デュメル

機体データ
全長 --- 本体重量 --- 全備重量 ---
パイロット デュメル
所属 不明

この項目ではメカニックとしてのデュメルについて記述しています
キャラクターとしてのデュメルについてはこちらへどうぞ

太古の昔、別の次元で栄えた文明人が、自らを守るために創り出した個体。
機械と生物両方の特性を持ち、「完成体」とも呼ばれる。

中心核以外は決まった形を持たず、他の有機物、無機物を取り込んで肉体を形成する。
外観は取り込んだものによって変わる。永続ではないが、高い再生能力も備える。
中心核が残っていれば何度でも蘇る。その際は、駒としてデュメルの口を大量に生み出す。
成長したデュメルの口は本体の下へ戻ってきて、肉体の一部となる。

完成体となったデュメルは催眠能力が高まり、一度に多数の相手を操れるようになる。
また、両腕部、頭部と、複数の意思体をつくって同時に戦闘が可能。
それぞれが異なる力を持つ。

武装

触手

生体ミサイル
ショックビーム
光子ビーム
荷粒子砲
デュメルの眼
火穿砲煉獄

主な活躍


コメント

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る