※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

基本

主力部隊に5枚(内リーダー1枚)、援護部隊に8枚のカードを配置します。
オーダースキルはリーダーカード1枚のみ、ポテンシャルは主力部隊の5枚のみ発動します。
援護部隊のポテンシャルは発動しない為、上げても特に意味はありません。

コスト上限を超えることはできない為、前半は主力部隊を優先して埋めることになりますが、本部レベルや階級の上昇に従ってコスト上限に余裕ができてくるため、後半は援護部隊にも強力なカードを配置することができます。

それでは以下の戦闘を元に実際の戦闘の流れを見ていきましょう。

主力部隊

No. 名前 C 戦闘 HP 移動 攻撃 回復 索敵 回避 命中 防御 ポテンシャル
兵科 成長 オーダー
R-0506 マガリ Lv25 16 3092 231 409 272 1036 422 218 218 286 回復上昇 Lv9
二等支援 晩成型 回復強化命令 Lv4
R-0704 イムカ Lv30 15 4185 610 186 949 254 152 407 983 644 攻撃上昇 Lv8
三等剣甲 普通 白兵命令 Lv1
R-0109 リエラ・マルセリス Lv30 15 4250 393 1018 411 178 982 536 393 339 索敵高確率強化 Lv2
三等偵察 普通 移動強化命令 Lv2
SR-0201 イーディ・ネルソン Lv40 19 6223 413 436 1034 91 459 1126 298 2366 回避限界突破 Lv9
一等突撃 普通 体力特化指令 Lv1
SR-0503 リエラ・マルセリス 21 4317 378 504 283 1419 488 410 268 567 ヴァルキュリア Lv1
三等支援 晩成型 支援要請 Lv1

援護部隊

名前 該当ステータス 訓練所倍率 最終ステータス
HP 不動のルマーノ Lv25 1349 x 1.6 2158
移動 エイミー・アップル Lv8 961 x 1.5 1441
攻撃 グロリア・ダレル Lv9 1245 x 1.6 1992
回復 クラリッサ・キャラハン Lv21 1660 x 1.7 2822
索敵 マリーナ・ウルフスタン Lv33 928 x 1.5 1392
回避 リコリス・ネルソン Lv30 2017 x 2.1 4235
命中 ファルディオ・ランツァート Lv6 1046 x 1.6 1673
防御 イングヒルト・ノベール Lv22 1631 x 1.8 2935

戦闘の流れ

戦闘時の処理順序は以下の通りとなります。
通常戦闘、ボス戦闘共にほとんどの内容は同じですが、最後の勝敗判定のみ別の処理が行われます。

1. 主力部隊の戦闘力を求める

主力部隊に配置した5枚の「戦闘力」を合計します。

マガリの戦闘力 + イムカの戦闘力 + リエラの戦闘力 + イーディの戦闘力 + リエラの戦闘力
= 3092 + 4185 + 4250 + 6223 + 4317 = 22067

2. 地形による影響を加算

戦場によっては地形ボーナスとして、特定の兵科に対して+10%程度のボーナスが付くことがあります。
地形ボーナスは主力部隊・援護部隊両方に効果があり、全ステータスが+10%されますが、オーダースキルは地形ボーナスの影響をうけません。
「偵察兵 +10%」を例とすると、以下のようになります。
(なお、戦闘画面では一番最初から加算された状態で表示されます)

影響を受けるキャラクタ:主力のリエラ、移動枠のエイミー
リエラの戦闘力 * 0.1 = 4250 * 0.1 = 425
エイミーの移動 * 0.1 = 1441 * 0.1 = 144
425 + 144 = 569上昇

3. オーダースキルによる増減

リーダーに設定したカードがオーダースキルを持っている場合、確実にオーダースキルが発動し、発動したスキルの効果によって自戦闘力の増加、または相手戦闘力の減少が行われます。
オーダースキルは主力部隊、援護部隊の全13枚のカードすべてに作用しますが、援護部隊は配置された場所のステータスしか戦闘力に影響しません。その為、「移動特化指令」(味方全ユニットの移動が75%UP)が発動した場合、実質的に効果があるのは主力部隊の5枚と「移動」に配置された援護部隊1枚の、施設による上昇を含まない数字となり、合計で6枚のカードの「移動」ステータス増加分が戦闘力に反映されます。

回復強化命令 Lv4 (味方全ユニットの回復が65%UP)
マガリの回復 + イムカの回復 + リエラの回復 + イーディの回復 + リエラの回復 + クラリッサ(援護)の回復 =
= 1036 + 254 + 178 + 91 + 1419 + 1660 = 5578
65%UP = 5578 * 0.65 = 3625上昇

4. ポテンシャル判定

ポテンシャルによって異なる発動確率が設定されており、ポテンシャルが発動した場合には戦闘力の増加が行われます。オーダースキルで既にステータスが増加していたとしても、ポテンシャルの効果はカードに書かれた値を元に計算されます。

例:移動が1000のキャラの場合、オーダースキル「移動特化指令 Lv1(+75%)」で1750になりますが、ポテンシャル「移動上昇 Lv1(50%)」の効果は+875ではなく、+500となります。

なお、ヴァルキュリア化判定もポテンシャルの一部の為、この段階で判定が行われますが、画面表示上は他ポテンシャルよりも先に表示されます。

イムカの攻撃上昇Lv8(41%の確率で攻撃が120%UP)が発動
イムカの攻撃 * 1.20
= 949 * 1.20 = 1138上昇

イーディの回避限界突破Lv9(45%の確率で回避が370%UP)が発動
イーディの回避 * 3.70
= 1126 * 3.70 = 4166上昇

5. コンビネーション判定

相性欄に書かれたキャラが主力部隊に配置されている場合、ランダムでコンビネーションが発動することがあります。
コンビネーションが発動するのは主力部隊間のみで、援護部隊はコンビネーションに影響しません。

相性が連鎖する場合(例:エイリアス→コゼット→リコリス)には2連鎖、3連鎖となることがあり、効果が覿面に増加します。
また、双方向に相性が良い場合(例:エイリアス←→コゼット)には両方でコンビネーションが発生することがあります。

1連鎖の場合、戦闘力の上昇値は元の戦闘力の約10%ですが、オープンβでは極端に少ない例も見受けられました。

イムカのコンビネーションが発動(1連鎖)
イムカの戦闘力 * 0.10
= 4185 * 0.10 = 418
※実際の戦闘では415上昇。誤差の理由は不明。

6. 援護部隊による戦闘力を求める

援護部隊に配置したキャラクタのステータスと、各種訓練施設の倍率を元に戦闘力を求めます。

各ステータス毎に「配置したキャラクタの○○ステータス」 x 「○○訓練所の倍率」を求め、8種類の値を合計します。

援護部隊の訓練所補正済み該当ステータスの合計
= 2158 + 1441 + 1992 + 2822 + 1392 + 4235 + 1673 + 2935 = 18648
※実際の戦闘では18646上昇。誤差の理由は小数点以下を四捨五入して表示している為。

7. 勝敗決定

通常戦闘の場合:単純に戦闘力の大きい方が勝ちとなります。
ボス戦闘の場合:ボスのHPは表示されますが、ボスの戦闘力は表示されていません。
基本的には自軍の戦闘力分ダメージを与えられますが、弾薬を3つ使うなど総戦闘力が高い場合にはボーナスがあります。
詳しくはボス戦闘にて解説しています。

1~6番で求めた値を合計することで最終的な総戦闘力が算出されます
22067(戦闘力) + 569(地形効果) + 3625(オーダー) + (1138 + 4166)(ポテンシャル) + 415(コンビネーション) + 18646(援護部隊)
= 50624

階級

階級 必要名声 DCT収入 コスト増加
少尉 200/時 +0
中尉 500 220/時 +10
大尉 6000 240/時 +20
上級大尉 18000 260/時 +30
少佐 30000 280/時 +35
中佐 45000
大佐 70000
上級大佐 100000
准将 140000
少将 200000
中将 280000
大将 380000

コメント

  • オーダーによる戦闘力上昇において援護部隊の訓練施設の倍率補正はかかっていないはず。 - 名無しさん 2012-10-11 18:34:39
名前: