※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《空虚「インフレーションスクウェア」》

No.201 Spell <第三弾
NODE(5)/COST(1) 術者:十六夜 咲夜
効果範囲:プレイヤー、手札、デッキ、冥界に及ぶ効果
発動期間:持続

 ターン終了時まで、〔全てのプレイヤー〕の手札のコマンドカード、及びプレイされているコマンドカードのテキストは以下に変更される。但し、この効果では「装備」、「呪符」、「装備/場」のいずれかを持つカードのテキストを変更することは出来ない。

「〔このカード〕をスリープ状態でノードに加える。」

圧倒的な物量の前に、もはや細工は意味を成さない。

Illustration:雨宮結鬼

コメント

十六夜 咲夜のスペルカード
コマンドカードのテキストを別のものに置き換える。

テキストしか変わっていないため、変更されたその効果を使うにはカード本来のノードとコストを支払わなければならない。
つまり実質的に「このターン、コマンドカードは使用できない」と言っているに等しい。
言わば流出のコマンド限定版である。

流出ほどの制限は無いが、使用後もスペルカードは使用できるため、それを使用できるターンプレイヤーにかなり有利に働く。
特にディゾルブスペル瞋怒白玉楼の幻闘と言ったカードを確実に封じる事が出来る為、神器を持った大型キャラクターによる致死ダメージの攻撃、幽雅『死出の誘蛾灯』死符『ギャストリドリーム』のコンボ、とどめの審判『ラストジャッジメント』など、絶対に通さなければならない行動のサポートとして非常に使いやすい。

またスペルカードであるため、魔法研究のサーチ対象であるという利点もある。
基本的に他のカードの存在があって初めて意味を成すタイプのカードである為、確実に手札に加えられる手段があるのは美味しいと言えるだろう。

流出ほどではないが、やはり自分の行動も抑制されるので、十六夜 咲夜/1弾などのプレイに対しコマンドで干渉する事が出来ないというネックがある。また離反工作のような作戦阻止を封じたいカードのサポートとしても使えない。
そのような場合はデッキに合わせて幻想『花鳥風月、嘯風弄月』を使うと良いだろう。

また、スペルカードであるせいでメインフェイズまで使えず、アクティブフェイズ・メンテナンスフェイズなどに使用されたコマンドカードには手も足も出ない。逆に逆転『リバースヒエラルキー』をメインに据えたデッキでは貴重なカウンタースペルとなる。作戦阻止より2ノードも多いが該当デッキではコマンドカウンターは採用しづらいのでこのカードに頼らざるを得なくなる。リバースヒエラルキーが見えてる限り相手もカウンターに対する警戒は薄れるので意外なところで刺さるかもしれない。
特にこのカードの存在がバレてしまうと何でもないようなコマンドカードでもそれ以前に使われてしまうので注意が必要。

  • 低コストの不要なコマンドによって相手側にノードを増やされる可能性があることにも一応注意。
  • 奇術『エターナルミーク』と共に咲夜を術者に持つ事が、一時期は非常に大きな意味を持っていた(いぬさくやの項)。
  • テキストでは「装備」、「呪符」、「装備/場」となっており、【】が使われていないので想起『うろおぼえの金閣寺』によるサイドボードからのプレイが可能。


関連