※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

爆撃ご苦労様です。

















































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































涼宮ハルヒの憂鬱涼宮ハルヒの憂鬱涼宮ハルヒの憂鬱涼宮ハルヒの憂鬱
宮ハルヒの憂鬱涼宮ハルヒの憂鬱涼宮ハルヒの憂鬱涼宮ハルヒの憂鬱涼
ハルヒの憂鬱涼宮ハルヒの憂鬱涼宮ハルヒの憂鬱涼宮ハルヒの憂鬱涼宮
ルヒの憂鬱涼宮ハルヒの憂鬱涼宮ハルヒの憂鬱涼宮ハルヒの憂鬱涼宮ハ
ヒの憂鬱涼宮ハルヒの憂鬱涼宮ハルヒの憂鬱涼宮ハルヒの憂鬱涼宮ハル
の憂鬱涼宮ハルヒの憂鬱涼宮ハルヒの憂鬱涼宮ハルヒの憂鬱涼宮ハルヒ
憂鬱涼宮ハルヒの憂鬱涼宮ハルヒの憂鬱涼宮ハルヒの憂鬱涼宮ハルヒの
鬱涼宮ハルヒの憂鬱涼宮ハルヒの憂鬱涼宮ハルヒの憂鬱涼宮ハルヒの憂
涼宮ハルヒの憂鬱涼宮ハルヒの憂鬱涼宮ハルヒの憂鬱涼宮ハルヒの憂鬱
宮ハルヒの憂鬱涼宮ハルヒの憂鬱涼宮ハルヒの憂鬱涼宮ハルヒの憂鬱涼
ハルヒの憂鬱涼宮ハルヒの憂鬱涼宮ハルヒの憂鬱涼宮ハルヒの憂鬱涼宮
ルヒの憂鬱涼宮ハルヒの憂鬱涼宮ハルヒの憂鬱涼宮ハルヒの憂鬱涼宮ハ
ヒの憂鬱涼宮ハルヒの憂鬱涼宮ハルヒの憂鬱涼宮ハルヒの憂鬱涼宮ハル
の憂鬱涼宮ハルヒの憂鬱涼宮ハルヒの憂鬱涼宮ハルヒの憂鬱涼宮ハルヒ
憂鬱涼宮ハルヒの憂鬱涼宮ハルヒの憂鬱涼宮ハルヒの憂鬱涼宮ハルヒの
鬱涼宮ハルヒの憂鬱涼宮ハルヒの憂鬱涼宮ハルヒの憂鬱涼宮ハルヒの憂
涼宮ハルヒの憂鬱涼宮ハルヒの憂鬱涼宮ハルヒの憂鬱涼宮ハルヒの憂鬱
宮ハルヒの憂鬱涼宮ハルヒの憂鬱涼宮ハルヒの憂鬱涼宮ハルヒの憂鬱涼
ハルヒの憂鬱涼宮ハルヒの憂鬱涼宮ハルヒの憂鬱涼宮ハルヒの憂鬱涼宮
ルヒの憂鬱涼宮ハルヒの憂鬱涼宮ハルヒの憂鬱涼宮ハルヒの憂鬱涼宮ハ
ヒの憂鬱涼宮ハルヒの憂鬱涼宮ハルヒの憂鬱涼宮ハルヒの憂鬱涼宮ハル
の憂鬱涼宮ハルヒの憂鬱涼宮ハルヒの憂鬱涼宮ハルヒの憂鬱涼宮ハルヒ
憂鬱涼宮ハルヒの憂鬱涼宮ハルヒの憂鬱涼宮ハルヒの憂鬱涼宮ハルヒの
鬱涼宮ハルヒの憂鬱涼宮ハルヒの憂鬱涼宮ハルヒの憂鬱涼宮ハルヒの憂
涼宮ハルヒの憂鬱涼宮ハルヒの憂鬱涼宮ハルヒの憂鬱涼宮ハルヒの憂鬱
宮ハルヒの憂鬱涼宮ハルヒの憂鬱涼宮ハルヒの憂鬱涼宮ハルヒの憂鬱涼
ハルヒの憂鬱涼宮ハルヒの憂鬱涼宮ハルヒの憂鬱涼宮ハルヒの憂鬱涼宮
ルヒの憂鬱涼宮ハルヒの憂鬱涼宮ハルヒの憂鬱涼宮ハルヒの憂鬱涼宮ハ
ヒの憂鬱涼宮ハルヒの憂鬱涼宮ハルヒの憂鬱涼宮ハルヒの憂鬱涼宮ハル

~~腐女子の特徴~~
  •  語尾に「でつ」「まつ」は必至。
  •  一人称に「漏れ」を使う。
  •  顔文字、半角仮名を多用。
  特に「。・゚・(ノД`)・゚・。 」などの泣きAA、
  「(´・ω・`)」「_| ̄|○」などの同情を誘うようなAAを好き好んで使う。
  •  「○○ドゾー(`・ω・´)つ旦」など差し入れAAを用いて馴れ合うのを好む。
  •  「○○なのは私(漏れ)だけ?」なんて感じの同意の求め方をする。
  •  「スマソ~で逝ってくる」「LANケーブルで吊ってくる」などを良く使う。
  しかし「逝ってくる」と言いつつも、すぐに戻ってくる。
  •  「~につきsage」などはsageればいいってもんではないことを理解できない。
  •  荒らしを無視できない。
  例)「あらあらまたですか。暇な人ですねえ。」
    「みんな、わかってると思うけど、>>○○はスルーですよ!(`・ω・´) 」
  構うから荒らされるんだぞと、10回注意しても直らない。
  •  「あっそ。ふ~ん」などと余裕・無関心を装うが、内心イライラしてるのがまるわかり。
  •  好きなものは激しく庇い、嫌いなものはちょっとでも関係するものまで叩く。
  どちらも強く粘着する。
  •  語尾に「~なんでしょ?」「~ば?」などの威圧的な言葉を良く使う。
  •  「~だが。」「~知らんぞ」「~じゃね?」と漫画のような男言葉(男キャラ言葉)を使う。
  でも内容は女くささでいっぱい。
  •  もう廃れ気味の2ちゃん用語を嬉々として使う。
  •  叩きたいレス相手を「あなた」呼ばわりし、慇懃無礼でも気取る
  •  レスアンカーに特徴がある。
   例)}}*、<<*
  •  やたらスレの「空気」にこだわり、
  「あなた空気読めてませんよw」「空気嫁!」と他者を攻撃する。
  同時に、自分は空気が読めてる=自分はスレの主流であることを暗に主張する。
  •  「( ´∀`)σ)´Д`)」「(=゚ω゚)ノ」「(・∀・)人(・∀・)」などの馴れ合いに発展するAAが好き。



(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ
(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ
(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ
(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ
(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ
(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ
(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ
(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ
(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ
(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ
(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ
(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ
(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ
(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ
(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ
(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ
(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ
(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ
(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ
(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ
(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ
(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ
(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ
(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ
(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ
(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ
(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ
(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ(・∀・)ニヒニヒ

1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1
1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1
1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1
1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1
1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1
1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1
1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1
1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1
1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1
1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1
1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1
1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1
1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1
1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1
1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1

●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■
●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■
●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■
●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■
●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■
●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■
●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■
●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■
●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■
●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■
●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■
●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■
●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■
●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■
●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■
●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■
●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■
●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■
●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■
●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■
●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■
●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■
●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■
●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■●▲■

死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね