ラピュタ大帝


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ラピュタ大帝
天空城ラピュータにはその主たる「ラピュタ大帝」が在位している。大帝がラピュータの主であり、帝国の最高権力者となる。現在在位しているのはパロ帝朝のロムスカ・パロ・ウル・ラピュタ。

ラピュタ帝朝
ラピュタ大帝の系列は君主の第一子が嗣子となる為直列が保たれていたが、古代ラピュタ王国崩壊後にラピュタ王共々が天孫降臨した際に、王(ウル)家が第一子の系列と第二子の系列の二つに分裂した。第一子の系列が嗣子であり真の王家である為、ラピュタ語で「真の王」を意味する「トエル・ウル」の姓を、第二子の系列はラピュタ語で「仮の王家」を意味する「パロ・ウル」という姓を名乗った。
又、王家分裂の際に、「トエル・ウル」家はラピュータを導く権威である「飛行石」を受け継ぎ、「パロ・ウル」家はラピュータの歴史が記された「古文書」を受け継いだ。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。