ID:mvK.p6oo氏:私と彼女

 その日の放課後。こなたとみゆきは、二人で教室に残っていた。
 もちろん、理由はそれぞれに違う。こなたは居残り、みゆきは委員長の仕事で。
 不意に、こなたは言う。
「ねぇねぇ、みゆきさん」
「なんでしょう? 泉さん」
「むぅ」
 呼ばれたから返事をしたというのに、こなたはむくれた顔をした。
 おかしな所があっただろうか? と、一瞬思案するが、特にない。
「何か?」
「いや、みゆきさんってさ、私のこと名前で呼ばないよね? 今更だけど」
「そう……ですね、はい」
「なんで?」
「はい?」
「どうして名前で呼ばないの?」
 正直、こなたが何が言いたいのか、みゆきには分からなかった。
 なにせ、自分が苗字で呼ぶのは、一部を除きほとんど全ての人に対してだ。性格と言ってもいい。
 思い当たる事がないと言えば嘘になるけれど。
「どうしてと言われましても、そういう性格ですし」
「かがみたちは名前だよね?」
 やはり。確かに、彼女たちを名前で呼んでいる。しかし、それにはれっきとした理由がある。
「それは、お二人とも苗字が“柊”ですから。他意はありませんよ」
「まぁ、そうだよね」
 心の中でつぶやく。
 答えが分かっているなら、それを聞く必要はなかったのでは? と。
 もっとも、こなたがその答えを既に持っていることを、みゆきは知っていたのだが。
 単純に考えてもそうだし、なにより、この質問をされるのは初めてではなかった。
 その時は、みゆき自身の口からそれを聞くことで納得したのか、ここで話は終わった。しかし、今回はそうではなかった。
「でも、んー、なんていうか距離を感じるよ」
「距離、ですか?」
「そりゃ、かがみとつかさを名前で呼び始めた理由は、そうかもしれないけど。私たち付き合い始めて結構経つのにさ」
 そう。みゆきがこなたたちと付き合うようになって、既に二年以上経つ。
 その間、時間を共にしておきながら未だに苗字で、というのは少し違和感があるかもしれない。
 が、それを言い出すなら――。
「では、泉さんはどうして私をさん付けで呼ぶんですか?」
「え? えーと……んー特に意味は」
「そうですか? でも、泉さんは私がそう言ったら納得しませんでしたよね」
 珍しく。みゆきは反論した。いや、反論自体は珍しくないのだが、その主張の仕方が普段と違う。
「む。……強いて言うなら雰囲気かな」
「雰囲気?」
「うん。こうオーラというかなんと言うか」
「近寄りがたいですか?」
「は? なんでそんな」
「委員長でお金持ちだから?」
「ちょっと待ってってば!」
「……すみません」
 みゆき自身、子供じみたことを言ったと思った。
 質問を質問で返し、あまつさえ、貴女が私の答えに納得しないなら私もしない。
 などと言ったのだ。いつもなら相手の言い分をしっかりと理解し、間違っているところを正し、当たり障りない様に伝える。
 それが常だったし、もっとも賢く、どちらのためにもなるやり方だ。
 だが、今のみゆきにはそれが出来なかった。
 その理由――半分は図星だったからだろう。
 親友という存在に憧れながら、その一線を越えることをためらっている。
 柊姉妹にしても、苗字が同じだから、ともっともらしい理由を付け、それを越えないようにしている。
 そして残りの半分は、そう思いつつも、親友でありたい、彼女たちは自分の親友だと。
 そんな願いにも似た想いを、疑われたことが悔しくて、悲しかったのかもしれない。
「……」
「……」
 数秒か、数分か。辺りを包んだ静寂を破ったのは、こなただった。
「まぁ、でも安心したかな」
「え?」
「今みたいなみゆきさん初めて見たし、なんていうか――本気だと思った」
「えと……私そんなに?」
「うん。みゆきさんのレアな表情も見れて得した気分♪」
「か、からかわないで下さい、泉さん……」
 頬を赤らめるみゆきに、こなたは二度の質問をしたワケを話した。
「時々ね、不安になるんだ」
「不安?」
「うん。みゆきさんが、かがみたちを名前を呼ぶ理由は分かってる。でも、自分だけ名前で呼んでもらえないのが、たまらなく不安だった」
「泉さん……」
 みゆきにはこなたの気持ちがよく分かる。痛いほどに。
 自分は彼女の親友でいられるのか。そう思っているのは自分だけで、彼女はそう思っていないんじゃないか?
 こなたはそれに直面し、みゆきはそれと向き合うことを恐れた。似たもの同士、なのかも知れない。
「でも……もう大丈夫。みゆきさんの気持ちは分かったし、それに……」
「それに?」
「みゆきさんがどう思おうと、みゆきさんは私の親友だもんね!」
「……それは、こちらの台詞です。あなたがどう思おうと、あなたは私の親友です。こなたさん」
「!」
 そういって向けられた、最高の笑顔に、こなたも同じく、最高の笑顔で返す。
 既に下校時刻。居残りも委員長の仕事もここまで。
「じゃあ、また明日。みゆき!」
「ええ、また明日!」


「おはよう、みゆき」
「ゆきちゃんおはよう~」
「おはようございます、かがみさん、つかささん」
「ちょっと、二人とも置いてくなんてひどいよぉ」
「あ、おはようございます――」
「おっはよ~ぅ――」
「泉さん」「みゆきさん」
「「ぁ――」」
 重なる名前は、いつもの日常である証。ただ違うのは、お互いの心のつながり。
「ぷ、ぷぁはははははははは」
「くす、ふふふふふふふふふ」
「私たちにはこっちの方が性にあってるのかもね。くくく」
「そうですね。ふふふ」
 笑いあう二人。それを眺め、困惑しているかがみとつかさ。
 その笑い声は、教室の喧騒の中へと、溶けていった――。

「なんで? なんでよ? あのポジションは普通私でしょ! なんでみゆきなのよ!」
「まぁまぁ、お姉ちゃん」
「ちょっと作者! 放課後、体育館裏に来なさいよ!」
「どんだけ~」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。