ヘム・ブンティン選手について


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ヘム・ブンティン(Hem Bunting、1985年12月12日 - )は、カンボジアのストゥントレン郡出身のマラソン選手。ストゥントレン郡の小さな農村の9人兄弟のうちの一人として生まれた。地方の大会で活躍していたところで目をつけられ、プノンペンへと十分なトレーニングができるように移った。しかし英国放送協会によれば彼が練習している陸上競技場は資金の不足からぼろぼろだという。
しかし、2007年にタイのナコンラチャシマで開催された東南アジア競技大会に出場しマラソンで銀メダル、5000mでは銅メダルを獲得した。2008年には北京オリンピックのカンボジアの代表に選ばれ、開会式ではカンボジア選手団の旗手を務めた。競技ではマラソンに出場し、ゴールした76人中では73位に終わった[1]。彼はオリンピックに出場するにも関わらずほとんど設備や、資金に恵まれておらずランニングシューズを買う資金さえなかった。しかし、ネット上の英国放送協会の記事の読者の一人によって新しい靴が彼に送られた。

Wikipediaより引用

ヘム選手は猫ひろしよりもタイムが速く、カンボジアの代表として見なされていた。
しかし、突然の辞退。

ヘム選手の自己ベストは2時間26分28秒と、猫の自己ベストの2時間30分26秒よりも早い。