※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

社会技術研究論文集 vol.3,241-258,Nov.2005

馬場健司・木村宰・鈴木達治郎

http://shakai-gijutsu.org/ronbun3/p241-258.pdf
ウィンドファームの立地に係わる環境論争と社会意思決定プロセス

・大規模風力発電所:ウィンドファーム

-地球温暖化対策として公益性の高い事業

-だが、大規模な地域開発を伴うため

  環境論争が起こる。

 

・欧米での取り組み

-@アメリカ

  AWEA(American Wind Energy Association)

  パブリック・インボルブメント(PI)手法について議論

-@イギリス

  DTI(通商産業省)

  洋上での立地に際して戦略的環境アセスメントを実施

 

⇒欧米では風力発電所開発におけるステークホルダー同士の

  コミュニケーションの重要性が認識されている

⇒しかし、日本での風力発電所開発において参加型手法は

  あまり行われていない。

 

・ステークホルダー同士のコミュニケーションとNIMBY

-NIMBYとは

  Not In My Back Yardの略。

  その施設の必要性・公共性は理解できるが

  自分の家の側にあってほしくないという感情。

-NIMBYを発生させる可能性のある施設の立地に係わる

  意思決定プロセスにおいて、市民やステークホルダーの

  意思の反映や関与が求められるようになっている。

 

・ウィンドファーム建設の特徴

-従来のエネルギー施設を建設していた業者が

  風力発電施設を作るわけではない

 (従来までの意思決定プロセスが通用しないことが多い)

-環境影響評価法の対象外

-「重要な電源開発に係わる地点の指定」対象外

 

・ウィンドファームの立地を巡る価値観の対立

-地球環境(マクロ)/地域環境(ミクロ)

-保全/保護(環境倫理学の視点による)

  -保全(conseervation)

    功利主義的な発想に基づいて、人間の将来の

    消費のために自然資源を保護する、

    従って開発行為も容認する、という考え方

  -保護(preservation)

          環境主義的な発送に基づいて、道徳的適格性や

    法的な当事者適格性を自然物そのものに認めつつ

    人間の活動を規制して自然資源を保護する、という考え方

 

・価値観の対立についての研究者の見解

-鬼頭

  地球全体主義(地球をすべての価値判断に優先して尊重する)

  に疑問を投げかける。

  地域での社会的公正さと普遍的倫理を折衷し、

  ローカルな環境倫理のあり方を模索

-桑子

  温暖化対策というグローバルなレベルでの公共性・

  公益性は必ずしもすべてに優先されるものではない。

  当該事業や計画、政策がローカルレベルでの公共性・

 公益性と何らかの齟齬を持つ可能性がある場合、

 当該地域における新たな価値選択を模索する「場」が

 必要である。

 

・参加型手法の必要性

-参加型手法とは

  多様な立場、利害、関心をもつ人々を

  意思決定プロセスに関与させるための「場」や

  手続きを整える取り組み

-参加の「場」の意義

 - 多様なアクターに対して平等な機会を提供する

 -公共性・公益性について理性的に議論することで

   それぞれの私的利益から離れた公共的判断を

   可能にする

 -判断の質を高められる可能性がある

 -人々の公正感を満たせる可能性がある

 -「場」で決定した事項を受容してもらえる可能性が高まる

 

・参加の「場」における専門知/現場知の扱い

-専門知

-現場知:地元の環境、その問題に係わる現場感覚

 

-藤垣

 不確実性を含む科学技術の導入に際しては

  科学的合理性と社会的合理性を同時に持つ知識が

  必要と指摘。

-馬場・木村・鈴木

 専門家と一般市民の双方向で知識を共有・理解する

  必要がある。

  相互理解を促進することで社会的学習が深まる。

 

-その地域における公益とは何か

-「場」における課題設定は重要:抽象⇒具体

 

・課題設定と公式・非公式プロセス