呪術再生装甲

仙道機に使用されている金属物質で、高度な展性・柔軟性を持った特殊金属に自己再生処理を施した物。
装甲とあるが、外装以外にもほぼ全ての部位がこれによって構成されている。

この再生機能は、本体機関から供給されるエネルギーを伝達させることで活性化。
生物と同様の代謝活動を引き起こし修復を行うというものである。
供給される力が大きければそれだけ再生する速度も加速的に向上し、
状況次第では切り飛ばされた腕を瞬時に再生させる等の芸当も行えるようになる。
質感も特殊で、まるで『体温の低い人肌』に触れているような感覚をもたらす。

現在では元となった特殊金属を『エルダイト』。再生処理が施されたものを『ネクロ・エルダイト』と呼称している。
ネクロ・エルダイトの人工再現は不可能だが、エルダイトに関しては既存技術でも同質の物を精製可能。
その特性から武術マシン等への利用を模索されているが、現在の精製技術では
マグナムスチール並のコストがかかる為、大々的に利用される目処は今の所立っていない。

関連項目