ID:z > P > 2Xdf0氏:タイトル不明

「や、やめて!」
ゆたかは言った。彼女は今レイプされている。
下校途中後ろから襲われて、路地裏に引きこまれた。
男はゆたかの口を塞ぎ、体をおさえながらゆたかの服をぬがす。
「んぅーんぃーう」
ゆたかは口に布をかまされて声が出せない。
男はゆたかの体をつかった。


男はゆたかの体をもてあそんだ。
ゆたかは泣いた、叫んだ、助けを求めた。
でも誰も助けてくれない。
男はゆたかをレイプし終わるとゆたかを車に乗せ、男の家に向かった。
ゆたかの体はしばられており、みうごきがとれなかった。
男の家につくと、男は部屋からノコギリを持ってきてゆたかの体をバラバラにした。
血が飛び、ゆたかは死んだ。


「ゆーちゃん遅いねー」
二時間後…
「警察に連絡しよう」
そして、ゆいがやって来る。
「ゆたかまだ帰ってないんですか?」
「うん。さっきみなみちゃんにも電話したんだけど知らないって」
「まさか…ゆうかい!?」
「…」


男はゆたかの死体を海に捨てた。
そして、ゆたかがいなくなってから数日後…

警察がゆたかの死体を発見した。
警察は事件として捜査し始めた。


みんなゆたかの死を悲しんだ。涙が枯れるまで泣いた。
でも、みなみだけは泣かなかった。
「みなみちゃん悲しくないの!?ゆーちゃんが死んで泣いてもくれないの!?」
「!!わ、わたしは…」
「こなた…」
みなみは、ただ、ただ、許せなかったのだ。自分の友達を、いや、親友を殺した犯人が。
みなみは何をするかわからなかった。

始めの三日間。みなみは部屋にこもりきって外にでなかった。
葬式にもいかなかった。

みなみは、ある決心をした。
ゆたかをあんな目にあわせたやつを生かしておけない!
探し出して…殺ス!!

みなみは犯人を探した。
どんな小さな情報でもかきあつめてさがした。

そして、犯人が見つかった。
みなみは男に向かってナイフを持って駆けだした。
「ゆたかの仇!殺ス!」
ドン!!
男にナイフが刺さった。
みなみはナイフを抜き、また刺した。また抜きまた刺した。
こんなやつ、殺す!殺す殺す殺す殺す殺す殺ス!
みなみは刺すのをやめない。
気付くとまわりには警察がいた。誰かが通報したらしい。
「みなみちゃん…」
ゆいが近づき、みなみにてじょうをかけた。
みなみは逮捕された。ゆいに。
ゆいは泣いていた。そしてパトカーに乗る時、小さな声で、「ありがとう」と呟いた。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。