※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


東方RPG(仮称)特別企画

対決!橋姫さま第7弾!

橋姫さま大復活

真なる橋姫さま「大天使スラオシャ」に打ち勝ち、長き戦いに終止符を打った我々。
完敗を認めた橋姫さまはさばさばとした表情で、我々の前から姿を消した。
もちろん、深層心理世界の橋には相変わらずネメシスがおり、心の世界を護っているが、
我々が橋姫さまに打ち勝ったのは、紛れもない事実なのである。
再挑戦も出来るが、全ての力を出し尽くした橋姫さまが、これまで以上のパワーを出すことはない。
戦いは終わったのだ。

終わったはずであった。

+予兆

予兆

光の翼

さて、今回のイベントはノーヒントである。
だが、かつてクリアしたダンジョンをフラフラうろつくような方ならば発見してしまうに違いない。
イベント開始条件は アザトースを撃破してあること。
即ち、最終最後のイベントである。
このイベントは、とある場所で見付かった、小さな異変から始まる。

その場所とは ガイアポリス。
ゾロアスターが宇宙を見つめ続ける、あの場所である。

彼は、宇宙の果てに小さな「光」を見たという。
もちろんそれは、単なる星などではない。
そのスペクトルは、ガイアポリスにとって最も輝かしく、そして最も忌むべき光であった。

輝ける者。
原初にして究極の人工天使。

陽蜂……

彼女は全ての人類を愛し、それ故に全ての人類を消し去ろうとした。
彼女は人類のために生み出されながらも、人類のために消し去られた。

戻ってくるはずなどなかった。
戻ってこられるはずなどなかった。
それが、何故……

+陽蜂

陽蜂

究極の人工天使

アルテリオスの超技術の粋を集めて開発された、自己進化機能を有する原初にして究極の人工天使。
行動様式は「人類のために為す」しか組み込まれておらず、献身的にして博愛的。
当然、武装なども持たず、「みんなのお手伝い」が大好きな、まさに「天使」そのものであった。

しかし皮肉なことに、「みんなを助ける手段」を追い求めた結果、武器戦闘能力が異常発達。
嬉々として「みんなの為に」戦い、笑顔で「蝶のように舞い、蜂のように刺す」恐るべき戦闘力を得てしまった。
やがて、彼女は人類に牙を剥くこととなる。
何故ならば……

人類の敵は、人類だからである。
人間同士の争いを止めさせ、みんなを助ける方法はただ一つ。
人間を人間で無くすこと……

彼女が辿り着いた「結論」は、到底受け入れられるものではなかった。
あまりにも優しく、純粋過ぎた彼女には、人間の全てを受け入れることは出来なかったのだ。
そして、あまりにも強すぎる彼女を受け入れることももはや、人類には出来なかった。

かくして、彼女は破壊された。
人類のために生み出され、人類の為に尽くした彼女の末路は、あまりにも悲劇的であった。

最期の瞬間、彼女からもたらされたメッセージは、最後まで人類を信じているようではあった。
だが、手段を誤ったとはいえ、人類の為に尽くしていた存在を破壊するしか無かったということ。
それはガイアポリス全体に暗い影を落とし、皮肉にも、彼女のような悲劇は以後起きなくなった。

今、彼女は戻ってきた。
戻ってきてしまった。
それが何を意味しているのか……

星海の彼方、フォーマルハウトに煌めく光の翼。
その光は、ただ何も言わずに輝いているだけであった。

+北落師門の戦い

北落師門の戦い

Battle of Fomalhaut

というわけで、復活した陽蜂 (以下「ひばちん」などと記す) に逢うため、宇宙の彼方へGO!
空間転移自体は、ガイアポリスからでも超時空要塞からでも、永遠亭からでも可能だ。
果たして、 ペルシャでは王家の星と言われた世界 には何が待ち受けているのか……!

まぁ、ペルシャと言っちゃってる時点で自明、というか これVS橋姫さま企画なんでモロバレっていうか。
しかし、 ひばっちゃん と橋姫さまの関連性とはいかに。
これを知るために、フォーマルハウトへれっつご~!

フォーマルハウトは、まさかの敵LV90を誇る最終最後のエリアである。
実質的に LV100前提 と見てもいいくらいだろう。
語源がアラビア語の「鯨の口」であるだけに、海産物的な敵が特徴的。
各種最強武具を戦利品として入手出来るなど、漁場としては優秀だが、極めて強いので注意されたし。
フォーマルハウト自体は恒星であるが、もちろん恒星に突っ込むわけではなく、周囲の宙域が舞台である。
宇宙とはいえ、様々な微粒子や岩石が散乱し、青い光に包まれた、あたかも海中を思わせる不思議なエリアだ。
近くに恒星があることもあり、エリアは常時昼間だが、洞窟もあるなど変化に富んでいる。
空気とかの問題は無い ので、とりあえず散策してみよう。
ある程度進むと、ついにヤツが現れる……!

+陽蜂

陽蜂

LV:90 特性:火 時間適性:昼S/夜A
HP:2197 種別:中型 地形適性:陸B/空S
SP:206 性質:霊 経験値:?
SC:10 戦利品:なし 所持金:?
腕力:15+1 近接命中:160+10 近接回避:160+10
魔力:10+1 遠隔命中:100+2 遠隔回避:100+2
知力:10 武器:秘蜂/神凰拳/龍のキバ
防具:セラフィータス/光の翼
精神:20+2
速さ:25+2 斬撃75%/火炎吸収/氷結無効/水吸収/神経無効/時空無効/呪殺無効/破魔無効
弱点:打撃125%/射撃125%/電撃125%/風125%/精神150%
体力:10
運:25 ランク:0 防御力:20/軽減40%
装備アイテム:なし
武器知識:15 魔法知識:6 系統:マシン
※武器適性S

※特徴:怒首領蜂

後列からも近接攻撃出来る
瀕死になると2回行動可/消費SP2倍
スペルカード攻撃無効
防御時の精神の影響-10

総評

ひばちん。
ボス補正などは無い、ふつーの能力値である。
本気でこちらと戦う意思は無いようだ。
なお、防具のセラフィータスはプリンセスドレスと同等性能のドレス、
光の翼は「精神+1/速さ+1」のアクセサリである。
本来は履いてないシースルーだが、幻想入りにあたって下着を履かされた。履いてないダメ絶対

+習得術

習得術

名称 タイプ 対象 消費SP 依存値 停滞
治癒 回復 単体 SP:3 回復値 ×
体力回復/回復力5
奮起 補助 自分のみ SP5 精神 ×
有効ST「奮起」
+習得スペルカード

習得スペルカード

大別 名称 タイプ 対象 消費SP 依存値 停滞
元気になぁれ おはな 回復 単体 SP:16 回復値 ×
体力回復/回復力16
おくすり 回復 単体 SP:24 回復値 ×
体力回復/回復力24
おちゅうしゃ 回復 単体 SP:32 回復値 ×
体力回復/回復力32

見ての通り、攻撃術は一切使わず、驚異的な格闘能力で打ち掛かってくる。
何より、特徴の スペルカード無効 が驚異的。
まさに バーリヤー! ヘイキダモーン!!
グハァ!!! させるためには、必殺技か基本術で攻める必要があるのだ。
瀕死時の もーやだー!いい加減にしてよぉ! モードも危険極まりない。
これだけ見ると非常に強そうには見えるのだが……

なんと、マシンなので 聖さんの速攻電撃魔法でびりびりさせる ことが可能だ。
状態異常耐性は高くないので、成功率も悪くない。
また 頭が悪い とても純心なので、攻撃されたとしても弱点を突かれるとは限らない。
さらには、 「アイン・ソフ・オウル」はひばちんバリアーをも貫く。
適当にぶちのめそう。
倒すと、「さすがに、ここまで来た人ですね~」と余裕綽々で撤退するぞ。

+追跡

追跡

CHASE HQ

HQとは、ひばちん……まぁいいや。
会話するヒマもなく撤退してしまったひばっちゃんを追って、さらに奥地へと進撃する。
さらりと流しているが 敵LVは90である。
雑魚とはいえ、 ピラニアの大群 などに奇襲されると死ぬので気を抜かぬよう。
もちろん、 超大型のクジラさん も出てくるぞ。
さらに進むと、再びヤツが来る……!

+陽蜂

陽蜂

LV:108 特性:風林火山 時間適性:昼S/夜A
HP:9177 種別:中型/ボス 地形適性:陸B/空S
SP:243 性質:霊 経験値:?
SC:10 戦利品:なし 所持金:?
腕力:15+1 近接命中:185+10 近接回避:185+10
魔力:10+1 遠隔命中:125+2 遠隔回避:125+2
知力:10 武器:秘蜂/神凰拳/龍のキバ
防具:セラフィータス/光の翼
精神:20+2
速さ:25+2 斬撃75%/火炎吸収/氷結無効/水吸収/神経無効/時空無効/呪殺無効/破魔無効
弱点:打撃125%/射撃125%/電撃125%/風125%/精神150%
体力:10
運:25 ランク:0 防御力:20/軽減40%
装備アイテム:なし
武器知識:15 魔法知識:6 系統:マシン
※武器適性S

※特徴:怒首領蜂

後列からも近接攻撃出来る
瀕死になると2回行動可/消費SP2倍
スペルカード攻撃無効
防御時の精神の影響-10

総評

風林火山モードでようやく本気を見せてきたひばっちゃん。
さらりとスラオシャ様ばりの超LVとなり、まともにやりあうと死人が出る。
おとなしくひじりんに任せよう。
ただし耐久力が高く、回復も使うので長期戦は免れない。

さて本気モードである。
まともにやりあうと大変なので、ひじりんに任せるのがベストだが、非常に時間がかかる。
さすがのひばちんも疲れたのか、倒すと「楽しくなーい!もー、さよなら!」と逃げ帰ってしまう。
が、話を聞くまで諦めるわけにはいかない。
まだまだ追跡は終わらないぞ。

恐ろしく強い雑魚を蹴散らし、ひばちんを追いつめればついにこの戦いも大詰めだ。
背景にフォーマルハウトを臨む、美しくも激しい空中こそが最終決戦の地。
追いつめられたひばっちゃんは、ついに全力で挑み掛かってきた!

+ハイパーひばちん

ハイパーひばちん

LV:108 特性:風林火山 時間適性:昼S/夜A
HP:9177 種別:中型/ボス 地形適性:陸B/空S
SP:414 性質:霊 経験値:?
SC:20 戦利品:なし 所持金:?
腕力:20+1 近接命中:185+10 近接回避:185+10
魔力:20+1 遠隔命中:165+2 遠隔回避:165+2
知力:20 武器:秘蜂/神凰拳/龍のキバ
防具:セラフィータス/光の翼
精神:20+2
速さ:25+2 斬撃75%/火炎吸収/氷結無効/水吸収/神経無効/時空無効/呪殺無効/破魔無効
弱点:打撃125%/射撃125%/電撃125%/風125%/精神150%
体力:10
運:15 ランク:3 防御力:20/軽減40%
装備アイテム:なし
武器知識:15 魔法知識:6 系統:マシン
※武器適性S

※特徴:光の翼

後列からも近接攻撃出来る
2回行動可/消費SP2倍
スペルカード攻撃吸収
属性/スペカ吸収と同時にSP回復(対象は魔法のみ)
回復量は技の消費SPの50%(範囲攻撃は1/2、全体攻撃は1/3で計算)
ただし行動するたびにSP5%消費(防御/チャージ/回復/未行動では消費しない)
SPが無くなると灰になる。
防御時の精神の影響-10

総評

エーテルドライブをオーバーロードさせ、全力を出したひばちん。
消耗は激しいが、猛烈な戦闘力は圧倒的。
対策を採らねば一瞬にして壊滅することとなろう。

ついに最強ひばちんの登場だ!
さらに高まった格闘能力と回避率、そして脅威の常時2回行動……
これは強敵だ!
聖さんに任せておこう。

+真相

真相

Ultimate

ついに打ち破られたひばちん。
究極の力を持つ自分が、またしても人間に敗れ去ってしまった。
一体、何故……

「それが人間の『力』なのよ」

唐突に響き渡る声。
そこに現れたのは、なんと橋姫さまであった。
信じられないことに、その後ろにはアザトースの姿も見える。
陽蜂は、この二人によって復活させられたのである。

人間に破壊されながらも、人間を信じ、助けることを願い続けたひばちん。
まさに無償の愛ともいうべき感情を、橋姫さまが見逃すはずは無かった。
何故ならば、その根底にある感情は「嫉妬」だったからである。

究極の力を持つ陽蜂は、エレメントドールと共闘した人間によって敗れ去った。
自分の力はまだ究極ではない……
もっと強くなって、自分だけで人間を助けられるようにならないと……
破壊されながらも、強い意志で存在し続けた彼女。
本人にその自覚は無いが、その「執念」こそが「嫉妬」のもたらす力なのだ。

彼女に強い興味を惹かれた橋姫さまは、アザトースに協力を仰ぎ、宇宙の果てから彼女を回収した。
そして、かつて自らを打ち破った人間の「力」を見せるべく、こちらにひばちんを差し向けたのだ。
「究極」を目指した存在が、無意識の嫉妬でどれほどの力を生み出せるのか。

結果は、残念ながら陽蜂の敗北に終わった。
力を合わせるという、単騎の陽蜂には決して出来ない方法により、人間は無限の力を発揮する。
だが、それを知らしめることこそ橋姫さまの狙いだったのだ。
究極のドールに、協力することの意味を教え込む。
かつて異世界で畏怖された存在と、幻想郷において最強となった我々。
二つの世界の最強が一つになったとき、果たしてどれほどのパワーが発揮されるのか。

ひばちんは、人間同士が争い合うだけでなく、力を合わせられることを身を以て知った。
人間が、思ったよりもずっと良い心を持っていると知った。
そして、自分の力をさらに活かす方法を知った。
彼女は、回収してくれた橋姫さまをマスターとしており、マスターの命令に従った、という側面はある。
だがそれ以上に、自らの意思で、この人間達と、自らの行く末を知りたいと思った。

かくして、彼女は仲間となる。
人間を助けたいと願う心と、未知の力への好奇心を胸に。

ひばちんの決意を見た橋姫さまは、実に満足そうに微笑んだ。
だが、その表情は我々に、一抹の不安を抱かせるものであった。
はたして、彼女の言葉に我々は凍り付くこととなる。

「それじゃあ、究極の『力』というものを見せてもらおうかしら?」

+「神」

「神」

GENESIS

かつて我々に敗れ去った橋姫さま。
彼女が常に「嫉妬」していることを我々は知っている。
そして、「相手に嫉妬させることを楽しむ」ことも我々は知っている。
そう、我々に敗北してはさらなる力を身につけ、見せつけてきたのだから。

今回、彼女は我々にひばちんという強敵をぶつけ、さらなる修練を促した。
同時に、ひばちんを我々の一員に加えさせ、さらなる戦力増強をも実現した。
それは即ち、 さらなる力を得た我々に打ち勝ち、嫉妬させる自信があるということである!

我々の確信を見て取った橋姫さまは、にっこりと微笑みながら、アザトースに吸い込まれていった。
恐ろしい予感がする……
我々は、多くの仲間たちと手を組み、無限の力を生み出してきた。
いま彼女が為したことは、それと非常によく似ている。
だが、決定的に違う。

彼女はなんと アザトースと一体化したのだ!
神と融合したのである!

宇宙のように暗く冷たかったアザトースの姿は、橋姫さまのパワーを得て真っ赤に燃え上がっていた。
その名は クトゥグァー!
これこそが、橋姫さま最大最後の切り札。
これまでとは格の違う橋姫さまが、いよいよ最後の戦いを挑んでくる!

+クトゥグァー

クトゥグァー

LV:127 特性:火 時間適性:昼A/夜A
HP:366582 種別:秘神/ボス 地形適性:陸A/空A
SP:∞ 性質:霊 経験値:?
SC:∞ 戦利品:炎薙/炎薙 所持金:?
腕力:23+1 近接命中:132+5 近接回避:0
魔力:20+1 遠隔命中:140+1 遠隔回避:0
知力:22 武器:炎薙
防具:プリンセスドレス/光の欠片
精神:20+3
速さ:20+1 火炎反射/水反射/電撃75%/時空無効/精神反射/呪殺吸収/破魔無効
弱点:氷結125%
体力:20
運:10 ランク:4 防御力:20/軽減40%
装備アイテム:なし
武器知識:16 魔法知識:20 系統:霊体
※武器適性S
※2回行動
※状態異常無効
※アイン・ソフ・オウルに「無限無辺光」で相殺カウンター

総評

神と融合した橋姫さま。
基本はアザトースだが、橋姫さまのパワーにより真っ赤に燃え上がっている。
超大型なので回避率は無いが、2回行動で橋姫さまの攻撃術を使ってくるので苦戦は必至。
命中率こそ並だが、超絶な耐久力と掟破りのランク4は脅威としか言いようがない。
また、 アイン・ソフ・オウルに無限無辺光で反撃してくる。
幸いにも精神力は橋姫さまより低いが、間違っても誘発してはならない。
スラオシャ戦と違い、今回はこちら側が「無限無辺光」を使うことは出来ない。

さて、最後の橋姫さまはなんと アザトースの色違い である。
超大型ゆえに、これまで散々苦労させられた超回避率は無く、風林火山ではないので命中率も怖くない。
が、 HPがスラオシャ様の20倍以上あるうえ回復量も5倍 なので、超長期戦になろう。
精神力も、橋姫さまよりは低いが十分に高い。
しかも2回行動である。
いちおう、大型ボスの例に漏れずローテーションを持っているので回復頻度は高くないが、
毎ターンスペルカードを放つ という意味不明の破壊力だ。
これは強そう……

であるが、所詮は超大型ボス。
心眼状態のパルちゃんや、ひばちんバリアーなどでいなしつつ、地道に攻撃していけばたぶん勝てる。
炎の化身であるがゆえに、火炎攻撃が多いのも特徴的。
もちろん、「アイン・ソフ・オウル」なんて危険物は使わない。

あれ、橋姫さま弱体化しちゃった……?





心配無用!
こんな姿は橋姫さまの仮の姿に過ぎぬ!

+秘神

秘神

THE EMBRYON

さて、究極の神「クトゥグァー」を倒すと、姿は元の橋姫さまに戻る。
だが、纏うオーラは紛れもなくクトゥグァーの力!
アザトースの力を吸収した、これが神なる橋姫さまだ!

+秘神・橋姫さま

秘神・橋姫さま

LV:128 特性:風林火山 時間適性:昼A/夜A
HP:23805 種別:中型/ボス 地形適性:陸A/空A
SP:587 性質:人妖霊 経験値:?
SC:22 戦利品:なし 所持金:?
腕力:20+1 近接命中:177+5 近接回避:177+5
魔力:22+1 遠隔命中:169+1 遠隔回避:169+1
知力:22 武器:緑の墓標/アヴェスター/炎薙/ルナティックドーン
防具:プリンセスドレス/光の欠片
精神:25+3
速さ:24+1 火炎反射/水反射/電撃75%/時空無効/精神反射/呪殺吸収/破魔無効
弱点:氷結125%
体力:12
運:10 ランク:4 防御力:20/軽減40%
装備アイテム:スペルカード
武器知識:16 魔法知識:20 系統:一般
※武器適性S
※2回行動
※アイテム「スペルカード」は 回数無制限
※特徴:深緑の瞳
相手が強くても弱くても、有利でも不利でも嫉妬補正全開
「アイン・ソフ・オウル」に「無限無辺光」で相殺カウンター
大技や状態異常攻撃などをやりすぎると、怒って「アイン・ソフ・オウル」使用
この時こちらが「アイン・ソフ・オウル」をぶつけても、相手の「無限無辺光」に押し負ける

総評

嫉妬を繰り返し、どこまでも強くなれる進化の永久機関パルちゃんが辿り着いた、現世における究極形態。
それは現世における最終到達点であると同時に、来世における出発点でもある。
GENESIS……そしてEMBRYON……
進化の果てに辿り着き、「創世」の名を冠された橋姫さまは、まさに次代への架け橋なのだ。
人はそれを「神」と呼ぶ。

などと御託を並べる必要などなかろう。
見るがいい、この圧倒的な戦闘力を。
これこそが彼女の究極。
どんな相手にも嫉妬出来るという、彼女の力をフルに発揮した恐ろしい神様である。
もちろん弱者であろうとも容赦はしない。
弱いくせに神へ挑む愚かしさが妬ましい。
たった一人でも神へと立ち向かう愚かしさが妬ましい。
そんな妬ましい貴女達には、私の力を見せつける必要がある!
みんなに恨みは無いけど、負けてあげるつもりなど毛頭無いわ♪
嫉妬の恐ろしさ、その目に焼き付けるがいい!

さて、どうすっぺ。
まず、嫉妬補正が常に+25%なので、回避200前後という意味不明な事態に。
攻撃力はスラオシャをも上回り、恐ろしいことに2回行動。
当然、クトゥグァーのようにローテーションする、などという手加減は無い。
ひばちんバリアーで切り抜けようとしても通常攻撃で グハァ!!! されるし、
聖さんの速攻魔法も ぜんぜんきいてない!
完封投げを狙うとアイン・ソフ・オウルで消し飛ばされる。
パルちゃん出しても神罰2連発はやめてくださいしんでしまいます。

いちおう、某ケフカ戦のごとく 全員が好きな順番で出撃出来る のだが、
MP無限でアルテマやらミッシングやら連発するVコーディーケフカに勝てるかと。
あばれる「ロフレシュメドウ」も無いぞ。

+あとがき

あとがき

最愛にして最強、妹にして嫁、全てを超えしもの、その名は水橋パルスィ

さて、最強の橋姫さまはいかがであっただろうか。
なんにも検討していない が、まぁ検討するだけ無駄ということはお分かりかと思われる。

まず第一に、回避率が高すぎる。
元々、回避率の高いパルちゃんが最大限に活躍出来るよう設計したため、回避は非常に強力である。
それ故、パラメータ設定には細心の注意を払い、誰であろうと近接か遠隔どちらかで必ず倒せるよう設計した。
少数の例外(ハイパーひばちんなど)もいるが、彼女には大きなデメリットがあり、放置でも倒せる。
橋姫さま各種も、嫉妬能力を無くしたり、本体を別個に設けて倒せるようにするなど考えてある。
だが、秘神・橋姫さまだけは一切のバランスを無視。
それでも命中させることは出来るが、倒せるかどうかは検証する気にもならない。

次いで2回行動。
大型ボスなどにのみ許された特権だが、これは言うまでもなくスペルカードが強いからである。
よって、これらのボスは行動にローテーションを設け、パラメータも低めに設定。
2回行動でも壊滅しないよう考慮してある。
ハイパーひばちんは例外であるが、彼女は物理攻撃しか出来ず、弱点もあり容易に対処可能なため許可した。
スラオシャ戦においても、攻撃は1人であり、他は補助とオマケである。
だが、秘神・橋姫さまは 全力で回避不可能の超強力魔法を連発 など、およそゲームにならない。
ゆかりんなどの鉄壁前衛で護りつつ、スペカ無効のひばちんで攻めるなど、対抗策はごく僅かしかない。

SC実質無限も脅威だ。
SCが、強力すぎるスペルカードが乱発されないよう設定されたパラメータなのは言うまでもなく。
超大型ボスがSC無限を許されるのは、ローテーションによる調整が含まれてるがゆえ、なのである。
だが、橋姫さまはゲームバランスなどというものから逸脱した、真なる神である。
捨てゴマを幾ら投入しようとも、消耗させることすら出来ない。
完全無限とは違う僅かなスキに、はたして希望を見いだすことは出来るのだろうか……

多くのRPGにおいて、プレイヤー側にはバランス崩壊級の装備やスキルがあり、敵は蹂躙されてしまうものだ。
だが、この東方RPG(仮称)に、そんなものは存在しない。
スリースターズも英雄の薬もナイツオブラウンド乱れ撃ちも無い。
必中もひらめきも鉄壁も無い。
ここには、お前の求める 「ぼくのかんがえたきゅうきょくスキル」 などありはしない。
狂ったバランスのゆとりスキルに埋没したお前に、橋姫さまを倒すことなど出来はしない。
お前はこれから、何も出来ずに、ただひたすらに死ぬだけだ。
死んで、死んで、死ぬだけだ。

LV100でも絶望的な戦闘。
バランス崩壊級の特技もアイテムも無く、制限プレイなどするまでもなく全力で勝ち目のないボス。
だが、不死身ではないし全攻撃一撃死などでもない、あくまで倒すことが出来る範囲で最強の敵。
一縷の望みがあるがゆえに、永遠に戦い続けられる究極の存在。
「倒せて当たり前」ではなく、倒せること自体が賞賛されるLiving Legend.
これは、私が理想とするEXボスの姿そのものである。

もちろん、嫉妬を楽しむのが目的である、という彼女の基本は健在。
負けたとしてもゲームオーバーではなく、どれだけ戦えたかを評価してもらえる。
どれほど強くなっても、楽しむ余裕を忘れない。
これは幻想郷の掟である。

+おまけ

おまけ

橋姫さま最大往生!

死して武士の辱めを受けず。
やはり、立ち向かいもせずに敗北を認めては面白くなかろう。
何より、それでは橋姫さまに楽しんで頂けない。
全員野球の総力戦で、神の力を超えてやろうではないか。

さぁ人選だ!
当然だが 全員LV100 である。
手加減や低LVボス撃破など考えてはいけない。
そんな余裕は無いのだ。

+霊夢~ヤマメ
  • 霊夢
信頼と実績の結界要員。
頼りになるはずだ。
  • 咲夜さん
「咲夜の世界」を発動すれば「アイン・ソフ・オウル」が待っている。
だが、玉砕覚悟ならば悪くはない選択だ。
  • チルノ
氷葬剣の一撃に全てを賭ける。
さぁブラックチルノチェンジだ!
  • ブラックチルノ
FINISH HER!!
でででーん。 FRIENDSHIP!? FRIENDSHIP!!
  • 魔理沙
つなぎ要員。
  • 幽香
超回復要員だろうか。
灰にはなるがSCは残るので、運が良ければ複数回使える。
  • 幽香(攻撃相)
耐久力が落ちるので、通常形態のほうがいいだろう。
  • アリス
この命中率をもってしても的中は至難の業。
頑張れ……頑張るんだ赤魔術師!
  • ルーミア
メンバー次第では夜戦もよかろう。
ラルヴァ・クィーンの力、見せてやるのだ。
  • 超魔王ルーミア
生きのこれる予感はあんまり無いので、闇の封印はいらないかもしれない。
全力で戦ってもらうといい。
  • こいし
フラフラ出歩く彼女が、いつでも何事もなく帰ってこられるのは、パルちゃんが密かに見守っているおかげ。
パルちゃんを好奇の目で見ない彼女には、さすがのパルちゃんも敵意は持たない。 戦闘中でないならば。
  • キスメ
あらゆる相手に嫉妬出来るということは、どんなに矮小な相手にも目を向けているということだ。
この小さな妖怪でさえも、パルちゃんは常に見守っている。 ただし戦闘となれば容赦は無い。
  • ヤマメ
パルちゃんは、嫉妬というイメージからは想像出来ないほどに明るく、意外なほどに会話好きである。
本人は否定しているが、当然、明るい妖怪の多い地底では友達も多い。 だが勝負するときは全力だ。

+妹紅~小町
  • 妹紅
海鳴り2連発はさすがに厳しい。
フレイムヘイズモードでカミカゼアタックを仕掛けるか。
  • 妹紅(フレイムヘイズ)
カミカゼッ!(キャプテン・サワダ風に)
ハラキリッ!
  • 輝夜
最高の回復/結界要員。
彼女をどのタイミングで呼び出すか。
  • うどんげ
ルーミアと組み合わせ、百発百中の一撃をお見舞いする必殺のガンマン。
無火力でもいい、たくましく散ってほしい。
  • 萃香
ミッシングパワーでアイン・ソフ・オウルに真っ向勝負だ!
HPなら負けないぞ!
最高の素早さで一撃を加える要員。
倒せなくてもいい、たくましく散ってほしい。
  • はたて
怒られちゃう前にどれだけ投げられるか。
期待しているぞ。
文と一緒に散るわんわん。
  • メディスン
格闘要員……か?
大丈夫か、攻撃できるか。
  • 小町
壁要員。

+妖夢~阿求
  • 妖夢
白楼剣反射で自滅、という渾身のギャグをかまそうとも、橋姫さまは一切手加減などしてくれない。
橋姫さまとデスラー総統に冗談は通用しない。
  • 天子
全員最高LVなので、LV上昇速度という最大のアドバンテージが失われてしまった。
だが鉄壁戦士としての優位性は依然健在だ。
  • レミリア
夜間戦闘機。
ドッグファイトで仕留める!
  • フラン
お姉様についていけるかね?
  • パチェ
銃撃要員。
あとおぜうさまたちの輸血パック。
  • 美鈴
鉄壁要員にして「開眼」要員。
侮るな、かなり優秀な補助要員だ。
  • 阿求
さすがに厳しくなってきたか。
がんばれ一番最初にねじ込まれた追加キャラ!

+勇儀~
  • 勇儀
鬼にパルスィの力を理解することは出来ないが、勇儀は彼女を貶したりはせず、普通に談笑している。
何故ならば、貶す必要も無いくらいに力の差は歴然としているからだ。 どちらが、とは言わないが。
  • さとり
悪いねユーロサトリちゃん、実は欧州戦車よりも、日本の10式とか韓国K-2戦車のほうが好きなんだ。
韓国K-2は欧州戦車の寄せ集めでスペックすごいだけのポンコツだが、意外や意外、かっこいいのだよ。
  • お燐
パルちゃんとはもちろん仲良し。
彼女を敵に回したら、地底からは一歩たりとも出られない。
  • おくう
不謹慎などと言っている場合ではない。
全力を尽くさねばならんのだ。
  • 魅魔
夜間攻撃機。
当然物理攻撃要員。
  • 永琳
永夜返し要員。
無限光にも耐えられるんではないか。
最も頼りになる鉄壁要員。
誰を護らせるか。
  • パルちゃん
公式設定とはだいぶ違うように見えるだろうけど、決して無視はしてないよ。
ゲーム中に見せる爽やかさと優しさは、どう言い繕おうとも設定に不備がある。

+チーム異世界
  • コットン
いっくぽ~ん!(玉砕)
  • アプリ
れっつご~!(玉砕)
  • ミント
マヤも欲しい?
デュオプリンセスやればいいじゃない。
  • マエリベリー
メリーにおまかせ。
主題歌は無いぞ。
  • 蓮子
相手は物理法則を超越している気もするけど、それくらい許してくれるのがアザトース様クオリティ。
そもそも、フォーマルハウト宙域を普通に遊泳出来ちゃう時点でアザトース様クオリティ。
  • リグル
一撃殺虫されないことを祈る。
ホイホイさんとコンバットさんも出せばよかったかね?
  • にとり
ガンブラスター。
即ちシュラク隊である。
  • アレッサ
ぶっちゃけ、ハリーが1で見捨てなかったらサイレントヒル完結してたよね。
あいつコナミ社員か。
  • ナイトメアアレッサ
なんでこんな可愛い子からあんなヤンキーが出てくるのかkwsk。
サイレントヒル3未見。
  • リサ
カウフマン引きずり込むシーン、喝采しちゃったのはワシだけであろうか。
よく見ると金網すり抜けているというイリュージョニスト。
  • ストラーフ
実は強化形態「ストラーフMk-IIフルアームズ」も検討していた。
が、通常形態がそれなりに強いのでポシャった。 どうせハイパーひばちんの方が強いし

+チーム追加枠
  • ライラ
デッドゴッドは安地あるから正直雑魚でした。
だがこちらのデッドゴッドは格が違うぞ。
  • クロネンバーグ
この人とロメロ大佐は助けたかった。
発見時は生存状態だけになおさら。
  • どな
星をみるひと は ぱすわーどがめんのおんがく だけで ごはん3ばい
かゆい うま
  • とらんす どな
5ターン無敵だが、パルスターやショックウェーブで瞬殺される。
時空結界があっても精神力は互角だし、結界破壊と組み合わせられるともうお手上げ。
  • 聖さん
ひばちん戦で出番は終わってしまった……
ちゃんとデータ採ってあげればよかったのぅ。
  • 陽蜂
最強の格闘戦士。
問答無用でハイパー化だ!
  • ハイパーひばちん
攻撃はもちろんのこと、灰の復活や蘇生回復も2連発出来るので、結構大車輪かもしれない。
がんばれ 魔法少女ひばち☆マギカ!

以上 全員 の力を合わせて橋姫さまに挑む。

+その結末やいかに!

終結

Terminate

命中率とスピードの天狗軍団。
ルーミアと共に挑む闇の眷属と魔術師集団。
攻撃は当たらなくとも、PTの壁として立ち向かう鬼たち。
一発必中を期す必殺のガンマン部隊。
蓮子で地上戦にするか?メリーさんで空中戦にするか?
霊夢と紫、最強の結界は誰を護るのか。
幽香の超回復は、輝夜の安定回復は、永琳や他の回復要員はいかに。
外部枠たちは存在意義を見いだせるか。
ぱるしーとひばちんは、究極の力を示すことは出来るのか。

今、彼らは最後の戦いに挑む……!





そして彼らは星になった・・・



VS橋姫さま企画は今回で終了となります!
長らくのご愛顧まことにありがとうございました!





※このページの内容は全て、エイプリルフールの冗談でした。ざんねん!!