※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《待機中の効果/ルールリファレンス》

7.8待機中の効果
7.8.1待機中の効果とは、効果の解決の時点では効果が適用されない、または、前提となる効果だけを解決し、後で指定された状況やタイミングが発生した場合に処理が適用される効果である。特に、後から指定された状況やタイミングで発生する処理を指して待機中の効果という。
7.8.2前提となる部分が解決された場合、効果を発生させたカードが場を離れる場合や、効果が無効になった場合でも、待機中の効果は無効にならない。
7.8.3待機中の効果が与えられたカードが、待機中の効果が処理されるまでに対象として不適切となった場合でも、待機中の効果は解決される。

「待機中の効果」とは
「このターン、~場合、○○する。」
「~する××は、○○する」
という記述の、「カードの解決から実際にその効果が発揮されるまでにタイムラグがある効果」を指す。大結界『博麗弾幕結界』起動効果森羅結界の効果などが該当する。

通常、スペルカードやコマンドカードは効果を解決すると冥界に置かれてしまうため、領域の移動により効果が発揮されなさそうだが、IR-7.8.2により「~場合」という条件を満たせば「待機中の効果」は正常に解決される。

例えば森羅結界をプレイし、解決された場合、

このターン、〔あなた〕が次にダメージを受ける場合、
そのダメージを無効とし、ライフポイントをX得る。
Xはこの効果で無効にしたダメージの値に等しい。

の部分が「待機中の効果」となる。「あなたが次にダメージを受ける場合」という条件を満たしたときに、この効果を処理することになる。森羅結界というカードのプレイを解決した時点で森羅結界は冥界にあるものの、「待機中の効果」は無効化されることなく、処理される。

なお、待機中の効果は「特定のタイミングで発生する効果(IR-7.7)」との違いには注意が必要である。

例えば上海人形(自動γ)は「待機中の効果」ではなく「特定タイミングで発生する効果」である。効果の「発生」前に上海人形が場を離れた場合(自動γ)は解決しない(QA022)。

待機中の効果は「事前に解決しておくと」特定のタイミング・条件を満たした時処理されるもの、特定のタイミングで発生する効果は「事前に解決せず」タイミングが来て初めて解決されるものだと理解しておけばいい。


また、待機中の効果の解決は「それが適用されるタイミング」を迎えたならば、「〜してもよい」というテキストでない限り、必ず解決しなければならず、解決を行わず保留しておくことはできない。
例えば相手の攻撃に対し森羅結界以外のカードによる干渉を行った後、攻撃側プレイヤーが紅魔館をプレイし、あなたが森羅結界をプレイしたとする。残念ながら森羅結界紅魔館の1ダメージを無効化しあなたは1のライフを得ることになる。「それは嫌だ」と「紅魔館の1ダメージを受ける場合」に「待機中の効果」を処理しないことは選べない。

なお、同一のタイミングに適用される「待機中の効果」が複数ある場合、
下記の規定に従って「解決する順番」を決定する。
 干渉を行う順番ではないため、選んだ順番で直ちに解決していく。

●同時に発生する効果
 複数の効果が同じタイミングで発生する場合、
その効果のプレイヤーが解決する順番を決定し解決する。
また、複数のプレイヤーが関係する場合、
ターンプレイヤーの効果を解決した後、
非ターンプレイヤーが効果を解決する。

例えば大結界『博麗弾幕結界』起動効果森羅結界の2つが「待機中の効果」である状態で、あなたがダメージを受ける場合、あなたはそのどちらを先に解決するかを決定する。

あるイベントAが起きたとき、
「Aする場合」を条件とする待機中の効果B,C,Dがあるならば、プレイヤーは規定に従いB,C,Dの解決の順番を決定しなければならない。
ここで、仮にB,C,Dの順番で解決すると決定し、Bを解決した結果CやDが解決できなくなる場合、CやDは解決に失敗する。再びイベントAが起きたとしてもCやDが処理されることはない。

……要するに、森羅結界を連続で2枚使っても無駄になるということである。

例えばあなたが2枚の森羅結界P,Qを解決し、2枚分の「待機中の効果」があるとする。



公式Q&Aより

  • Q022.「No.001 上海人形」がプレイされて場に出たターンに、ターン終了時までに「No.001 上海人形」が破棄される等して場から離れた場合、(自動γ)の効果で1ドローできますか?
  • A022.いいえ、出来ません。(自動γ)の効果が解決される前にカードが場から離れた場合、無効となります。


関連

待機中の効果を発生させるカード
など