※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《火金符「セントエルモピラー」》

No.417 Spell <Special Collection Vol.2
GRAZE(2)/NODE(4)/COST(3) 術者:パチュリー・ノーレッジ

【連結 (火符「アグニシャイン」+金符「シルバードラゴン」)】

【幻想生物】

(自動γ):
 〔このキャラクター〕が攻撃する場合、〔あなた〕は(1)支払っても良い。支払った場合、目標の〔場のカード1枚〕を破棄する。

攻撃力(2)/耐久力(6)

セントエルモの火とは静電気が物体に発生させる
青白いコロナ放電による発光現象のことである。

Illustration:Dai


コメント

Special Collectionで新しく登場した、【連結】(ユニオン)を持つスペルカード

持っている能力は火符『アグニシャイン』のものに近いが、性質はかなり変化している。
〔キャラクター以外の相手の場のカード1枚〕を対象にしていたものが、こちらでは「自分の場も含めて場の全てのカード1枚」を目標に指定する。
範囲は広まったものの目標となったため、「目標にならない」効果が適用されているものが指定できなくなっている。もっとも、基本的にそれを持つのはキャラクターであるため、体感としてはあまり変化はないだろうが。
また、プレイヤーに戦闘ダメージを与えなくても、ただ攻撃して(1)コストを支払うだけで使用できる(自動γ)となったため、使いやすさは向上したといえる。

攻撃力2でグレイズ2と、攻撃能力はかなり低め。
かといって放っておくと次のターンも場のカードを破棄される危機にさらされるし、スペルコマンドで討ち取るにしても高い耐久を持つカードであるため
対策が取りづらいという、なかなかにいやらしいカードである。

  • (自動γ)は攻撃時、つまり相手の(防御を含む)干渉前に効果が即時解決される。これに干渉して秘封倶楽部迷ひ家をプレイして避難させたりすることはルール上出来ない。
    • このため目標を指定する効果の欠点である、目標不適切での解決失敗になりづらい


関連