※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《破滅の呼び声》

No.300 Command <第四弾
NODE(6)/COST(3)
効果範囲:目標を取らず、複数のカードに及ぶ効果
発動期間:瞬間

 〔あなたの場のカードおよび手札を合わせて5枚〕を選び、ゲームから除外する。その後、〔相手プレイヤー〕は〔自分の場のカード及び手札を合わせて5枚まで〕を選べるだけ選び、ゲームから除外する。

「崩れ落ちてく砂の城~♪溶けて消えるは土の国~♪」

Illustration:瀬尾辰也

コメント

大量のカードをゲームから除外する非常に豪快なカード。

除去カードというより、互いに同数のリソースを削って動きを抑制するロックカードのようなものと考えた方が正しい。
もちろんこのカードの使用権限はこちらにあるので、上手く立ち回る事で任意のカードを「除外せざるを得ない」状況を作り出す事は可能だが。

そのまま使う場合は、自身が有利な状態で無いと高い効果は得にくい。それどころかこちらはこのカードとコスト3点を支払っているので、下手に撃つと自滅に等しい結果になってしまう。
そのため、他のカードと組み合わせることで、自分の受ける被害を減らし、アドバンテージを確保することが大切である。

代表的なものでは以下のものだろうか。
  • 蓬莱人形など極力アドバンテージを消費せず場に出るキャラクターを中心に展開する。
  • 装備呪符・セットされているカードも場のカードの一部。 氷符『アイシクルフォール』玉兎のように単体で複数のセットカードを持つカードや、相手のマイナス効果の呪符を破棄して数を稼ぐ。
  • 幻想の四季をプレイし亡霊を除外する。
  • 紅符『スカーレットシュート』などの除去カードを使い、相手の場のカードを減らす。カード差を開く事は難しいが、相手の除外するカードを狭める事で間接的に特定カードを選ばせやすく出来る。

逆転性に乏しい為状況を選ぶが、比較的有利にゲームを進めている際の「駄目押し」としては非常に強力な性能なので、特にコントロールデッキでは使いこなす事が出来れば戦力として期待出来るだろう。

  • 自分がプレイして5枚除外出来ない場合、「その後」以降の効果は解決されないので注意。


関連