※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《光珠「龍の光る眼」》

No.368 Spell <第五弾
NODE(4)/COST(1) 術者:永江 衣玖
効果範囲:目標のカードに及ぶ効果
発動期間:装備

【装備】

(自動γ):
 ターン開始時に、〔あなたの冥界の上のカード1枚〕をゲームから除外する。ターン終了時まで、〔このキャラクター〕はこの効果でゲームから除外したカードの種類によって以下の効果を得る。

 ・キャラクターカード… 「戦闘修正:+2/±0」
 ・スペルカード… 隠密
 ・コマンドカード… 先制

攻撃力(-)/耐久力(+2)

龍眼が光を放ったそのとき、何かが起こる。

Illustration:

コメント

永江 衣玖のスペルカード
ターン開始時に冥界の一番上にあるカードの種類によって効果が変わる特殊な装備

要は直前に冥界に落としたカードによって効果が決まる。
しかもいちいち除外する為継続的に同じ効果を出し続ける事が難しく安定しないが、得られる効果自体は「+2/+2」「隠密」「先制」とどれも悪くは無い。
また耐久+2は固定なので、キャラクター一体を守る分には及第点の性能はあると言えなくもない。

ただ戦闘力補正、隠密付与はそれ専門のカードが存在しており、こんな回りくどいカードを使うよりはそちらの方がスマートで使いやすい。
それに比べ先制は継続的に得られるカードが今の所これだけなので使う価値もあるのだが、その場合このカードの効果の継続的に使いづらいという性質と相性が悪く、やはり「このカードを使うぐらいなら」という風になりがちである。

ただ一つ利点と言えるのが、このカードがスペルカードであるという事で、魔法研究によってサーチ出来る為光学迷彩スーツより安定してコンボパーツに組み込みやすい。

ちなみに「ターン開始時」なので相手ターン開始時も含む。その為自分のターンに特定の効果を出したい場合、該当する種類に加えてもう一枚分冥界に落とさなければならない。
当然かなり早いペースで冥界を消費する為、何かしら冥界利用するカードを搭載しているなら注意が必要。


関連