prepress-tips
メニュー

更新履歴

取得中です。


ImageJプラグインの作成 その2


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

最終更新日時: 2008/08/05    
windows XP の eclipse で mac OS 9 の java に挑戦 ─ ImageJ のプラグインを作る

      ※この頁のところどころにあるプログラムのサンプルは、このwikiでの表示の都合で
         < > ¥ など 一部の文字は 半角を全角に変えてあります。
         サンプルを実際に試されるときは これらを修正して 試してみてください。

ImageJのプラグイン

  • ImageJ の mac へのインストールは 右のサイトに ・・・ ImageJ Mac OS 9 Installation
  • eclipse の ビルドパスに ij.jar を追加する( macからコピーして )。
  • JBindery の Classpath にも ij.jar を指定する。
  • ImageJ の PlugInFrame クラスを使って いろいろ試してみる。

windowsや os X, Linux で動かしたいとき

  • windowsや os X, Linux でも 画像のドロップ以外のところは そのまま動きます。
    画像のドロップのところも ソースを少し書き換えれば 動きます。
  • windowsで動かしたいときは
       ソースの mac os9 と記述しているところをコメントアウトし
       代わりに windows と記述しているところのコメントアウトを解除します。
    eclipseのビルドパスは
       JDKClasses.zipの上に j2sdk1.4以降のライブラリを追加します。
        ( JDKClasses.zip と MRJClasses.zip は ビルドパスから除去して構いません。 )
       List と Iterator は java.util のものをインポートします。
    実行するときは 次の execImageJPlugin.js を使います。
       C:\WINDOWS\system32\wscript.exe のショートカットを作って
       リンク先と作業フォルダを指定して 実行します。
       リンク先は 次のように指定します。
       C:\WINDOWS\system32\wscript.exe execImageJPlugin.js ImageJPluginTest