セイカー

機体データ
全長 12m 本体重量 --- 全備重量 ---
パイロット ---
所属 アメリカ陸軍・空軍

米軍の開発した人型戦闘機
見た目は通常に戦闘機にそのまま手足を備え付けただけのような簡素な作りである

準人型でありマニピュレーターも存在しているのだが
小型ゆえ保持力は低く、重量のある大型火器を扱うことができない
その為、満足な火力が得られず単機で羅甲を撃墜する事は至難の業である
また、下半身のせいで機動性が犠牲にされており
通常戦闘機の方が高い戦果をあげてしまうという結果から
総生産量もわずかに16機のみとなった

現在ではこの失敗を糧として。無駄になりやすいアームを省き
脚部のブースト性能を高めた後継マシン『ハリスホーク』が開発中である

既存戦闘機プラスαの戦闘力しか持たない『腕つき』ではあるが
こと、偵察任務に関しては歩行と飛行を組み合わせる事が出来るので
無人偵察航空機よりも多用途に運用出来る

武装

機銃
マシンガン
ホーミングミサイル

主な活躍



コメント

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る