※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《空間操作》

No.387 Command <第五弾
NODE(3)/COST(2)
効果範囲:その他
発動期間:装備

【自分ターン制限】 【装備/場】

(自動α):
 〔全てのプレイヤー〕は、自分の場に出せるキャラクターの上限が2枚になる。新たにキャラクターが場に出ることで、自分の場のキャラクターが3枚以上になる場合、直ちに〔そのキャラクター〕を破棄する。但し、既に3枚以上のキャラクターがセットされている場合、そのキャラクターは破棄しない。

「皆様方にふさわしい、優雅な場を用意しておきましたわ」

Illustration:gisyo

コメント

互いに場に出せるキャラクターを制限する装備/場
かなり大きい影響力を持つルール型効果。

これがある限り、互いに自分の場に出せるキャラクターの上限が2体になり、既に2体以上いる場合は新たに「場に出す」ことが出来なくなる。
キャラクターカードのプレイだけでなく、弐符などの「場に出す」効果も解決できなくなる。
この事から、人形奇襲速攻のような数を展開するタイプのカードは動きを大きく阻害される。

「キャラクターとして場に出す」カードは全て制限を受ける。
場に2体以上キャラクターがいる場合、実際の処理は次のようになる。


一方で『百万鬼夜行』幻想の四季レミリア・スカーレット/1弾などの「裏向きにセットする。以後そのカードはキャラクター:~として扱う」というタイプの効果および幻想生物は制限を受けない。
それらで出る裏向きカード幻想生物は、
場にセットされた後にキャラクターになる
からである。

あくまでも「キャラクターとして場に出す」ものだけを制限するのである。これを活かすかどうかはデッキとプレイヤー次第だろう。
もちろんその高い強制力はプレイした本人も被るので、使用の際はそのリスクを十分に考慮しなければならない。
主に「数で押している・高い制圧力を持つアタッカーが存在する」などの有利な状況で、アドバンテージを固定化させる目的で使う事になるだろう。古明地 こいし/5弾釣瓶『ウェルディストラクター』と組み合わせてライフを削るというのも良い。

またノードも低めなので、展開型のデッキなどに対するメタカードとして投入するという手もある。
個々のキャラクターのスペックで勝てる自信があるなら、かなりその攻勢を削ぐ事が可能となる。

  • 2008/01/14にてテキスト修正。
  • 新たにキャラクターを出せないだけなので、相手の場からキャラクターを奪うことは可能。
  • カードのプレイ自体を禁止するのではない。このため、「プレイそのものは出来るが場に出ることが出来ず解決に失敗しカードが破棄される」効果として扱う。


公式Q&Aより

  • Q010.No.387 空間操作が場に存在しキャラクターが2枚存在する状態でNo.282 幻想の四季など、裏向きのキャラクターを場に出す効果を使用する場合、裏向きのキャラクターは場に出ますか?
  • A010.はい、場に出ます。「~セットする。以後このカードはキャラクターとして扱う。」という効果は、場にカードを出した後にキャラクターになるため、キャラクターが場に出たものとしては扱いません。そのため、「新たにキャラクターが場に出ることで~」という条件に合致しないため、破棄しません。

  • Q048.No.387 空間操作が場にセットされており、自分の場にキャラクターが2枚以上存在する場合、キャラクターカードをプレイすることは出来ますか?
  • A048.はい、出来ます。ただし、プレイされたキャラクターカードは場に出る事が出来ず、解決時に破棄されます。(「場に出る場合」の効果は解決できません)
    • コメント
      • 「場に出ることが出来ない」であるため、「場に出る時」「場に出た時」の(自動β)が解決できないようだ。

  • Q135.No.387 空間操作が場にあり、既に自分の場にキャラクターが2枚いる場合、自分の場にキャラクターを戻す、あるいは移す効果が解決された場合、そのキャラクターは自分の場に戻(移)りますか?
  • A135.はい、戻(移)ります。それらは場に出る効果とは区別されています。

  • Q164.No.387 空間操作が場にあり自分の場のキャラクターが2枚以上いる場合、No.464 召喚魔術でデッキから「幻想生物」を場に出すことは出来ますか?
  • A164.はい、出来ます。


関連