ID:CTWKOUSO氏:らきゲドすた戦記

こなた「くぅ……くぅ……」

ゴチン!

こなた「いっ!」
ななこ「よく眠れたか泉ー?」

クラス「ゲラゲラグボハー!!」

こなた「先生……」
ななこ「なんや?」


こなた「ここから出てけ! 生徒を大切にしない奴は大嫌いだ!!」

ゴチン!!!!

ななこ「“ゲド戦記”は面白かったか?」
こなた「いえ、意味が分かりませんでした……」バタンキュー


――昼休み

放送 「こーころをなににたとえよおーぅ」

こなた「はい、今いかがわしい事考えた人、挙手ー」ノ
かがみ「……は?」
つかさ「何が?」
みゆき「どうしたんですか泉さん」

こなた「え? あれぇ? だから、今の歌詞が……」
つかさ「心を何に例えよう?」
かがみ「それが何でいかがわしいのよ」
みゆき「泉さんには、なんて聞こえたのでしょうか?」

こなた「いや、な、なんでもないょ……///」
つかさ「こなちゃん、顔真っ赤で可愛いね」
こなた「うぁ……やめてよ……///」

かがみ(可愛い)
つかさ(可愛い)
みゆき(可愛い)

――同時刻

ゆたか「はい、今いかがわしいこと考えた人、挙手ー」ノ
みなみ「え?」
ひより「!! こ、小早川さん?」

ゆたか「え? あれ?」
みなみ「ゆたか? いかがわしい事って?」
ゆたか「わわわ、何でもないよー///」

ひより(泉先輩……染めてしまったんスね……でも、小早川さんには悪いけど、そのネタいただきッス!!)


――放課後

こなた「ゲド戦記ごっこしよー」
かがみ「じゃあ私が主人公やるから、あんたはその父親役ね」
こなた「え……あんな一瞬で終わる役やだよ」

つかさ「でも、あの役はこなちゃんしか出来ないよ」
かがみ「こなたお願い」
みゆき「泉さんの人気に嫉妬」

こなた「分かったよ。そこまで言われちゃあね……えへへ///」


 放課後。こなたは職員室に呼ばれ、一人、廊下を歩いていた。
(この間のテストやばかったしな~。何を言われるのやら……)
「ん?」
 ふと、後ろに何かの気配を感じ、振り向く。放課後の学校といえば幽霊の一つや二つ、出てもおかしくないだろう。
「まさかね」
 何も居ないことを確認し、職員室に向かって足を早める。
 そして、職員室の扉の前に着いたときだった。何者かがこなたに向かって前屈みになって走って来たのだ。その手には小形のナイフが確認できた。
「え、ちょま!」
 腹部にグサリとナイフが刺さる。次第にそこは生暖かくなってきた。
「はぁ……はぁ……」
「これ……ごっこ遊びだよ……かがみ……」
 かがみと呼ばれた人間は、こなたの頭に生えている“魔法で鍛えられた”アホ毛をむしり取ると、一目散にその場から逃げ出した。
「かがみ……」
 そして、ここでタイトルに入る。

 ら き 戦 記

 

こなた「こんなの納得いかなーい!!」
かがみ「うわ、生き返った」


こなた「私ハイタカやるから!」
かがみ「好きにしなさいよ」
こなた「みゆきさんはクモね!」
みゆき「クモ………………ですか………………」
かがみ「みゆき、嫌なら嫌って言っていいのよ」

つかさ「こなちゃん、私は~?」
こなた「つかさはオ〇ニーでもやってもらおうか」
つかさ「え、オ〇……ふぇ///」

かがみ「あんたつかさに何やらすつもりよ!」
こなた「ぬわー、素で間違えたー!! 聞かなかったことにしてー><」

こなた「つかさはヒロイン役の女の子ね!」
つかさ「うん……」

こなた「はい、配役も決まったことだし意味不明にスタート!!」

 

「うっ……」
 元気よくスタートの合図を出したこなたが、急に腹を支えた。苦しそうにその場に座り込むが、やがて倒れてしまった。
「え……こなた……?」
「もう始まってるの?」
 何が起こったか理解できない二人。みゆきはそんな二人を差し置いて、一人、こなたの元へ駆け寄る。
「大丈夫ですか? 泉さん!」
「はぁ……はぁ……痛いよぅ……痛いよぅ」
 その様子を見て、かがみとつかさも一大事だと気付き、駆け寄る。
「ちょっとこなた! しっかりしなさいよ!」
「あはは……やっぱりさっきのが効いたみたい……」
「さっきのって……あれはお芝居じゃないの!?」
 こなたのセーラー服は腹部を中心に、段々と赤くなっていくのが見てとれる。
「どうしよう~、救急車~」
「そ、そうですね! 今――え?」
 みゆきは携帯を使おうとしたが、こなたに腕を掴まれ、阻止されてしまう。
「どうして、泉さん!」
 こなたは静かに首を横に振る。
「かがみ、つかさ、みゆきさん……最後だから聞いて……」
「最後だなんて、そんな――」
 みゆきがかがみを制す。
「最後にね……このシーンをやりたかったんだ……」
 そう言って、こなたは僅かな力でスカートのポケットからクシャクシャのメモ用紙を取り出し、かがみに渡す。
「これは台本……」
「そこのB―5から……やってみてグバァガハッ」
 血を吹き出すこなた。もう限界が近いのは、誰の目から見ても明らかな状態だった。

「こなたっ!」
「はぁ……はぁ……」
「お姉ちゃん……やってあげよう? このままじゃ……ぐすっ……こなちゃんが……ひぐっ」
 恐らくこなたは、そのシーンをやり遂げたら力尽きるだろう。何故こんな事になってしまったのか……。ちょっとした冗談のつもりだったのに……。いつもの『お笑い・ネタ・ほのぼの・その他系統』に当て嵌まるSSだと思って刺したのに……。と、かがみは悔やむ。
 しかし、今更悔やんでいても仕方がないことは事実。どうあがいてもこなたを元に戻すなんて不可能だ。ならば最後くらい、最後の願いくらい叶えてあげるのが友じゃないか。
「かがみさん……」
「うん……」
 みゆきに質され、意を決する。
「じゃあ……やるわよ!」
「うん……かがみ……」
 そして、最初で最後の、こなたによるゲド戦記が始まった。

「彼女達は罪人ですか?」
「いや、あれはかがみの肉奴隷だよ」
(ちょ、そんなこと台本に書いてないだろ!!)
 こなたは満足そうに笑うと、笑顔のまま息を引き取った……。
「こなたあぁぁぁぁぁっ!!」
「うぅ……こなちゃん……うわぁぁぁぁぁっ」
「泉さん……いずみゃあぁぁぁぁん!!」

 

 ――数週間後。

「私ね、友達を殺しちゃったの……」
「えっ……」
「だから私はこんなところに居ちゃいけないの」
「……」
「私、故郷に帰るわ。罪を償ってくる」
「また、会えるわよね?」
「えぇ、きっと……」
「きっと、じゃないわ! 絶対よ! でなきゃ死刑なんだから」
「ふふ、ハルヒらしいわね」


意味不明に終。


おまけ

こなタカ「帽子を一つ、この子にあげたいんだけど」
かがみん「必要ないわよ」
こなタカ「いつまでもそのアホ毛を出してるわけにもいかんでしょ」


 

 

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。