prepress-tips
メニュー

更新履歴

取得中です。


形式手法モデル理論アプローチ 2


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 javascriptを使った形式手法モデル理論アプローチの もっと実際的なサンプルを作る。
最終更新日時: 2008/10/02    

作成中

 ※ html と js 中の < と & はすべて半角に置換すること。
  • 実際にブラウザで試してみる → pentomino.html ( 実行ボタンをクリックしてみてください )
  • プログラムの構造は サクラエディタのアウトライン解析で見る。

形式手法モデル理論アプローチの利点の再考

  • モジュール内部の構造を モデルから選ぶと、
    モデルの内部構造は いくつかの定型functionの集まりとして決められているので、
    それらのfunctionに コードを埋めると プログラムができあがる。
  • コードは 状態変化の記述を柱とするので、書きやすく わかりやすい。
  • goal_seekerループを使うと、forループのループ変数を 目的とするもの~そのもの~にできるので、forループを使うより プログラムをより直接的で簡単にでき 構造も明快になる。
  • プログラムの構造は 注釈 もしくは function名 で指示される。
    高いレベルの階層化は 注釈による。
    低いレベルの階層化は { } による。
    ブロックの意味付けは 形式的 function名 による。
    オブジェクトの記述との親和性が高い。
  • 記述が長くなっても 行きたいとところに すぐに行ける。これは 図よりわかりやすい。
    プログラムはよく似た記述からできているので、適切な注釈が必要。
  • モデルの連続実行で複雑な処理も可能。
 UI
 |\
 | 連続実行
 ↓/
 単体
 ↓ 
 対象