※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

0番線 野郎の日常

―AM6:00 千葉県四街道市・四街道宅―

………朝か………

朝は苦手だ、とても苦手だ。
なぜなら一番眠い時間帯だからだ。
しかし寝付こうとしても寝付けないという不思議だ。

そんなわけで俺はベッドから転がるように降り、携帯に財布に時刻表を持って………とその前にあいつに電話しなければ。

我孫子は俺の友人で、昔からつるんできたもんで、どういう関係なんか俺にもよく分からん。

「おい我孫子ォ!!起きねえとロンドンまでふっ飛ばして無理やりオリンピック観戦させんぞ!!」

『………あーはいはい、わかったから落ち着いて』

今日は我らの温泉めぐり第一弾、箱根小涌園ユネッサンにいくつもりだ。

とりあえず電話なんて切っちまって、先に東京駅でも何でも行ってやろうと思う。

そんなわけで書き置きをしておいて、俺は出かける。
まぁ事前にも水郷には伝えておいたので大丈夫だと思う。


家を出てしばらくすると、世界最長で設置数は日本一のガス灯通りが出てくる、そしてそこを歩いていけば、四街道駅の南口に着く。

―AM6:15 四街道駅南口―

Suicaで改札を通り、上りホームへ行く。
どうやら次の列車は普通千葉行(2012年8月現在は6:21発)のようだ。

まぁ待つとしよう、気長に。

―AM6:21 四街道駅1番線・普通千葉行車内―

…あ、来たようだ。

しかし千葉駅で強制乗り換えとはよく分からんものだ。

千葉駅周辺でも無い限り駅前を除いて大体は畑か田んぼなので、見ていてもあまり楽しくない。
というわけで寝る。


―AM6:31 千葉駅9番線―

降りて気がついた、そういえば千葉駅って東京方面は3番線~10番線の間でランダム発車という凶悪なものがあった。
しかも左に大きくカーブして佐倉方面か、右に大きくカーブして蘇我方面か、というものなので、ホームが結構離れていたりする。

………そして快速逗子行きは、5番線から発車する、しかも乗り換え時間は2分しか残されていない。

………こんな魔の接続を考えた人出てきてくれ、俺だったら対面乗り換えにしてもうちょっと便利にするぞ。

―AM6:33 千葉駅5番線・快速逗子行車内―

間に合った、しかし階段ダッシュはつかれる、特にこんな朝方は。

まぁ、間に合ったらいいとしよう、うん、それがいい。

………寝るか。

―AM6:55 市川~新小岩間―

ああ、顎が痛い、どうして座りながら寝るとこうなるんだ。

そして、今渡っているのは荒川………なのかどうか知らんけど、とにかくやけにでかい川を渡ってるから、もうすぐ地下ということだ。

地下はやかましすぎていい目覚ましにもなるが、あの騒音はどうにかならんのだろうか。
まぁ地下トンネルで騒音抑えろって言う方が無理だろうけど。


そして両国駅辺りから地下トンネルに入ると、あとは馬喰町駅に新日本橋駅を過ぎる。
もちろんいずれも地下駅で、とにかく深い深い深い。

そして潜った結果が地下5階にある東京駅横須賀線・総武線ホームである。

とりあえず、待つか、ここで。

0番線 野郎の日常 END

批評欄、あとはコメント欄です。
  • 読みました! まさにこれが久住さんって感じですね -- 名無しさん (2012-08-04 17:07:16)
名前:
コメント:
|