※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

↑『ミル=某ボーカロイド』とか言われたのでミ○に見えないヤツにしました


生徒データ

名前 紫月ミル
年齢 15歳
性別 女子
出身地 不明
所属組織 能力者高校
職業 陰陽師(巫女)・ベテラン魔法剣士

パーソナルデータ

容姿 どこにでもいるような平凡な体型
身長 160cm
体重 42kg
寮の部屋番号 708号室
特技 釣り・お菓子作り
人称 私/僕
髪型 水色の髪・リボンで結っている
好きな数字 15
武器 魔法剣・式神・護符
守護霊 ミリア
カルティエ

紫月は『シヅキ』と読む。

一人称が時々変わるツインテール少女。
好物は甘い物。(特に、アイスとチョコレート)
空間移動の能力を生かし、よく買い出しなどに(自ら)行く。
シーラカンスを釣ってきたり鯨を狩って来たりなど、よく分からない言動も多い。
料理はそれなりにでき、お菓子作りが得意である。
基本的に誰に対しても敬語を使っている。

グロい物は平気らしく、むしろ好んでいる。
処刑好き。

出身地などは明かされず、経歴・過去などを人に語る事はほぼ無い。
唯一分かっているのは、父方の祖父が紫月神社という神社を経営していて、その後継ぎであるということ。
正しくは、陰陽師「兼」巫女である。
魔法剣士×陰陽師という、斬新(?)な組み合わせの職業に就いている。

予知能力が覚醒した為、様々な事態に対応出来るようになった。
様々な物体を浮かすことが出来る。
結界を張り、相手の魔力から自分や仲間を保護することが可能である。。

守護霊の名前は「ミリア」で、自分の名前を少し文字った結果である。
が、この『ミリア』という名前のおかげで白木場カレリン剛造と張り合う事になったのは、知る人ぞ知る。

アリオちゃん大好き。
治癒能力や結界等の能力はアリオちゃんに何かあった時の為に会得した。

服装は巫女服だったり白装束だったり、制服だったり。
バリエーションは様々である。
戦闘時には鎧を着装。

幼い頃から霊などと接触する機会が多かった為、『目を隠す』能力が覚醒。
この能力は相手(一般人)に自分の姿を認識されなくなる能力で、反対に認識出来るようにすることも出来る。
普段一般人からは「影の薄い人」くらいにしか見えない。

ちなみにこの能力は「如月モモ」の住む世界、カゲロウデイズの世界に存在する能力である

小説:『幻影と水の姉妹



能力リスト


通常 空間移動・物体浮遊・火や氷を操る
特殊 魔力回復・治癒・物理系魔法無効化
その他 未来視・読心術・予言者・幽体化・『目を隠す』
陰陽道 結界・浄化・式神・悪霊退治・鬼神召喚









アクセス数: -
|