もやし広場


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

暇を持て余した神々の遊び

+ミーティング(島村卯月)


P(プロデュースするアイドルが決まったので、自己紹介を兼ねたミーティングすることにした)


島村卯月「あ、あのっ初めまして!私、島村卯月っていいます!えっと、趣味は友達とお喋りすることで……」

P「ちょっ、ちょっと!そんなに慌てなくていいから、一旦落ち着いてくれ」

卯月「あ、すいませんでした。これから気をつけますね……えっと……」

P「ん?あぁ、俺の事は好きに呼んでくれていいよ」

卯月「じゃあ、『プロデューサーさん』って呼んでも良いですか?」

P「いいぞ!これからよろしく頼むよ、島村さん」

卯月「……あの、名字はちょっと。他人行儀過ぎません?」

P「えっと、じゃあ……」

+1よろしく、卯月!

P「これからよろしく、卯月!」

卯月「はい!」

P「おっ、いい返事だ」

卯月「えへへ、ありがとうございます!」

P「この調子ならトップアイドルも夢じゃないな」

卯月「トップアイドルですか?」

P「そうだ。AKBやジャニーズにも劣らない、いやそれ以上の存在になるんだ」

卯月「ええっ、私なんかがそこまでになれませんよ!」

P「まぁ『目標は高く!』だ」

卯月「なんか途方もない話ですね」


+1そうだな
P「そうだな、確かに目標としてはかなり途方もない話だ」

卯月「や、やっぱりですか……」

P「だが今トップアイドルとして活躍している彼女たちも、最初は卯月と同じ状態だったんだ」

卯月「私と?」

P「ああ。だから卯月にもトップアイドルになれる可能性はあるっていうことだよ」

卯月「……なるほど。ここからは私の努力次第、ってことなんですね!」

P「そうだ!卯月なら大丈夫だ、俺が保証するよ!」

卯月「はい!私、精一杯頑張りますから一緒に夢叶えましょうね!よろし くお願いしますっ!」

P(卯月の気持ちを鼓舞することができた。この調子でこれから頑張っていこう!)


パーフェクトコミュニケーション!


+2しょせん目標だ
P「ま、しょせん目標だ。現実はそんなに甘くないぞ」

卯月「ううっ、冷静に言われるとなんか辛いですね……」

P「ましてや、大手の事務所は強いバックがついてるからな……ウチではマネ出来ないよ」

卯月「芸能界って結構ダークなんですね……」

P「現実はそんなもんさ。まずは一歩一歩、出来ることからやっていこう」

卯月「そうですね。これから一緒に頑張りましょう!」

P(こうして、俺の卯月のアイドルプロデュースが始まった)

P(ただもうちょっと夢のある話をしたほうがよかったかな?)


グッドコミュニケーション


+3じゃあ低く持ってみるか
P「じゃあ逆に目標を低くもってみようか」

卯月「低く、ですか?」

P「そうだ。例えば……町中でティッシュを配るとか、」

卯月「って、それじゃただのバイトじゃないですか」

P「一応アイドルの仕事でもあるぞ?」

卯月「私はもっとちゃんとしたアイドルになりたいんです。TVとか出てみたいんですよ!」

P「下積みだって必要だぞ?」

卯月「そうですけど、下積みを目標にはしたくないですよ……」

P「まぁなんにせよ、これからよろしくな」

卯月「はい」

P(うーん、少し暗い話になってしまったな……もうちょっと明るい話で盛り上げていったほうが良かったかな?)


ノーマルコミュニケーション



+2ウヅキシマムラ
P「Nice to meet you, Uzuki Shimamura!」

卯月「えっ」

P「What?」

卯月「……なんで英語何ですか?」

P「いや、目指すは海外進出ー、なんつって……」

卯月「あ、あはは……」

P(しまった!初対面でこのジョークはまだ早かったか……)

卯月「とりあえず、私のことは普通に『卯月』って呼んでくださいネ?」

P「わかった、卯月。さて、まずは活動の目標を作ろうか」

卯月「目標……ですか?」

P「あぁ、目指すはトップアイドルだ!」

卯月「トップアイドルですか?」

P「そうだ。AKBやジャニーズにも劣らない、いやそれ以上の存在になるんだ」

卯月「ええっ、私なんかがそこまでになれませんよ!」

P「まぁ『目標は高く!』だ」

卯月「なんか途方もない話ですね」


+1そうだな
P「そうだな、確かに目標としてはかなり途方もない話だ」

卯月「や、やっぱりですか……」

P「だが今トップアイドルとして活躍している彼女たちも、最初は卯月と同じ状態だったんだ」

卯月「私と?」

P「ああ。だから卯月にもトップアイドルになれる可能性はあるっていうことだよ」

卯月「……なるほど。ここからは私の努力次第、ってことなんですね!」

P「そうだ!卯月なら大丈夫だ、俺が保証するよ!」

卯月「はい!私、精一杯頑張りますから一緒に夢叶えましょうね!よろし くお願いしますっ!」

P(卯月の気持ちを鼓舞することができた。この調子でこれから頑張っていこう!)


グッドコミュニケーション


+2しょせん目標だ
P「ま、しょせん目標だ。現実はそんなに甘くないぞ」

卯月「ううっ、冷静に言われるとなんか辛いですね……」

P「ましてや、大手の事務所は強いバックがついてるからな……ウチではマネ出来ないよ」

卯月「芸能界って結構ダークなんですね……」

P「現実はそんなもんさ。まずは一歩一歩、出来ることからやっていこう」

卯月「そうですね。これから一緒に頑張りましょう!」

P(こうして、俺の卯月のアイドルプロデュースが始まった)

P(ただもうちょっと夢のある話をしたほうがよかったかな?)


ノーマルコミュニケーション


+3じゃあ低く持ってみるか
P「じゃあ逆に目標を低くもってみようか」

卯月「低く、ですか?」

P「そうだ。例えば……町中でティッシュを配るとか、」

卯月「って、それじゃただのバイトじゃないですか」

P「一応アイドルの仕事でもあるぞ?」

卯月「私はもっとちゃんとしたアイドルになりたいんです。TVとか出てみたいんですよ!」

P「下積みだって必要だぞ?」

卯月「そうですけど、下積みを目標にはしたくないですよ……」

P「まぁなんにせよ、これからよろしくな」

卯月「はい」

P(うーん、少し暗い話になってしまったな……もうちょっと明るい話で盛り上げていったほうが良かったかな?)


BADコミュニケーション…



+3ファッションセンターしまむら
P「そういや『ファッションセンターしまむら』、ってあるよな」

卯月「はい?」

P「というわけで、君のことはこれから『お買い得アイドル』として売り出そう!

卯月「ええっ!?」

P「うむ、我ながらナイスアイデアだ!早速社長に報告を……」

卯月「ちょっ、勝手に話を進めないで下さいよ!」

P「だめか?結構斬新だと思うが?」

卯月「嫌です!プロデューサーさん、もっと真面目にミーティングしましょうよ……」

P「あぁ、ごめん。興奮してつい……」

卯月「はぁ、こんな人がプロデューサーで私大丈夫なのかな……」

P(あぁ、機嫌を損ねてしまった……もう少し落ち着いて話をするべきだったな)

P「えっとだな、卯月。まずは今後の活動の目標を作ろう」

卯月「目標……ですか?」

P「あぁ。目指すはトップアイドルだ!」

卯月「トップアイドルですか?」

P「そうだ。AKBやジャニーズにも劣らない、いやそれ以上の存在になるんだ」

卯月「ええっ、私なんかがそこまでになれませんよ!」

P「まぁ『目標は高く!』だ」

卯月「なんか途方もない話ですね」


+1そうだな
P「そうだな、確かに目標としてはかなり途方もない話だ」

卯月「や、やっぱりですか……」

P「だが今トップアイドルとして活躍している彼女たちも、最初は卯月と同じ状態だったんだ」

卯月「私と?」

P「ああ。だから卯月にもトップアイドルになれる可能性はあるっていうことだよ」

卯月「……なるほど。ここからは私の努力次第、ってことなんですね!」

P「そうだ!卯月なら大丈夫だ、俺が保証するよ!」

卯月「はい!私、精一杯頑張りますから一緒に夢叶えましょうね!よろし くお願いしますっ!」

P(卯月の気持ちを鼓舞することができた。この調子でこれから頑張っていこう!)


グッドコミュニケーション


+2しょせん目標だ
P「ま、しょせん目標だ。現実はそんなに甘くないぞ」

卯月「ううっ、冷静に言われるとなんか辛いですね……」

P「ましてや、大手の事務所は強いバックがついてるからな……ウチではマネ出来ないよ」

卯月「芸能界って結構ダークなんですね……」

P「現実はそんなもんさ。まずは一歩一歩、出来ることからやっていこう」

卯月「そうですね。これから一緒に頑張りましょう!」

P(こうして、俺の卯月のアイドルプロデュースが始まった)

P(ただもうちょっと夢のある話をしたほうがよかったかな?)


BADコミュニケーション…


+3じゃあ低く持ってみるか
P「じゃあ逆に目標を低くもってみようか」

卯月「低く、ですか?」

P「そうだ。例えば……町中でティッシュを配るとか、」

卯月「って、それじゃただのバイトじゃないですか」

P「一応アイドルの仕事でもあるぞ?」

卯月「私はもっとちゃんとしたアイドルになりたいんです。TVとか出てみたいんですよ!」

P「下積みだって必要だぞ?」

卯月「そうですけど、下積みを目標にはしたくないですよ……」

P「まぁなんにせよ、これからよろしくな」

卯月「はい」

P(うーん、少し暗い話になってしまったな……もうちょっと明るい話で盛り上げていったほうが良かったかな?)


BADコミュニケーション…




+老人ホーム慰問(藤原肇)
社員専用コンテンツです


+神々の狂宴(グリードオブカタストロフィ)(神崎蘭子)
この先は文字がかすれていて読めない...


+んっ……そんなとこ見ちゃやらぁ……
+見ちゃ……やぁぁ……
+ねぇ……お願い、みないでぇ……
+もうこんなのやらぁ……
+ね、ねぇ…最後のお願いだから……もう……みないで……
+ 
+  
+Welcome to TeletubbyLand
テレタビーズの時間だよ! テレタビーズの時間だよ!


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。