※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

MAME32Plus

  • MAME32Plus0.115u3-20070531を元に説明していきます。
  • オプション=>デフォルトオプションより設定。
  • これ以外の設定項目は普通のVGAカードで使う場合と同じでいい。

画面の設定(その1)

  • ウィンドウ表示はオフ(必須)
  • フレームスキップの設定はフレームスキップ無しが望ましい。
    • どうしても速度が出ない場合は「自動」にチェック

高度な設定

  • 画面描画方式にはDirectDrawもしくはDirect3Dを設定する。
  • Direct3Dの場合はバイリニアフィルタ有効のチェックを外す(必須)
  • Vsyncを待つにはチェックするのが望ましい。
    • どうしても速度が出ない場合はチェックを外す。
  • トリプルバッファを使用にチェックをいれるとバックグラウンドで描画してから一気に画面に表示するので画面のちらつきが改善される(ダライアス外伝のボンバー等)
    • チェックすると使わない場合に比べて描画が1フレーム遅延するので、その辺は好みで選択しましょう。
  • ハードウェア拡大表示はオフにする事(必須)
  • 画面解像度を変更はオンにする事(必須)

画面の設定(その2)

  • 物理的なモニタはVGAカードをArcadeVGA以外にも挿してる場合はArcadeVGAを指定しておく。
  • 残りは自動でいいです。上手く表示できない場合は解像度を手動で設定する。