prepress-tips
メニュー

更新履歴

取得中です。


ubuntu LiveUSB 2


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 ubuntu LiveUSB のページの内容( LiveUSB を LIveUSB 上でカスタマイズする )を 9.10 で行うときのメモです。
最終更新日時: 2010/01/26    

概要

  • バージョン
    • ubuntu-9.10-desktop-amd64.iso
    • uck_2.0.10-0ubuntu1_all.deb
  • ubunutu の起動
    • CD-DOM からブートし 次のオプションを選んで起動する。
         Language English / keymap Japan
      ※ keymap は F3キーを押して選ぶ。
  • synaptic の設定
    • リポジトリ のチェックボックスの指定を変更する。
    • サーバを変更する。
    • リロードする。
  • uck のインストール
    • Applications - Ubuntu Software Center を開いて uck を検索し
      その website を開いて new release を sorceforge からダウンロードし
      インストールする( ~/Downloads 内の deb を右クリック )。
  • uck の作業フォルダ tmp を作る( 容量 5GB )。
    • ターミナルから
         mkdir tmp ; sudo mount tmpfs tmp -t tmpfs -o size=5g
    • メモリが 5GB に足りなければ swap も確保する。
  • uck を実行する。
    • Not an ISO Image というダイアログが表示されるが OK で構わない。
  • カスタマイズする。
    ( UCK Customization console を開くとき GConf Error が表示されるが 無視して構わない。 )
    • UCK Package Manager の Repository の チェックボックス と サーバー を変え リロード する。
    • timezone を 日本 に変える。
    • uck をインストールする( 途中表示される追加パッケージもインストールする )。
    • System - Preferences - Startup Application を開いて
      ~/.config/autostart/my_setup.sh.desktop を作り
      gedit で Exec="パス" を修正して
      tmp/remaster-root/etc/xdg/autostart にコピーする。
    • UCK Package Manager で smbfs , ssh などをインストールする。
    • 適当なところで Continue building を選んで OK する。
    • カーネルなどをアップグレードすると 更新された initrd は initrd.gz となるので
      事前に tmp/customization-scripts/cutomize_iso スクリプト内の
      initrd.gz を initrd.lz に変えておく。
      ( この方法は 起動しなくなるのを防ぐ応急処置。よい方法かどうかは不明。 )
  • iso , uck の deb , my_setup.sh などを適当なところにコピーする。

アップグレードでの注意

  • tzdata をアップグレードしたあと dpkg-reconfigure tzdata を実行する
    ( time-zone の設定 )。
  • grub-pc のアップグレードは UCK Package Manager 内ではエラーが表示される。
    UCK Package Manager で一度 grub-common を削除し
    改めて UCK Customization console を開いて grub-common , grub-pc を
    gdebi でインストールすると エラーは表示されないよう。
  • uck のコンソールの中で sudo nautilus を使うと クラッシュすることが
    あるので注意する。

追加のカスタマイズ

  • apache2 , samba , system-config-samba , php5 , php5-gd は
    Package Manager でインストールできる。
  • mysql-server はパスワード入力が必要なので
    Package Manager で deb のみダウンロードして
    Customization console から gdebi でインストールする。
    php5-mysql は Package Manager でインストールできる。
  • wine は UCK Package Manager で
    wine1.2 , wine1.2-dev をインストールするとよい。
  • fuseiso , nautilus-gksu は Package Manager でインストールできる。
  • netatalk はうまくインストールできないようなので Package Manager では
    必要なパッケージのみインストールし netatalk はダウンロードだけにしておき
    my_setup.sh の中で gdebi でインストールする。
    ( /cdrom を rw にしてから echo "y" | sudo gdebi ・・・ )

LiveHD での注意

  • 起動しないときは 以下を試す。
    • sudo syslinux /dev/xxxn を 新しいバージョンで再実行する。
    • iso の中に .disk という見えないフォルダがあるので それもコピーする。
      ( mac のときは ターミナルでコピーする。 )
  • CD-ROM からブートしても HD から起動するときは 以下を試す。
    • HD 内の casperフォルダ を _casper などにリネームする。