餓狼(ガロウ)

機体データ
全長 --- 本体重量 --- 全備重量 ---
パイロット 春南龍
所属 韓国陸軍

戦争初期に作られた春南龍の専用機。
主な武装は右手の手甲製グローブで殴打する『日光拳』と、
対戦車地雷を地面スレスレからフリスビーの様に投げつける『力波動』

そしてコックピットには医療キットのスペースを
勝手に改造して作られた、ドリンクホルダーが存在する。

地上戦でそれなりの活躍を見せたが、集団戦闘には不向きであり、
空中の敵に至っては完全に無力である事、適正のあるパイロットの消失、
何よりアムステラとの交戦が続く中

『機体名がアムステラにありそうな名前だからややこしい!』

という最大の欠陥から後継機が造られる事はなかったという。

追記

しかし被ってしまったのはアムステラの機体ではなく、地球の傭兵チームの名前であった。

武装

日光拳(サニーパンチ)
力波動(パワーウェイブ)

主な活躍


意見・感想

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る