「雨と私と彼女」 ID:7yJC5kP40氏

六月、梅雨の時期だ。私は雨は嫌いだ。
服は濡れるし、ジメジメして湿気がたまる。
今日も雨が降っていた。私は帰ろうとつかさのクラスに行く。
かがみ「お~す、帰りましょ」
つかさ「あ、おねえちゃん。うん帰ろう」
こなた「いや~雨はいいねぇ~」
かがみ「何でよ?」
こなた「いや~野球中継が中止になって深夜アニメが
かがみ「はいはい、そっち方面はわからないから」
つかさ「ははは、私は雨嫌いだな~。洗濯物とか乾かないし、濡れちゃうしね」
かがみ「私も。雨降ってるとなんか憂鬱なのよね~」


かがみ「それになんかイライラしちゃうのよ」
こなた「かがみはいつも怒ってるけどね」
かがみ「う、うるさいわね!」
こなた「ほらまた~ツンデレですな~」
かがみ「ツンデレじゃないって言ってるでしょ!!」
つかさ「ふ、ふたりとも落ち着いて…」
こんな会話をしながらいつもの用に帰った。
私が雨が嫌いなのは本当は雨女だから。
私達の誕生日には雨が降ったり、遊園地に行く日に雨が降ったりする。
雨がひどく降ってくるのもきっと私のせいだ。だから私は自分が嫌いだった。
こなた「あ、雨が強くなってきた」
つかさ「わ、本当だ!急ごうおねえちゃん!」
かがみ「…」
つかさ&こなた「?」
この雨も私のせいだ。私が楽しいと思うと雨が強く降る。
私達はびしょ濡れになりながらも雨の中を走った。


次の日私とつかさは学校を休んだ。
昨日の雨でみんな風邪をひいたみたい。
体が熱い、息が苦しい。私は死ぬと思うほど辛かった
つかさは一日で回復したみたいだけど私は熱がさがらず、また学校を休んだ。
下からにぎやかな声が聞こえる。こなたの声だ。
階段を上がって来る音と声が近付いてきた。
こなた「おーいかがみー大丈夫かーい」
かがみ「だ、大丈夫なら苦労しないわよ…」
こなた「お、今日はかなり辛いそうですな。そんなかがみもカワイイよ」
かがみ「私は辛いのにいいわねあんたは…」
こなた「いやーかがみがうらやましいよ。学校休めるしね今日なんて黒井先生がさ~」
そして少し話すした後に、こなたは帰って行った。
つかさ「今日ね、こなちゃんさびしそうだったよ」
かがみ「え…!?」
つかさ「お昼の時も授業中もずっとボーっとしてた。こなちゃんおねえちゃんがいなくてさびしかったみたいだね」
かがみ「あ、あいつが?そ、そんなの気のせいよ!今日は調子が悪かったんじゃないの?」
つかさ(素直じゃないなあ)
私はまた熱が上がっていた。こなたのせいだ。でも私はうれしかった。


次の日、私は熱が下がって学校に行った。
でもこなたはいなかった。風邪で休んだらしい。
かがみ(私の風邪がうつったんだ)
そして帰りにお見舞いに行く事にした。
ピンポーンとチャイムをならす。おじさんが出てきた
そうじろう「やあ、かがみちゃんつかさちゃん。こなたのお見舞いに来てくれたのかい?ささ上がって」
こうして私達はこなたの部屋に向かった。
ガチャ。そこには顔が真っ赤のこなたがいた。
こなた「あれ?かがみ風邪は?」
かがみ「こなた、ごめんね私の風邪うつして」
こなた「いいよ~別に。私も風邪ひいてみたかったし」
かがみ「こなた…う、うわああああああん!!」
私はこなたに抱きついて泣いた。
こなたの優しさと私の無力さに申し訳なくて泣いた。

こなた「おーおーよしよし。かがみんは泣き虫だなぁ」
かがみ「うぅ、くすん、こなたぁごめんね!ごめんね!私が雨女だから、だからいつも雨になって風邪うつして」
こなた「雨女?かがみが?」
かがみ「そうよ、この前だって買い物の時雨降ってきたり、雨が強くなったりして迷惑かけて…」
こなた「何言ってんのかがみん?かがみんが雨女だとしてもあたしの中では晴れ女なんだよ?」
かがみ「え…!?」
こなた「かがみと一緒にいるとあたしは楽しいし、うれしいんだよ?かがみはあたしといるとつまらないの?」
かがみ「そんな事ない!こなたと一緒にいると楽しいし、嬉しいよ!」
こなた「だからもう泣かないであたしが守るから。ね?」
かがみ「うん…!」
その後私はまたこなたの胸で泣いた。
涙が枯れるまで泣いた。こなたは熱があるのに私を抱きしめてくれた。
こなたの胸はとてもあたたかかった。

終わり
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。