまったくwwwwwwww
「来てくださいね」
 みゆきさんは、暗い顔の俺を覗き込んだwwwwwwwwww
 俺は、無理に笑顔を作って、
「ええ、行きます」
 と言ったwwwwwwwwww
 みゆきさんは照れくさそうに笑うと、ぽてぽてと、走り去ってしまったwwwwwwww
 俺はその後ろ姿を見ながら、自嘲的に笑ったwwwwwwww
「振られるってわかってるのに、行くかよ」

 次の日、みゆきさんは学校に来なかったwwwwwwwwwwww
 ぽっかり空いている机を、廊下から見て、俺は苛立ったwwwwwwww
 何であんたが、逃げるんだよwwwwwwww
 逃げたいのは、俺だwwwwwwww
 ぬか喜びさせて、本当は嘘だったなんてwwwwwwww
 俺は馬鹿みたいじゃないかwwwwwwwwwwいや、馬鹿なんだけどwwwwwwww

 そのとき、がつん、と後頭部を殴られたwwwwwwww
 驚いて振り向くと、柊姉妹の、姉が俺を睨んでいるwwwwww
 その後ろには、妹と、泉がいたwwwwwwww二人も、俺を睨んでいるwwwwww
「なんだよ」
「なんだよじゃないわよ。あんた、昨日みゆきの約束ほったらかしたわね」
「ああ、そうだよ」
「そうだよ、って、あんたねぇ」
「うるさいな」
 俺は、きつい口調で言ったwwwwwwww
「全部、嘘だったんだろ。罰ゲームだったんだろ。何で行かなきゃいけないんだよ。どうせ、振られるのによ」
 俺よりもきつい口調で、柊姉は怒鳴ったwwwwwwww
「馬鹿!」
 廊下を歩く人たちが、皆一斉に俺たちを見たwwwwwwww
 そんなこともお構い無しに、柊姉は言うwwwwwwww
「みゆきみたいに初心な子が、例え罰ゲームでも、好きでもない男に本当に告白すると思う?」
「ど、どういう意味だよ」
「あの子はね、前からあなたのことが好きだったのよ。それを、いつまでも悩んでいるから、私たちが無理矢理告白させたの!」
 ぐらりと頭のなかが回ったwwwwwwww
 天地がひっくり返ったようだったwwwwwwwwww
 心臓がばくばく鳴って、ぐるぐる混乱するwwwwwwww
 柊姉は教室を覗き込むと、言ったwwwwwwww
「みゆき、来てないの?」
「あ、ああ、今日は、来てない」
「昨日連絡したときは、もう帰る、って言ってたのに。まさか、あの子……」
 俺は、柊姉の次の言葉を待たずに、走り出したwwwwwwwwww
 みゆきさんはきっと、まだ、あそこで待っているwwwwwwww
 俺は確信を持って、そう思ったwwwwwwwwww
 何故なら、俺はみゆきさんに言ったからだwwwwwwww
 俺は絶対に、嘘なんか吐かない、とwwwwwwwwwwwwww

 桜が雨みたいに舞っているwwwwwwww
 その下に、みゆきさんはいたwwwwwwwwこちらに背をむけて、ぼうっと立っているwwwwww
 坂を全力で疾走した俺の心臓は、はちきれそうだったwwwwww
 ぜいぜいと息を吐きながら、俺はみゆきさんの細い背中に、声をかけたwwwwwwww
 毎朝、そうしているようにwwwwwwwwww
「みゆきさん」
 みゆきさんは振り返ると、少し驚いて、それから、ふわりと笑ったwwwwwwww
「来てくれたんですね」
「すみません、みゆきさん。俺」
「謝らないでください」
 ぴしゃり、と遮られるwwwwwwww
 みゆきさんの目の下には、隈ができていたwwwwww
 昨夜から、今まで、彼女はずっと、俺を待っていたのだwwwwwwww
 胸がずきりと痛んだwwwwwwwwww
 深呼吸するみたいに、あるいは桜の香りを楽しむみたいに呼吸して、それからみゆきさんは話し出したwwwwww
「昨夜、私はあなたに別れ話を持ちかけようとしていました」
 当然だwwww俺のような馬鹿男wwwwwwふられて当然だwwwwww
 だけど、何でだ?wwwwww当然だと思うのに、すごく、悲しいwwwwwwww
 みゆきさんは、言葉をつむぐwwwwww
「そして、また、正式に告白しようとしていました」
 みゆきさんの桃色の髪が、桜の花びらに混じって、風に流れたwwwwwwww
「だって、私は、いつだって正直なあなたに、嘘を吐きたくなくなかったんです。きっかけの罰ゲームは、私の意志ではない。だから、この関係は、一旦リセット。そして私は、罰ゲームでなく、あなたに、本当の気持ちを伝えたいのです」
 聞いてくれますか……?
 みゆきさんは静かにそう言ったwwwwwwww
 ぱっちりとした、だけど少し疲れた目が、俺を真っ直ぐに見据えるwwwwwwwwww
 俺の答えは、決まっているwwwwwwwwwwwwww
 桜が、頑張れ、とでも言うみたいに、風に傾いだwwwwwwww

 終わり

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。