歴史


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

旧約聖書の天空城ラピュータ

紀元前2300年頃、ソドムとゴモラが天空城ラピュータより放たれたインドラの矢によって滅ぼされた。この頃から天空城ラピュータが存在していたことが確認できる。又、旧約聖書によると、ソドムの為の執り成しは唯一神ヤハウェの審判によるもので、この事から元々天空城は神の創造物であり、地上人への審判の際に用いられたとされる。

古代王国の成立

紀元前600年頃、地上では旧石器時代、天空城ではラピュタ民族ができ、ラピュタ王朝を君主にした君主制国家を成立させ、天空城を領域として統治していた。
時のラピュタ王「アングリッフ・ウル・ラピュタ」は天空城ラピュータは天空に在り、空の下に地上たる世界があると発見した。しかし地上人が余りにも原始的な文化であったために、ラピュタ民族の伝統文化や高等技術を伝え、地上をも繁栄させようと、ラピュタ民族の使節を地上の欧州へ送った。しかし使節は地上人に拘束され、殺害されてしまい、それを見たアングリッフは怒り、ラピュータによる地上焦土化及び平定を決め、地上へ向けインドラの矢を放った(地上征伐の役)。地上人は多いにこれを恐れ、欧州の地上人は2回目の使節を受け入れ、欧州の文化発展に繋がると共に、欧州はラピュタ王国の属となった。
アングリッフは欧州に留まらず、ユーラシア大陸までもを平定し、ここに大いなる「ラピュタ王国」を大成させた。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。