フェニックス

機体データ
全長 25m 本体重量 --- 全備重量 ---
パイロット レイ・ウィンドワード
所属 対アムステラ私設部隊ブラッディウルフ

正式名称BMX-005『不死鳥』
親アムステラ組織ブラッククロスで建造された陸空対応型の近接戦特化機
現在は、同じく奪取されたレイヴン共にブラッディウルフで運用されている

見た目にはマッシブで、レイヴンよりも幾分かシンプルな作りであるが 
搭乗者と機体を同調させる特殊なシステムが搭載
機体のダメージが搭乗者に痛みとしてフィードバックされる等
内部的には従来の機動兵器と一線を画する物となっている

ソフトだけでなくハードに至っても特殊性が垣間見られ
フレーム全域に人工筋肉を使用、柔軟かつ俊敏な動きを可能とした
また、この人工筋肉は、過度の負荷をかけ続けると筋繊維が傷つきパワーダウンするが
ナノマシンにより修復・強化され、劣化前よりもパワーが増していくという
機動兵器としては珍しい成長性まで備えている

レイヴンと同じく、リミッターを解除することで超音速の格闘戦が可能になり攻撃力も上昇する
限界はレイヴンの物よりも短い62秒
その後は筋繊維がズタズタになると共に
搭乗者にも全身が千切れんばかりの激痛が走り一時的な行動不能に陥る
40秒ほどで機体は(通常の7割程のパワーであるが)行動可能になるものの
実際に動けるかどうかは搭乗者の状態に左右される

武装

無し
(リミッター解除時のみ掌・肘・膝・踵よりエネルギーを放出可)

主な活躍


コメント

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る