弾・雷花剣抜刀牙(だん・らいかけんばっとうが)

三位一体の抜刀牙の一つ。
第一の者が仰向けになり、4本足の台となる。
第二の者がその台で跳び上がり、空中で台になる。
第三の者が地上の台で跳び、空中の台で跳ね降り、
さながら雷の如く、敵者を切り裂く抜刀牙である。

使い手はアカメキリカゼジンナイの連携。

関連項目