※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ブラック&タン編


全ては、ここから始まった・・・

・大航海時代ティー詳細についてはこちら、【大航海的味覚】 参照


そこから、何故か…
妥協しなかったら何の牛乳なんだと言うところから・・
牛乳談義に、花が咲き・・・、そこから再びウーロンティーの材料へと話は変わる。
ウーロンが切れたという所から、同じ色合いで、コーラと牛乳はどうだろう…と言うところから、話は…さらに違う方向へ。。。


次の日…

更に、次の日・・

新しい課題、プッシーフット追加。



そして、更に・・次の日
ぺるにゃんを待つ、るみにゃんの姿がそこに…
ふつーに、分離無し。
その後、ペルにゃん製ブラックタンと、るみにゃん製ブラックタンの違いについて、意見交換が始まる。

しばらく、後・・


なんだか、大変失礼なことを言われたような気がするが…気にしない(*^ー')b



ちなみに…
上記画像は、PEPSI NEXと、森永のおいしい牛乳だったため、更に次の日…同じ条件(牛乳も同じ物)で作ってみるコトに。

やはり・・・・、別な物ができた。。。

分離しない・・




ちなみに、ブラックアンドタンとは、コーラと牛乳を混ぜたノンアルコールカクテル。

・ブラックアンドタン 【味:甘口  アルコール度数:ノンアルコール】

【材料】
コーラ 120 ml
牛乳 60 ml

【作り方】
氷 を入れたゴブレットに、 コーラ 、 牛乳 の順で注ぎ出来上がり。
ロングスプーンと、ストローを添えるのが正式。



ぶらっく&たん ~その後~

俺たちの戦いは終わらない


【大航海的味覚2】 で、ぺるにゃんがやっていた、ブラックアンドタンの追試。。。

・ぺるにゃんの追試に関してはこちら、【大航海的味覚2】「 おまけコーナー~ブラック&タン追試~」 参照



そして、再び始まる…意見交換。
材料も一緒、分量も一緒、作り方も一緒。
他で考えられる物と言えば・・・温度のみ。

と、言うわけで・・・
材料が常温保存可能だったので、買ってきてそのまま常温に放置したままの温度で作ってみることに。

ちょっと、白っぽくて見にくいが・・・

分離しない。。。

そして、同じ物の少し上からの画像。見てわかるとおり…浮遊物や分離物も無し。

ちょっと、激しく混ぜてみても・・・泡が立つくらいで、固形物もないし、分離もしない。。。
温度説も・・・消えた。。。

なぜだ!?

なぜ、こんなにも違う物が…できるんだw



と、いうわけで・・・
クラヴィエ研究員からの指摘により…
クラヴィエ研究員にも実験に参加して貰うことに。(ほぼ、強制参加のような気もしないでもない)

以下が、クラヴィエ報告書である。

左が1回目、右が2回目の画像。
どうやら、温度よりも…牛乳を入れる時の炭酸の泡立ちが原因じゃないかとの見解も。


取りあえず…今のトコ、原因不明。