※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「……んで、なんの用? じーさん」

「お姉様、敬語を……」

「どうでもいいだろ。仮にも能力者だぞ? 私は」

「……」

二人がやって来たのは、村長の家。

部屋の壁は本棚で覆われており、たくさんの本が詰まっていた。

「……私がお前達を呼び出した理由が、分かるか?」

「はぁ? 何を言って……」

「『仮にも能力者』なのだろう? ミリアの方は読心術が使えるとも聞いた」

「……いや、あれはまだ練習中で……」

村長は口ごもるミリアに視線を向けると、すぐにそらした。

「まあ良い。今回、呼び出した理由はじゃな……

我が国が、隣国の挑発に乗り、戦争を開始したから


なんじゃ」

「隣国と……戦争を!?」

「どこの国だよ!?」

いきなりの通達に驚き、動揺を隠せない様子の二人。

「国名は……『聖リーフシェルト帝国』」

聖リーフシェルト帝国。

近隣国の中では最も人口が多く、軍事力も絶大な国である。

独自の「シェルト教」という宗教が栄えており、信仰も盛んである。

そして、この宗教の特徴故戦争時には非常に残虐な行動が多く目につく。

虐殺を行ったり、村を丸焼きにしたり、拷問をしたり……。

「敗者には死を」

という考えを基準とした国である。

そんな国と、戦争を……。

考えただけで悪寒が走る。

「リーフシェルト……」

「よりによって……! 王は一体何を考えている!?」

そんな二人とは対称的に、村長は酷く落ち着いた様子である。

「そして、これはそんな国王様からの命令だ。__存在する全ての能力者を集め、軍隊を作れと、な」

能力者を筆頭とした、特殊な部隊を作る。

……国王は、それをリーフシェルト帝国への対抗策としたのだった。

「ちょっと待てよ! そりゃあ、私は戦闘にもそれなりに慣れてるからまだいいさ。だけど、カルティエは!? コイツはまだ11歳を過ぎたばかりなんだぞ!?」

「……お姉様……」

冷静さを失い、村長に対してそう叫んだミリア。

怯えた様子でそれを見守るカルティエ。

「『全ての能力者を』というのが国王の命令。年齢は関係無いのだ」

「そんなの……っ! 私が許すと思うのか!?」

ボッ、と音を立てて、ミリアの左手に小さな青白い炎が現れた。

「お姉様、落ち着いて__!」

カルティエのその言葉で火を消した物の、ミリアが焦っているというは事誰が見ても理解出来た。

「それなら、カルティエに代わる新たな能力者でも生み出したらどうだね? 最も、そんな事が出来るとは思わないが」

「カルティエは生まれつき体が弱いんだぞ!? そんな……戦争なんて……」

ミリアの声が段々と小さくなってゆく。

……と、次の瞬間。

ミリアが床に座り込んだ。

「お姉様!?」

「お願いだよ……カルティエだけは……」

ミリアの目からは涙が溢れ、床に少しずつ落ちていった。

「うむぅ……」

そんなミリアの様子を見て、村長は困ってしまった。

村長とて、感情が無い訳ではない。

孫だっているのだ。

同世代の少女の泣き顔には弱いのであろう。

「お姉様……私なら……」

『私なら大丈夫』。

カルティエはそう言おうと思ったが、自分の体が弱いことぐらいは知っているし、姉がそれをなによりも気にかけていることを分かっていた。

「……ふむ、仕方がない……。……ミリア」

「なんだよ……っ」

「お前の功績次第では、カルティエを戦争に出さないで済むかもしれぬぞ」

「本当か!? ……いや……本当ですか?」

「ああ」

ミリアの瞳から、輝きが少し……消えた。

「やってやるよ。相手を倒せばいいんだろ? カルティエが戦争に出ないで済むなら、私は……誰にだって立ち向かってやる。そいつを倒してやる」

「……お姉様……?」

カルティエは、ミリアの様子が少し変わってしまった事に驚きを隠せなかった。

「仕方あるまい……それで許可しよう」



……この時。

ミリアの未来視の力は完全では無かった。

そう、完全では無かった……。

だからこそ、これから起きる事態を知らなかったのであろう。

いや__





知らなくて、良かったのだ。

|