こなたん達が3次元に来てしまったようです 第1話 3次元

―――こなた・・・こなたっ

声が・・・聞こえる。
聞き覚えのある声。
それもそのはず。これはかがみの声だ。

「ん・・・何」

目をうっすら開けるとかがみの顔がまん前に見える。

「ここ、どこだか分かる?」
「―――ぇ?」

突然の問いに疑問を浮かべる私。
体を起こして周りを見渡す。

私はどこかの公園のベンチに寝ていたようだ。
隣にはつかさとみゆきさんも寝ている。

でも、おかしい。
私はこんなところで寝てなかったはず・・・。
あれ?
私は一体今まで何してたっけ?
起きる前の記憶が少しとんでいるようだ。

「気づいたらここにいて・・それまで何してたか思い出せないの」

かがみが心配そうに私を見つめてくる。

「うん、私も思い出せない。私たち、公園なんかで寝てたっけ?・・・あ」

もう1度周りを見渡していたら気づく。
この公園に見覚えがある。

「ここって・・・アキバの・・・?」

ザッと立ち上がってもう1度見渡す。

うん、この喧騒、この空気、この雰囲気・・・
私たちは秋葉原にいる。

「秋葉原?な、何で私たちそんなとこにいんのよ」
「そ、そんなの知らないよっ」

だってそれまでの記憶の部分が切り取られているというか・・・

「とりあえず、アニメイトでも行こっか」
「はぁ?あんた、何でここにいるのかも分からないのに」
「だって分からないもんは分からないし、ここはいっそ楽しまないとね」
「はぁ・・・あんたは相変わらずだなぁ」

後ろでかがみがつかさとみゆきさんを起こす声がする。

私はふと思う。

・・・うーん、でも何か違うんだよなぁ。
いつものアキバと・・何かが・・・気のせいかな。
そのとき

「あ・・・あああ・・ああああ・・・・」

1人の男が私を指指して震えている。
驚いているけど、嬉しさをも伴っているように見える。

「ふぇ?」

疑問符を頭上に浮かべる私。

「確か・・・らきすたの・・・・」
「らきすた?」

聞き覚えのない言葉だ。

何だかよく知らないうちに人がどんどん集まってきた。
いつの間にか私たちの周りに人だかりができていた。

「おい、あれって・・・」
「・・・うほ、俺の嫁・・・」
「どういうことだ?」
「これってお持ち帰りしていいのか?」
「本当にそっくりだな」

ざわざわと聞こえてくるそんな言葉。

「ちょ、ちょっと、何よこの人たち・・・」

かがみが集まった人たちを見渡して後ずさりする。

「何かこの人たち怖いよぉ・・・」

起きたばかりのつかさが涙目でかがみを見つめている。
見たところ、いかにもオタクな人たちばかりだ。
でも、何で私たちの周りに集まってくるんだろう。

人だかりの中から1人男が私たちに近寄って来た。

「あの、写真撮っていいですか?」
「は?」

1人が出るとみんなが後から続々と携帯を取り出して寄ってきた。

「こなたんは俺の嫁ーっ」
「かがみん!かがみん!」
「つかさちゃんとちゅっちゅしたいよー」

唖然とする私たち。
何かここに居たら危険な気がするよ。

「み、みんな逃げろーっ」
「ぁっ、ちょ、こなた待ちなさいよっ」

私が駆け出すとかがみたちも後を追うように走り出した。
しかし、オタクたちもなんか叫びながら追いかけてきた。
しかもアキバの町行く人々がこちらを注視する。

何でー!?
ワケが分からない。
起きたら何故かアキバにいるし、しかも何か追いかけられるし。

でも・・・「こなたんは俺の嫁」って・・・
何で私たちの名前を・・・それに嫁って2次元のキャラに・・・

はっ!?
まさか・・・・

私はアニメイトに向かって走り出した。
かがみたちもちゃんと着いて来る。

アニメイトに到着し、中に入る。
それと同時に客の目が私たちに向けられ、見つめられた。
でもそんなのお構いなし。
店内を歩く。

・・・やっぱり!!

私たちが描かれている本・・・らき☆すた。
つまり、ここは・・・3次元!

私たちの世界の中の3次元じゃなく、私たちの世界が2次元のときの3次元!!
そんな世界あるのか知らない。ていうかあったの!?
でも、事実。何故だか知らないけど私たちは3次元に来てしまったんだ。
何故?何で?何か理由があるはず。でも分からない。

とりあえず、今はアキバを離れた方がいい。
突然2次元のキャラが3次元に現れたら・・・考えなくても分かる。
私だってそっち系のことは分かる。

「あれ、こなたじゃん・・・」
「何でいるんだ?」
「本物・・・?」

ざわざわと聞こえる声。
その声から逃げるように私はアニメイトから飛び出た。
慌ててかがみたちも私の後を追う。

家に帰ろう。
あるかどうかは分からないけど・・・。

―――鷹宮神社。
かがみの家であり、つかさの家でもある。
けど、何故か名前が鷲宮になってる。
やっぱり2次と3次は違うんだろうなぁ。

遠目から見てても分かるけど、ここにもいた。
オタクっぽい人たちが。

まさか・・・あれですか?聖地化してるんですか?
まずいな。ここからも離れた方がよさそうだ。
私がそう思って引き返そうとしたときかがみが言った。
「ちょっと、こなた。さっきから一体何が起こってんのよ」
「えっ」
「なんか私たちの名前知ってたり、・・・嫁とか言ったり」
「んー・・・どうやら私の考えだと3次元に来てしまったようだね」
「3次元ってなぁに?」
つかさが口を挟んできた。
「夢も希望もない現実世界のこと」
「( ゚ω゚)バル?」
「つかさに変なこと教えるなっ」
「そもそも次元というのは空間の広がりをあらわす一つの指標です。座標が導入された空間では(ry」
みゆきがいつものようにペラペラと話し始めるが、つかさは更に分からなくなったようだった。
「で、何で私たちは3次元に来ちゃったわけ?」
「それは分からないよ・・・」
「と、とりあえず私たちの世界と違うところに来ちゃったってこと?」
つかさが思案顔で呟く。
「そーなるね・・・」
「えぇっ、じゃあ元の世界に戻るにはどうしたらいいの?」
「それも分からないよ・・・でも、きっと私たちがこの世界に来たのには理由があるハズ」
「理由、ねえ・・・なんか心当たりある?」
「ないよ。それに記憶がちょっとないしさ」
「私もないですね。お恥ずかしながら」
「はやく帰りたいよぉ・・・」
「あー、ほらつかさ泣かないの。きっと帰れるから・・・」

そんな中、聖地からこちらに向かって歩いてくるオタク2人を発見した。

「あ、みんな隠れるよ!みつかったらまた騒がれる」
「う、うん」
ささっと狭い道に逃げ込んだ。
そぉ~っとオタクの人たちを覗く。

「最近のらきすたおかしいらしーな」
「そーなのか?」
「ネットで話題になってんぜ」

「!!」
らきすた・・・私たちが描かれている作品。
それがおかしいってどうゆうこと?
オタクの人たちはさっさと通り過ぎた。

「らきすたって何かしらね」
かがみが私に聞いてきた。
「私たちが出てる漫画だよ」
「えっ、そんなのあるんだ・・・。って何でそんなの知ってんのよ」
「さっきアニメイトで見たもん」
「ああ、さっきのアニメイトか」
「私たちが出てる漫画かぁ、なんか見てみたいね」
「え・・・私は嫌だな」
つかさがえへへと笑う横でかがみがじと目になる。
「んー、でもちょっと興味はあるよね」
「そうですね。私も1回見てみたいです」
「よおーし、じゃあ買いに行こう!」
こなたが人差し指を空につきつけた。(>ω<.)
「やったぁ~!」
「ええええ、おいおい。だって私ら人目についたらマズいんじゃ・・・」
「そうだけど・・・それはしょうがないじゃん」
「何がしょうがないんだよ・・・」
「よーしじゃあアキバにれっつご~」
「れっつご~」
こなたがてくてくと歩くのにつかさもわーいと着いて行く。
「でも、秋葉原はマズいんじゃないでしょうか」
「そ、そうよ。何でアキバなのよ。一番危険じゃない。普通の書店とかに・・・」
みゆきとかがみが反論した。
「私もそれは思ったけど、でも、私たちが気づいたらいたのがアキバだったじゃん?だから、私たちが3次元に来ちゃった理由が何か分かるかもしれないと思って」
「ん・・・それはそうかもしれないけど」
「ね、だからアキバ行こうよっ」
「(こいつ、絶対自分が行きたいからよね・・・)」
かがみは1人じと目ではあと嘆息しながらもこなたに着いて行くことにした。

 

 

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。