ID:2gkwckSO氏:期間限定ですのでお早めに

「にゃ~……」
 青い空、見渡す限りの海、そして今ここで幸せそうな顔で寝息を起てている青い髪の少女。
「もう食べれないよ~」
 お決まりの台詞なんて言わなくて良いから、早く起きてくれ。物語りが進まないじゃないか! そして早くこのモノローグを替わってほしいものだ。
「ほぇ?」
 お、ようやく起きたな。それでは私は退散しよう。後は頼んだぞ主人公!


「んぁ~……ここは?」
 私の目の前には広大な海が広がっていた。そして私が寝ていたところは砂浜……、なんだ、夢か。
 夢ってさ、これが夢って分かるときあるじゃん? 今の私はまさにそれを体験してるわけ。どーせならアニメキャラでも出てきてほしいなー。
「しかも無人島ですか」
 後ろにはジャングル。ありきたりな設定だなと思いつつも、夢で無人島って珍しいんじゃないかとか思ってしまう今日この頃。皆さん、こんにちは、こなたです。それにしても暑いですねー。
「ん? 暑い?」
 これって夢だよね? そっか、きっと暑苦しくてこんな夢見ちゃってるのか。納得納得。
「それにしても……」
 何で私、水着? しかもスク水と来たよ。まぁ、それしか持ってないんだけどもね。
 そしてこの頃になって、ようやく頭が覚醒してきた。リアルな波の音、砂浜の感触……身体を自由に動かせるこの事から……。
「夢じゃない……」
 試しに足を海に浸ってみる。うん、冷たい。冷たいと感じる事が出来るイコール……。
「夢じゃない……」
 私はそのまま固まった。
「え、ちょま……なにこれありえない! 暑っ!」
 今更になって足が熱くなった、砂浜特有の熱さだね……あちち! とりあえず、近くの木陰に退避!
「ふぅ……」
 これからどうしよう……。

目が覚めたら別世界なんてよくあるシチュだけど……こういう時は何すれば良いんだろ? ゲームとかなら何かイベントが起きるんだろうけど、リアルだしね……。望みは薄い……。
 とりあえず所持品の確認でも……。
「所持品、スク水。終わり」
 orz。なんでよりによってスク水なのさ! 作者の趣味だね。変態だね! 作者って誰だ、混乱してきた。
「ん?」
 左胸に何か違和感……何だろう? 誰も居ないし脱いでみた。そこ、変な妄想禁止だよ。
 さぁ、何があるのかな?
「五千円札……」
 これで一体どうしろと? 神は私を見捨てたのかー!
「あぁ~……」
 ぐぅ~、とお腹の虫が鳴る。こんな時でもお腹空くんだね……。
「ジャングルだし、果物くらいはあるよね?」
 私は五千円札をポッケ……は無いので、元の位置にしまい、僅かな希望を持ってジャングルの中に入っていった。


「んしょ、たぁっ!」
 さっきからジャンプしてるけどダメだ……、果物はあっても届かなきゃ意味がない。木に登るという手もあるけど、こんな格好じゃ肌に傷がついちゃうし……何でスク水なのかなー……。
 どうすれば良いんだろ……。


「そうだ、ローソン行こう!」
 ジャングルの奥に進むと、案の定ローソンがあった。
「いらっしゃいませー!」
 そうか、五千円札はこの為にあったのか!!


「お握りおいしー♪ からあげくん美味ーい♪♪」
 お腹が空いたらローソン行こう!

みさお「からあげクン、ミートボール味だってヴぁよ!」


こなた「はっ、ドリームか!!」ガバッ
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。