グロース・シュトラール

銃王機の背部に搭載された超長射程超大口径のビーム砲。
直列配置された大型カラクリウムエンジンをフル稼働させて放つその一撃は計算上、
最大有効射程約50kmにまで及び、直線上の物質の全てを塵と化す、まさに神の雷。

地球側の戦闘ロボット全てと比べても火力でこの武器に勝るものは存在しない
一撃必殺のスーパーウェポンである。その威力と射程はもはや戦術兵器ではなく戦略兵器の域。

グロース・シュトラールとは独語で『巨大な光』を意味する。

関連項目