※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  第一章 ここは毎日祭りです

 辛い。
毎日が辛い。
別にこの人生に絶望してるわけでもない。
彼女と別れたとかではない、というか最初からいない。俺が辛いと思ってるのはそういう理由とは違う。
なぜなら・・・。

「あー・・・こたつが愛おしいぜ・・・お前もな・・・」

こいつは勝浦紀伊(かつうら きい)。十九歳で大学生で変態。こんなんでも一応東工大に在学している。意外と頭がいいやつである。
 「うわ、あんた何言ってるの、キモいんですけえど」
 こいつは天満橋関目(てんまばし せきめ)。十八歳で大学生。結構美人なんだけど、性格は寧ろ俺らの雰囲気にあってたりする。
紀伊と、あともう一人、天童にも付きまとわれている。
 「ちょっと紀伊くん、関目ちゃんは私のものよ!」
 こいつは百合気味な、上ノ山天童(かみのやま てんどう)。十八歳の大学生。関目のことが好きで、たまに夜這いをかけるが全て失敗に終わる、当たり前だとしか、言い様がないものである。
 「おーい、私のファミリーの皆さーん、おゆはんができたぜー。」
 そして飯を作っていたこいつは本宿美合(もとじゅく みあい)、十七歳の高校生。俺の幼馴染なので俺についてきた、身体能力が人間離れしていて、十五メートル地点から落下しても見事に着地できる程度の身体能力である。

「なに・・・飯だと・・・」

今の今まで寝ていたこいつは溝ノ口武蔵、この家をまとめる二十歳の大学生。皆でワイワイできる家を理想としていて、その理想がいまこんな感じでカタチになっていると言ってるが、これは少し違うんじゃないかと俺は思っている・・・。

 ああ、面倒な晩飯がいまから始まるぞ・・・。
「おい!そいつはオレの分だぞ!!」「知るかボケ!んなこと気にするな!小学生じゃないんだからよ!!」「おい!くいもんが落ちたらどうすんだ!!」「ああ・・・私はこんなのより関目ちゃんを食べたいわ・・・(性的な意味で)」「私の飯がまずいとでも?許さないよ、そんなの」「とりあえず天童、あんたうるさい」「あああああ関目様に罵ってもらえたわ!!私嬉しくて死んじゃいそう!!」「うわ、あんなところにマゾいやつが一人いるぞ」

 ・・・まぁ、これが、俺が辛いとおもっている理由だ、カオスすぎてついていけねえよお母さん・・・あ、お母さんいなかった。
 やっべ、哀しいこと思い出した、落ち着け、クールダウンだ、クールにいこうぜ俺。 
そうだ、その調子だ。
 
  とまあ、いろいろ思ってる内にいつもどおりの大騒ぎっぷりをみせた晩飯タイムが終わった。はぁ、全く騒々しい。
 そして晩飯後は入浴タイム、女男の順で入ることになっている。もちろん、紀伊はというと・・・
 「ああ、これがあの美少女軍団が浸かっていた湯・・・!!これは聖遺物として納めなければ!!」
 てな具合で、俺はもう順番変えたほうがいいんじゃないかと思っている。
「ねえ!!今日こそはその大きいおっぱいを揉ませて!!」「誰が許可するかこのバカ者が」「んじゃ貧乳な美合ちゃん!!」「貧乳言うなああ!!」
 ・・・チッ、なんだこのあからさまな騒ぎっぷりは、紀伊がさっきから興奮し過ぎて猿になっちまってやがるぞ。
 「はぁ、風呂は静かに入るもんだよなあ、てんろくんはどう思うよ?」
 んなもんどうしようが自由だろ。と俺は適当に受け答える。
 ・・・野郎の風呂なんて嫌だと思う人もいると思うので、あとは適当に端折らせていただく。
 やっと就寝、修学旅行みたいなノリがここの日常である。
「修学旅行みたい」だからもちろん消灯になっても寝ないのが普通である。
 みんな、気が狂ってやがるぜ。そう思いつつ、俺は眠りにつく。..
|