※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

//変更点だけ載せておきますー・・・最後に削除の注意文追加版も載せておきます。いやprintf文追加しただけですが(汗)
 
void word_search1(FILE *txt, char *txtname);
void word_search2(FILE *txt, char *txtname);
void word_replace1(FILE *txt, char *txtname);
void word_replace2(FILE *txt, char *txtname);
 
 
//機能はここに追加
void execmd(FILE *txt, FILE *temp, FILE *undo, char *txtname, char *undo_text, char *temp_cmd, int *p){
 
	if(strcmp(temp_cmd, "l\n") == 0 || strcmp(temp_cmd, "L\n") == 0) display_all(txt);               //すべて表示
	if(atoi(temp_cmd) != 0) make_undofile(txt, temp, undo, txtname, undo_text, temp_cmd, p);         //一行編集に入る前にundo用ファイルに記録
	if(strcmp(temp_cmd, "e\n") == 0 || strcmp(temp_cmd, "E\n") == 0) save_end(p);                    //保存して終了
	if(strcmp(temp_cmd, "n\n") == 0 || strcmp(temp_cmd, "N\n") == 0) not_save(txt,temp,txtname,p);   //保存しないで終了
	if(strcmp(temp_cmd, "u\n") == 0 || strcmp(temp_cmd, "U\n") == 0) un_do(txt,undo,txtname,undo_text);	//前回の編集前の状態に戻す(undo)
	if(strcmp(temp_cmd, "s1\n") == 0 || strcmp(temp_cmd, "S1\n") == 0) word_search1(txt,txtname);	//単語検索その1
	if(strcmp(temp_cmd, "s2\n") == 0 || strcmp(temp_cmd, "S2\n") == 0) word_search2(txt,txtname);	//単語検索その2
	if(strcmp(temp_cmd, "r1\n") == 0 || strcmp(temp_cmd, "R1\n") == 0) make_undofile(txt, temp, undo, txtname, undo_text, temp_cmd, p);//置換に入る前にundo用ファイルに記録
	if(strcmp(temp_cmd, "r2\n") == 0 || strcmp(temp_cmd, "R2\n") == 0) make_undofile(txt, temp, undo, txtname, undo_text, temp_cmd, p);//置換に入る前にundo用ファイルに記録
	if(strcmp(temp_cmd, "d\n") == 0 || strcmp(temp_cmd, "D\n") == 0) make_undofile(txt, temp, undo, txtname, undo_text, temp_cmd, p);//行削除に入る前にundo用ファイルに記録
	if(strcmp(temp_cmd, "i\n") == 0 || strcmp(temp_cmd, "I\n") == 0) make_undofile(txt, temp, undo, txtname, undo_text, temp_cmd, p);//行挿入に入る前にundo用ファイルに記録
 
	return;
}
 
//undo用ファイルの保存
void make_undofile(FILE *txt, FILE *temp, FILE *undo, char *txtname, char *undo_text, char *temp_cmd, int *p){
 
	char c;		//txt→undoファイル用
 
	undo = fopen(undo_text,"w");
 
	while( (c = fgetc(txt)) != EOF )	//編集直前の状態を保存する
	{
		fputc(c,undo);
	}
 
	txt = freopen(txtname,"r",txt);		//もう一度txtをオープンしておく
	fclose(undo);				//undoは閉じておく。
 
	if(atoi(temp_cmd) != 0) one_row_edit(txt, temp, undo, atoi(temp_cmd), txtname, undo_text, p);	//一行編集
	if(strcmp(temp_cmd, "r1\n") == 0 || strcmp(temp_cmd, "R1\n") == 0) word_replace1(txt,txtname);	//置換その1
	if(strcmp(temp_cmd, "r2\n") == 0 || strcmp(temp_cmd, "R2\n") == 0) word_replace2(txt,txtname);	//置換その2
	if(strcmp(temp_cmd, "d\n") == 0 || strcmp(temp_cmd, "D\n") == 0) line_delete(txt,txtname);	//行削除
	if(strcmp(temp_cmd, "i\n") == 0 || strcmp(temp_cmd, "I\n") == 0) line_insert(txt,txtname);	//行挿入
}
 
 
//単語検索その1・・・単語を含んだ文字列の検索。例えばprogramを検索するならprogramingも表示する
void word_search1(FILE *txt, char *txtname)
{
	int i , j , k , l = 0 ;
	int line[1000] ;		//単語出現数は1000回まで
	char str[LINE_SIZE], word[CMD_SIZE];
 
	printf("検索したい単語を入力して下さい\n");
	fgets(word, CMD_SIZE, stdin);	//単語のサイズは99まで
 
	for(i=1;!feof(txt);i++)		//1行読み込む毎にiをカウント
	{
		fgets(str,LINE_SIZE,txt);	//まず一行全部読み込む
 
 
 
		for(j=0;str[j]!='\n';j++)	//読み込んだ行の中に単語が含まれていないか探す
		{
			if( str[j] == EOF )
			break;
 
			for(k=j;word[k-j]==str[k];k++)
			{
				if(word[k-j+1]=='\n')	//含まれていたら
				{
					{
						line[l] = i ;		//その行番号をline[]に入れる
						l++;
					}
				}
			}
		}
 
		for(k=0;k<j;k++)
		{
			str[k] = '\0' ;
		}
	}
 
	txt = freopen(txtname,"r",txt);
 
//line[]に入れた行番号からその行を出力する
	for(i=0;i<l;i++)
	{
		if( i == 0 )
		{
			for(j=1;j<=line[0];j++)
			fgets(str,LINE_SIZE,txt);
			k = line[0];
			printf("%d : %s",line[0],str);
			if( feof(txt) )
			{
				printf("\n");
			}
		}
		else if( line[i] != line[i-1] )	//1行にいくつもある場合はとばす
		{
			for(j=k+1;j<=line[i];j++)
			fgets(str,LINE_SIZE,txt);
			k = line[i];
			printf("%d : %s",line[i],str);
			if( feof(txt) )
			{
				printf("\n");
			}
		}
	}
}
 
 
//単語検索その2・・・単語そのものの検索。例えばprogramを検索するのにprogramingを検索してしまわないようにしている。
void word_search2(FILE *txt, char *txtname)
{
	int i , j , k , l = 0 ;
	int line[1000] ;		//単語出現数は1000回まで
	char str[LINE_SIZE], word[CMD_SIZE];
 
	printf("検索したい単語を入力して下さい\n");
	fgets(word, CMD_SIZE, stdin);	//単語のサイズは99まで
 
	for(i=1;!feof(txt);i++)		//1行読み込む毎にiをカウント
	{
		fgets(str,LINE_SIZE,txt);	//まず一行全部読み込む
 
 
 
		for(j=0;str[j]!='\n';j++)	//読み込んだ行の中に単語が含まれていないか探す
		{
			if( str[j] == EOF )
			break;
 
			for(k=j;word[k-j]==str[k];k++)
			{
				if(word[k-j+1]=='\n')	//含まれていたら
				{
					if( j == 0 || str[j-1] == ' ' )	//この2行でそれが単語そのものか判定
					if( str[k+1] == ' ' || str[k+1] == '\n' || str[k+1] == EOF )
					{
						line[l] = i ;		//その行番号をline[]に入れる
						l++;
					}
				}
			}
		}
 
		for(k=0;k<j;k++)
		{
			str[k] = '\0' ;
		}
	}
 
	txt = freopen(txtname,"r",txt);
 
//line[]に入れた行番号からその行を出力する
	for(i=0;i<l;i++)
	{
		if( i == 0 )
		{
			for(j=1;j<=line[0];j++)
			fgets(str,LINE_SIZE,txt);
			k = line[0];
			printf("%d : %s",line[0],str);
			if( feof(txt) )
			{
				printf("\n");
			}
		}
		else if( line[i] != line[i-1] )	//1行にいくつもある場合はとばす
		{
			for(j=k+1;j<=line[i];j++)
			fgets(str,LINE_SIZE,txt);
			k = line[i];
			printf("%d : %s",line[i],str);
			if( feof(txt) )
			{
				printf("\n");
			}
		}
	}
}
 
 
//単語検索その1・・・単語を含んだ文字列の検索。例えばprogramを検索するならprogramingも表示する
void word_search1(FILE *txt, char *txtname)
{
	int i , j , k , l = 0 ;
	int line[1000] ;		//単語出現数は1000回まで
	char str[LINE_SIZE], word[CMD_SIZE];
 
	printf("検索したい単語を入力して下さい\n");
	fgets(word, CMD_SIZE, stdin);	//単語のサイズは99まで
 
	for(i=1;!feof(txt);i++)		//1行読み込む毎にiをカウント
	{
		fgets(str,LINE_SIZE,txt);	//まず一行全部読み込む
 
 
 
		for(j=0;str[j]!='\n';j++)	//読み込んだ行の中に単語が含まれていないか探す
		{
			if( str[j] == EOF )
			break;
 
			for(k=j;word[k-j]==str[k];k++)
			{
				if(word[k-j+1]=='\n')	//含まれていたら
				{
					{
						line[l] = i ;		//その行番号をline[]に入れる
						l++;
					}
				}
			}
		}
 
		for(k=0;k<j;k++)
		{
			str[k] = '\0' ;
		}
	}
 
	txt = freopen(txtname,"r",txt);
 
//line[]に入れた行番号からその行を出力する
	for(i=0;i<l;i++)
	{
		if( i == 0 )
		{
			for(j=1;j<=line[0];j++)
			fgets(str,LINE_SIZE,txt);
			k = line[0];
			printf("%d : %s",line[0],str);
			if( feof(txt) )
			{
				printf("\n");
			}
		}
		else if( line[i] != line[i-1] )	//1行にいくつもある場合はとばす
		{
			for(j=k+1;j<=line[i];j++)
			fgets(str,LINE_SIZE,txt);
			k = line[i];
			printf("%d : %s",line[i],str);
			if( feof(txt) )
			{
				printf("\n");
			}
		}
	}
}
 
 
//単語検索その2・・・単語そのものの検索。例えばprogramを検索するのにprogramingを検索してしまわないようにしている。
void word_search2(FILE *txt, char *txtname)
{
	int i , j , k , l = 0 ;
	int line[1000] ;		//単語出現数は1000回まで
	char str[LINE_SIZE], word[CMD_SIZE];
 
	printf("検索したい単語を入力して下さい\n");
	fgets(word, CMD_SIZE, stdin);	//単語のサイズは99まで
 
	for(i=1;!feof(txt);i++)		//1行読み込む毎にiをカウント
	{
		fgets(str,LINE_SIZE,txt);	//まず一行全部読み込む
 
 
 
		for(j=0;str[j]!='\n';j++)	//読み込んだ行の中に単語が含まれていないか探す
		{
			if( str[j] == EOF )
			break;
 
			for(k=j;word[k-j]==str[k];k++)
			{
				if(word[k-j+1]=='\n')	//含まれていたら
				{
					if( j == 0 || str[j-1] == ' ' )	//この2行でそれが単語そのものか判定
					if( str[k+1] == ' ' || str[k+1] == '\n' || str[k+1] == EOF )
					{
						line[l] = i ;		//その行番号をline[]に入れる
						l++;
					}
				}
			}
		}
 
		for(k=0;k<j;k++)
		{
			str[k] = '\0' ;
		}
	}
 
	txt = freopen(txtname,"r",txt);
 
//line[]に入れた行番号からその行を出力する
	for(i=0;i<l;i++)
	{
		if( i == 0 )
		{
			for(j=1;j<=line[0];j++)
			fgets(str,LINE_SIZE,txt);
			k = line[0];
			printf("%d : %s",line[0],str);
			if( feof(txt) )
			{
				printf("\n");
			}
		}
		else if( line[i] != line[i-1] )	//1行にいくつもある場合はとばす
		{
			for(j=k+1;j<=line[i];j++)
			fgets(str,LINE_SIZE,txt);
			k = line[i];
			printf("%d : %s",line[i],str);
			if( feof(txt) )
			{
				printf("\n");
			}
		}
	}
}
 
 
//置換その1・・・単語検索その1の置換版
void  word_replace1(FILE *txt, char *txtname)
{
	int i , j , k , l = 0 , h , n , m , g ;
	int line[1000] ;		//単語出現数は1000回まで
	char str[LINE_SIZE], word[CMD_SIZE], word2[CMD_SIZE], c = 1, shadow_name[L_tmpnam];
	FILE *shadow ;
	tmpnam(shadow_name);
 
	printf("置換される前の単語(編集前の今ある単語)を入力して下さい\n");
	fgets(word, CMD_SIZE, stdin);	//単語のサイズは99まで
 
	for(i=1;c != EOF;i++)		//1行読み込む毎にiをカウント
	{
		if((c = fgetc(txt)) == EOF )		//その行の一文字目がEOFなら
		{
			break ;				//終了
		}
		else if( c == '\n' )			//その行が単なる改行なら
		{
			j = 0 ;
			str[j] = '\n' ;			//改行をstrにおさめて
			goto input0 ;			//読み込み作業は飛ばす
		}
		str[0] = c ;				//一文字目がEOFでも改行でもなかったら
		for(j=1;(c = fgetc(txt)) != '\n';j++)	//改行するまでその行を読み込む
		{
			str[j] = c ;
			if( c == EOF )			//ファイルの最後が改行せずに終わっていたら
			{
				goto input0;		//改行を入れることなく飛ばす
			}	
		}
 
		str[j] = '\n' ;				//改行をstrに入れる
		input0 : ;
		str[++j] = '\0' ;			//最後にNULL文字を入れる
 
		for(j=0;str[j]!='\n';j++)	//読み込んだ行の中に単語が含まれていないか探す
		{
			if( str[j] == EOF )
			break;
 
			for(k=j;word[k-j]==str[k];k++)
			{
				if(word[k-j+1]=='\n')	//含まれていたら
				{
					line[l] = i ;		//その行番号をline[]に入れる
					l++;
				}
			}
		}
 
		for(k=0;k<j;k++)
		{
			str[k] = '\0' ;
		}
	}
 
	txt = freopen(txtname,"r",txt);
 
 
//ここから、ファイル内容をshadowに置き換える
 
	printf("置き換えた後の単語(編集後に残る単語)を入力して下さい\n");
	fgets(word2,CMD_SIZE,stdin);
	shadow = fopen(shadow_name,"w");
 
	for(i=0;i<l;i++)	//置換する前の単語のある行の手前まで
	{
		if( i == 0 )
		{
			for(j=1;j<line[0];j++)
			{
				fgets(str,LINE_SIZE,txt);	
				fputs(str,shadow);		//内容をshadowにコピー
			}
			m = line[0] ; 
		}
		else if( line[i] != line[i-1] )		//1行に複数ある場合は一度だけ
		{
			for(j=m+1;j<line[i];j++)
			{
				fgets(str,LINE_SIZE,txt);
				fputs(str,shadow);
			}
			m = line[i] ;
		}
		else
		{
			goto END1 ;
		}
 
//置換する前の単語のある行にきたらまずその行をstrにコピー
 
		if((c = fgetc(txt)) == EOF )		//その行の一文字目がEOFなら
		{
			break ;				//終了
		}
		else if( c == '\n' )			//その行が単なる改行なら
		{
			j = 0 ;
			str[j] = '\n' ;			//改行をstrにおさめて
			goto input1 ;			//読み込み作業は飛ばす
		}
		str[0] = c ;				//一文字目がEOFでも改行でもなかったら
		for(l=1;(c = fgetc(txt)) != '\n';l++)	//改行するまでその行を読み込む
		{
			str[l] = c ;
			if( c == EOF )			//ファイルの最後が改行せずに終わっていたら
			{
				goto input1;		//改行を入れることなく飛ばす
			}	
		}
 
		str[l] = '\n' ;				//改行をstrに入れる
		input1 : ;
		str[++l] = '\0' ;			//最後にNULL文字を入れる
 
//これでstrにコピーをし終えた
 
		for(j=0,h=0;str[h+j]!='\n';j++)	//行の中の単語が含まれてる位置を探す
		{
			if( str[h+j] == EOF )
			break;
 
			for(k=h+j;word[k-(h+j)]==str[k];k++)
			{
				if(word[k-(h+j)+1]=='\n')	//含まれていたら
				{
					for(g=h;g<h+j;g++)	//その単語の手前までshadowにコピー
					{
						fputc(str[g],shadow);
					}
 
					for(n=0;word2[n]!='\n';n++)	//置換した後の単語をshadowにコピー
					{
						fputc(word2[n],shadow);
					}
 
					h = k + 1;
					j = -1 ;
					break ;
				}
			}
		}
//もうその行に置換する前の単語が無ければ
		for(k=h;str[k]!='\n' && str[k]!=EOF;k++)//残りをshadowにコピー
		{
			fputc(str[k],shadow);
		}
 
		if(str[k] == EOF )		//もし行の最後が改行でなくEOFで終わっていたら
		{
			goto END2 ;		//飛ぶ
		}
		fputc('\n',shadow);		//そうでなければ行の最後は改行を入れる
		END1 : ;	
 
		for(;k>=0;k--)
		str[k] = '\0';
	}
//もうファイル中のそれ以降の行に置換する前の単語が無ければ
 
	c = 1 ;						//最初のc == EOF を避けるため
 
	for(;c != EOF;)
	{
		if((c = fgetc(txt)) == EOF )		//その行の一文字目がEOFなら
		{
			break ;				//終了
		}
		else if( c == '\n' )			//その行が単なる改行なら
		{
			j = 0 ;
			str[j] = '\n' ;			//改行をstrにおさめて
			goto input2 ;			//読み込み作業は飛ばす
		}
		str[0] = c ;				//一文字目がEOFでも改行でもなかったら
		for(j=1;(c = fgetc(txt)) != '\n';j++)	//改行するまでその行を読み込む
		{
			str[j] = c ;
			if( c == EOF )			//ファイルの最後が改行せずに終わっていたら
			{
				goto input2;		//改行を入れることなく飛ばす
			}	
		}
 
		str[j] = '\n' ;				//改行をstrに入れる
		input2 : ;
		str[++j] = '\0' ;			//最後にNULL文字を入れる
 
		fputs(str,shadow);
	}
 
	END2 : ;
 
 
	txt = freopen(txtname,"w",txt);	//両方のファイルをオープンし直して
	shadow = freopen(shadow_name,"r",shadow);
 
	for(;(c = fgetc(shadow)) != EOF;)	//shadowの中身をtxtにコピー
	{
		for(;c != '\n' && c != EOF ;c = fgetc(shadow))
		{
			fputc(c,txt);
		}
		if( c == EOF )
		;
		else
		fputc('\n',txt);
	}
 
 
	fclose(shadow);
	remove(shadow_name);
 
	return;
 
}
 
//置換その2・・・単語検索その2の置換版
void  word_replace2(FILE *txt, char *txtname)
{
	int i , j , k , l = 0 , h , n , m , g ;
	int line[1000] ;		//単語出現数は1000回まで
	char str[LINE_SIZE], word[CMD_SIZE], word2[CMD_SIZE], c = 1, shadow_name[L_tmpnam];
	FILE *shadow ;
	tmpnam(shadow_name);
 
	printf("置換される前の単語(編集前の今ある単語)を入力して下さい\n");
	fgets(word, CMD_SIZE, stdin);	//単語のサイズは99まで
 
	for(i=1;c != EOF;i++)		//1行読み込む毎にiをカウント
	{
		if((c = fgetc(txt)) == EOF )		//その行の一文字目がEOFなら
		{
			break ;				//終了
		}
		else if( c == '\n' )			//その行が単なる改行なら
		{
			j = 0 ;
			str[j] = '\n' ;			//改行をstrにおさめて
			goto input0 ;			//読み込み作業は飛ばす
		}
		str[0] = c ;				//一文字目がEOFでも改行でもなかったら
		for(j=1;(c = fgetc(txt)) != '\n';j++)	//改行するまでその行を読み込む
		{
			str[j] = c ;
			if( c == EOF )			//ファイルの最後が改行せずに終わっていたら
			{
				goto input0;		//改行を入れることなく飛ばす
			}	
		}
 
		str[j] = '\n' ;				//改行をstrに入れる
		input0 : ;
		str[++j] = '\0' ;			//最後にNULL文字を入れる
 
		for(j=0;str[j]!='\n';j++)	//読み込んだ行の中に単語が含まれていないか探す
		{
			if( str[j] == EOF )
			break;
 
			for(k=j;word[k-j]==str[k];k++)
			{
				if(word[k-j+1]=='\n')	//含まれていたら
				{
					if( j == 0 || str[j-1] == ' ' )	//この2行でそれが単語そのものか判定
					if( str[k+1] == ' ' || str[k+1] == '\n' || str[k+1] == EOF )
					{
						line[l] = i ;		//その行番号をline[]に入れる
						l++;
					}
				}
			}
		}
 
		for(k=0;k<j;k++)
		{
			str[k] = '\0' ;
		}
	}
 
	txt = freopen(txtname,"r",txt);
 
 
//ここから、ファイル内容をshadowに置き換える
 
	printf("置き換えた後の単語(編集後に残る単語)を入力して下さい\n");
	fgets(word2,CMD_SIZE,stdin);
	shadow = fopen(shadow_name,"w");
 
	for(i=0;i<l;i++)	//置換する前の単語のある行の手前まで
	{
		if( i == 0 )
		{
			for(j=1;j<line[0];j++)
			{
				fgets(str,LINE_SIZE,txt);	
				fputs(str,shadow);		//内容をshadowにコピー
			}
			m = line[0] ; 
		}
		else if( line[i] != line[i-1] )		//1行に複数ある場合は一度だけ
		{
			for(j=m+1;j<line[i];j++)
			{
				fgets(str,LINE_SIZE,txt);
				fputs(str,shadow);
			}
			m = line[i] ;
		}
		else
		{
			goto END1 ;
		}
 
//置換する前の単語のある行にきたらまずその行をstrにコピー
 
		if((c = fgetc(txt)) == EOF )		//その行の一文字目がEOFなら
		{
			break ;				//終了
		}
		else if( c == '\n' )			//その行が単なる改行なら
		{
			j = 0 ;
			str[j] = '\n' ;			//改行をstrにおさめて
			goto input1 ;			//読み込み作業は飛ばす
		}
		str[0] = c ;				//一文字目がEOFでも改行でもなかったら
		for(l=1;(c = fgetc(txt)) != '\n';l++)	//改行するまでその行を読み込む
		{
			str[l] = c ;
			if( c == EOF )			//ファイルの最後が改行せずに終わっていたら
			{
				goto input1;		//改行を入れることなく飛ばす
			}	
		}
 
		str[l] = '\n' ;				//改行をstrに入れる
		input1 : ;
		str[++l] = '\0' ;			//最後にNULL文字を入れる
 
//これでstrにコピーをし終えた
 
		for(j=0,h=0;str[h+j]!='\n';j++)	//行の中の単語が含まれてる位置を探す
		{
			if( str[h+j] == EOF )
			break;
 
			for(k=h+j;word[k-(h+j)]==str[k];k++)
			{
				if(word[k-(h+j)+1]=='\n')	//含まれていたら
				{
					if( h+j == 0 || str[h+j-1] == ' ' )	//この2行でそれが単語そのものか判定
					if( str[k+1] == ' ' || str[k+1] == '\n' || str[k+1] == EOF )
					{
						for(g=h;g<h+j;g++)	//その単語の手前までshadowにコピー
						{
							fputc(str[g],shadow);
						}
 
						for(n=0;word2[n]!='\n';n++)	//置換した後の単語をshadowにコピー
						{
							fputc(word2[n],shadow);
						}
 
						h = k + 1;
						j = -1 ;
						break ;
					}
				}
			}
		}
//もうその行に置換する前の単語が無ければ
		for(k=h;str[k]!='\n' && str[k]!=EOF;k++)//残りをshadowにコピー
		{
			fputc(str[k],shadow);
		}
 
		if(str[k] == EOF )		//もし行の最後が改行でなくEOFで終わっていたら
		{
			goto END2 ;		//飛ぶ
		}
		fputc('\n',shadow);		//そうでなければ行の最後は改行を入れる
		END1 : ;	
 
		for(;k>=0;k--)
		str[k] = '\0';
	}
//もうファイル中のそれ以降の行に置換する前の単語が無ければ
 
	c = 1 ;						//最初のc == EOF を避けるため
 
	for(;c != EOF;)
	{
		if((c = fgetc(txt)) == EOF )		//その行の一文字目がEOFなら
		{
			break ;				//終了
		}
		else if( c == '\n' )			//その行が単なる改行なら
		{
			j = 0 ;
			str[j] = '\n' ;			//改行をstrにおさめて
			goto input2 ;			//読み込み作業は飛ばす
		}
		str[0] = c ;				//一文字目がEOFでも改行でもなかったら
		for(j=1;(c = fgetc(txt)) != '\n';j++)	//改行するまでその行を読み込む
		{
			str[j] = c ;
			if( c == EOF )			//ファイルの最後が改行せずに終わっていたら
			{
				goto input2;		//改行を入れることなく飛ばす
			}	
		}
 
		str[j] = '\n' ;				//改行をstrに入れる
		input2 : ;
		str[++j] = '\0' ;			//最後にNULL文字を入れる
 
		fputs(str,shadow);
	}
 
	END2 : ;
 
 
	txt = freopen(txtname,"w",txt);	//両方のファイルをオープンし直して
	shadow = freopen(shadow_name,"r",shadow);
 
	for(;(c = fgetc(shadow)) != EOF;)	//shadowの中身をtxtにコピー
	{
		for(;c != '\n' && c != EOF ;c = fgetc(shadow))
		{
			fputc(c,txt);
		}
		if( c == EOF )
		;
		else
		fputc('\n',txt);
	}
 
 
	fclose(shadow);
	remove(shadow_name);
 
	return;
 
}
 
//行削除
void line_delete(FILE *txt, char *txtname)
{
	int i , j ;
	FILE *shadow;
	char c = 1, line[10], str[LINE_SIZE], shadow_name[L_tmpnam] ;
 
	tmpnam(shadow_name);
 
	printf("削除したい行番号を入力して下さい\n");
	fgets(line,9,stdin);	//削除したい行を入力してもらう
 
	if( atoi(line) < 1 )
	{
		printf("行番号が不正です。\n");
		return;
	}
 
	shadow = fopen(shadow_name,"w");
 
	for(i=1;c != EOF;i++)
	{
		if((c = fgetc(txt)) == EOF )		//その行の一文字目がEOFなら
		{
			break ;				//終了
		}
		else if( c == '\n' )			//その行が単なる改行なら
		{
			j = 0 ;
			str[j] = '\n' ;			//改行をstrにおさめて
			goto input ;			//読み込み作業は飛ばす
		}
		str[0] = c ;				//一文字目がEOFでも改行でもなかったら
		for(j=1;(c = fgetc(txt)) != '\n';j++)	//改行するまでその行を読み込む
		{
			str[j] = c ;
			if( c == EOF )			//ファイルの最後が改行せずに終わっていたら
			{
				goto input;		//改行を入れることなく飛ばす
			}	
		}
 
		str[j] = '\n' ;				//改行をstrに入れる
		input : ;
		str[++j] = '\0' ;			//最後にNULL文字を入れる
 
		if( i != atoi(line) )	//削除しない行はshadowにコピー
		{
			fputs(str,shadow);
		}
 
		//削除する行はコピーせずに読み飛ばす
 
	}
 
	if( atoi(line) >= i )
	{
		printf("行番号が不正です。\n");
	}
 
	txt = freopen(txtname,"w",txt);	//両方のファイルをオープンし直して
	shadow = freopen(shadow_name,"r",shadow);
 
	for(;(c = fgetc(shadow)) != EOF;)	//shadowの中身をtxtにコピー
	{
		for(;c != '\n' && c != EOF ;c = fgetc(shadow))
		{
			fputc(c,txt);
		}
		fputc('\n',txt);
	}
	fclose(shadow);
	remove(shadow_name);
	return;
}