ID:2T8HNC1n0氏:らき☆すたテクニック

「うー、新刊新刊」

今、新刊を求めて全力疾走しているわたしは、高校に通うごく一般的な女子高生。
しいて違うところをあげるとすれば結構なオタクってところかナ──。
名前は泉こなた。

そんなわけで帰り道にある本屋(アニメ系のものばかり置いてある店)にやって来たのだ。

ふと見るとベンチに一人の若いツインテールが座っていた。
「な、なによ!人のことジロジロみて」

ウホッ、いいツンデレ……
「ちょ、いきなり初対面で人をツンデレ呼ばわりするな!」

そう思っていると突然少女はわたしの見ている前で、
ブラのホックをはずしはじめたのだ……!
「してないわい」
「あー、そこは空気読んでノリツッコミするとこだよ。まだまだだね~」
「するかー!」
「女は度胸!なんでも試してみるものさー……ってそれはそっちのセリフだった」
「何の話よ」
「ううん、こっちの話。なんでもないよ」
「だいたいあんた、中学生? あ、違うか。うちの制服着てるわね。名前は?」
「泉こなた。『あ・な・た』でいいよ」
「呼ぶかっ」
「じゃあ、こなたでいいよもう!」

「なんで逆ギレ気味なのよ! 私は柊かがみ」
「知ってる」
「え!? なんで?」
「だって、うちのクラスにも柊さんいるから。よくうちのクラスに来てるでしょ?」
「あー、つかさと同じクラスだったのねー」
「うん、実はねー。つかささんとはあんまり話したことないけど」
「そう、あの子私の妹なんだけど仲良くしてあげてね。いい子だから」
「あ、そうそう、かがみさんだっけ? さっきの続きなんだけど」
「続き?」
「やらないか」
「いい加減そのネタから離れろー!」
「なんだ、知ってたんじゃーん。結構オタクの素質あるかもねぇ~」
「や、やめてよねー」


おしまい
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。