※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

GB版魔界塔士を改めて解析する。

「ちぇぇぇぇぇえええええん」「そーなのか」

チェーンソー、またはバラバラにする攻撃を命中させるには以下2つの条件を両方満たす必要がある。
  • 相手のぼうぎょより自分のちからが低い
  • ×相手のすばやさより自分のすばやさが低い ←これ関係ない。すばやさ99でも雑魚は切れる。
「高い」ではなく「低い」なので間違えないように。つまり自分が弱いほど切りやすい。
低すぎると攻撃が外れるのでほどほどに。

ダメージの基本計算式

  • {INT(依存値/4)×倍率×乱数}+依存値
が基本的なダメージ計算式になっている。(INT=小数点以下切り捨て)
なお乱数範囲は1~1.5
物理攻撃の場合は、ここから「相手の防御力」を差し引く。
魔法攻撃は防御力に影響されない。
※乱数は攻撃種類毎に複数あり、各々独立に扱われる。
※これは簡易計算式なので INT(依存値/4)×倍率 が256を超える場合は使えません

魔法の無効化

魔法などを撃つと「こうかが なかった」または「なにも おこらなかった」というメッセージが出ることがある。
魔界塔士では、魔法のダメージが相手の魔力より低かった場合、魔法の効果が無効化されて効果を発揮しない。そのときに出るメッセージである。
ただし、相手が×属性を持っている魔法で攻撃した場合、この無効化は起こらない。

魔法ダメージ補足

本来、魔法は相手の防御力に影響されないが、
「相手の弱点属性」の「全体魔法」で攻撃した場合、相手の魔力の数値分だけダメージが減少する。

回復魔法

  • {INT(魔力/4)×倍率×乱数}+自分の魔力+対象者の魔力
という計算式で成り立っている。(INT=小数点以下切り捨て)
かけられる側の魔力も大きく影響する。

多段攻撃

  • [INT(力/4)×倍率+INT{INT(力/4)×倍率/2}-防御力+相手の速さ]×HIT数
という計算式で成り立っている。(INT=小数点以下切り捨て)
式の最後が「相手の速さ」である事に注意。速さの高い相手ほど大ダメージが期待できる。
ただし、特定の種族に対しては「相手の速さ×1/2」で計算される。
なお乱数には影響されない。

吸収攻撃

技によって、下記のどちらかの計算式を用いる。
  • {魔力+INT(魔力/4)×倍率×乱数}
  • {魔力+INT(魔力/4)×倍率×乱数}+相手の魔力
(INT=小数点以下切り捨て)

霊体・アンデッドに効かないタイプは前段の式を用いる。
物理攻撃のように回避される事があるが、反撃も反射もされない。魔力依存だが、物理攻撃系の乱数を用いる。

霊体・アンデッドにも有効なタイプは後段の式を用いる。
こちらは回避されないが、物理攻撃と見なされ反撃される。乱数は魔法攻撃系と同じ。
式の最後が「相手の魔力」である事に注意。魔力の高い相手ほど大量に吸収出来る。

能力低下攻撃

減少量は、相手の能力×1/8
自分の能力には依存せず、相手の能力と「技の固有命中率」のみが成功率に影響する。
相手が強いほど成功率は低い。

盾の特徴

種類に関係なく物理攻撃半減&回避の効果がある。
「使用した」というメッセージが出ていなくても、効果は選択したターンの最初から現れている。
防御対象が「力依存の近接武器」の場合、回避率は一律65として計算される。

反撃技の特徴

稀に、倒された瞬間に反撃する事がある。(敵・味方ともに発生する模様)
敵を全滅させた時、反撃で味方も全滅した場合はゲームオーバー。

5階のなぞなぞ出題法則

離れ小島の町の中で、最後に話しかけた相手(店以外)に依存する。
東方塔士の場合:
  • 霊夢かルーミア…「ひくすぎるとさむくて~」
  • フランかチルノ…「このなつのせかいに~」
  • 早苗…「ヨコからつづけてみえる~」


未解明計算式の謎に挑む

+ ゆかりんのファンタズムさんすう教室