※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

AdvanceMAME


  • 最終バージョンはAdvanceMAME v0.106.0.
    • 2007/01/05 開発終了宣言が出されました。
  • DOS、Windows、Linux、Macと多種のOSに対応しているMAME。ただしMacで15KHz出力ができるかどうかはMacを所有していないので不明。

対応OS

  • Win2000、WinXP(Windows版)
  • DOS、Win9x(DOS版)
  • Linux(Linux版)
  • Mac(Mac版)

利点

  • 元になるMAMEコアがVsyncMAMEより新しい。
    • 最終版は2006/06/25リリースなので最新のMAMEにはかなり置いていかれてしまいました
  • 対応ビデオカードに現在も入手しやすい物がある。
  • Win、Linux版では対応サウンドカードに関してほぼ気にする必要が無い。

欠点

  • ある程度新しいビデオカードでも動作するがやはり動かないものもあるので新規に動作報告の無いビデオカードを購入するのはカケに近い気がする。
  • ある程度は画面モードを自動ジェネレートしてくれるが正確な画面モードが出ない場合や正確な同期が出ない場合は画面モードを1つ1つ付属ツールで設定する必要がある。