※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

JKSEとは

日韓学生交流(JKSE)は日本と韓国の大学生で国際交流を行うサークルです。
JKSEのメンバーは日本の大学生・大学院生で構成されています。
韓国に「韓日学生交流(KJSE)」という姉妹サークルを持ち、年2回、夏と冬にプログラムを行って交流しています。このプログラムがJKSEのメインの活動です。
(つまり、韓国の学生と交流できるのは主にこのプログラムの間のみです。)
夏(8月)にはJKSEが韓国へ行き、冬(2月)にはKJSEが日本へ来ます。
長いようで短い1週間のプログラムは、内容が盛りだくさんです。
普通の旅行ではできない貴重な体験を、JKSEで味わってみませんか?
詳しくは、左メニューの「プログラム」のページをご覧下さい。

普段の活動

JKSEのメイン活動は夏・冬の学生交流プログラムですが、普段は週1回ミーティングをしています。現在は、毎週金曜日19:00~早稲田奉仕園にて行っています。
勉強会や食事会など、様々なイベントを企画しています!
イベント例/*東京ディズニーリゾート、温泉旅行、花見などなど*/
日本に留学中のKJSEメンバーとの交流もあります!(留学状況による)

JKSEの歴史

日韓学生交流(Japan Korea Student Exchange、 以下JKSE)は1984年に発足し、日韓女性親善協会(Japan Korea Women Assosiation、以下JKWA)との協力により、10名の日本学生が韓国に訪韓し、はじめての学生交流を行いました。1987年には韓国から8名の学生が来日し、日本で初めての学生交流を行いました。その後、1年にソウル・東京と2回、韓国側の団体である韓日学生交流(Korea Japan Student Exchange、以下KJSE)との学生交流プログラムが行われ、2013年には29周年を迎えることができました。
現在も、JKSEはJKWAと共により良い日韓関係を築くために活動を続け、夏には訪韓し、冬にはKJSEが来日し、それぞれプログラムを行なっています。

#ref error : ファイルが見つかりません (15.JPG)
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|