※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《人智剣「天女返し」》

No.198 Spell <第三弾
NODE(2)/COST(1) 術者:魂魄 妖夢
効果範囲:目標のカードに及ぶ効果
発動期間:瞬間

 目標の〔「種族:妖精」または「種族:魔法使い」を持つキャラクター1枚〕を決死状態にする。

人を惑わす者を両断する。

Illustration:宮野えりな

コメント

魂魄 妖夢のスペルカード
幽鬼剣『妖童餓鬼の断食』の類似品、妖精魔法使いを斬る。

対象となるキャラクターにマナチャージ所持者が多い。
その為アンチマナチャージとして、他の特定除去よりは幾分か刺さりやすくなっているのだが、その場合多くは人界剣『悟入幻想』で代用出来るので、その汎用性と天秤に掛けると敢えてこのカードを使う必要性が薄いかもしれない。
白楼剣のような耐久力を増加させるカードで防げない、辺りがメリットとして上げられるか。

アンチマナチャージ以外にも、アリス・マーガトロイドやパチュリー・ノーレッジを中心としたデッキに対して噛み合えば一応有効に働く事も無くは無い。
人形デッキなどはアリスを中心に戦略を考えている場合がほとんどなので、死符『ギャストリドリーム』の廉価版として非常に強力だろう。
妖精に関しては大半が完全にとばっちりであるが、梅霖の妖精/3弾などはまだ除去対象として及第点と言えるか。

また上記は素のまま使う事を前提にした話であり、妖夢を術者に据える場合は人界剣『悟入幻想』との相性の良さもあり、使い勝手は上々となる。
環境次第ではメイン採用も十分考慮に値するカードとなるだろう。

  • 2008年11月30日のエラッタによりコストが(2)→(1)になった。


関連