第○回○○大会

こなた「というわけで、第一回は“言われたら傷つく言葉大会”~!」
かがみ「……どういうわけだよ」
こなた「はいそこっ、気にしたら負けだよ」
かがみ「……まあいいけど」
こなた「『この人はこんなことを言われたら傷つくだろうな』ってことを考える。ではかがみ、つかさについて考えてみよー」
かがみ「私がつかさかよ」
つかさ(はぅ、何を言われるか怖いよ~……)
かがみ「えーと……『つかさってば、何をやらせてもトロいんだからっ』」
つかさ「がーん……!!」
みゆき「あ、傷つきましたね」
かがみ「つ、つかさ、本当はそんなこと思ってないからね!?」
つかさ「うう……わかってても辛いよぅ……」
こなた「じゃ次。私がみゆきさんのを考えるね」
みゆき「……怖いですね……」
こなた「うむむ……『みゆきさんって家で勉強以外に何やってるの?』」
みゆき「……勉強しか……していないような……」
こなた「あ……ごめん……土下座で許してくれるかな」
みゆき「い、いえ……冗談、なんですよね……?」
つかさ「これ、言われるほうが辛いよー」
かがみ「このお題はやめたほうがいいんじゃ……」
こなた「んー、じゃ最後。みゆきさんが私の悪口考えてよ」
みゆき「え、と……では、『泉さん、ゲームをやめれば少しは頭が良くなるのではないですか?』」
こなた「ふぐぉあ!!」
かがみ「こなた!?」
つかさ「こなちゃん!?」
こなた「……み、みゆきさんの『少しは』は……効いた……」
みゆき「ご、ごめんなさい……!」


こなた「第二回は“言われたら思わず反応しちゃうこと”っ!」
かがみ「言われたら思わず反応しちゃうこと……」
こなた「あれ? かがみ、痩せた?」
かがみ「えっ嘘!? 痩せて見える!?」
こなた「とまあこんな感じの」
つかさ「なるほどー」
みゆき「わかりやすい例ですね」
かがみ(……お前ら後で覚えとけよ……)
こなた「じゃーみゆきさん。誰でもいいから反応しそうなこと」
みゆき「えーっと……『バルサミコ酢というのはバルサという巫女さんが作られたお酢なんですよ』」
つかさ「えっ、そうなの!?」
かがみ「あ、引っ掛かった」
こなた「みゆきさんも嘘つくんだねー」
つかさ「……も、もー! ひどいよゆきちゃん!」
みゆき「うふふ……すみません」
こなた「次、かがみ」
かがみ「そうね……。……あっ、『みゆき、パンツ見えてるわよ』」
みゆき「ひゃええ!!?」
かがみ「冗談よ」
みゆき「…………」
こなた「かがみ、上手いね~」
つかさ「私も騙されちゃったよ~」
かがみ「ま、やるからには徹底的にね」
こなた「じゃ最後、つかさ」
つかさ「う~ん……」
こなた「……」
つかさ「『あっ、こなちゃんのお母さん』」
こなた「嘘!? どこどこ!? どこにいるの!?」
つかさ「……」
こなた「あ」
かがみ「……」
みゆき「……」
こなた「…………////」
かがみ(こなた……あんた、なんだかんだで寂しいのね……)


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。