※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《符ノ弐“魂魄 妖夢”》

No.184 Character <第三弾
GRAZE(3)/NODE(-)/COST(-) 種族:人間/幽霊

【弐符】

(自分ターン)0:
 この干渉終了後、直ちに〔このキャラクター〕は攻撃を行う。この効果は1ターンに1度、スペルカードのタイミングでしか使用できない。

攻撃力(6)/耐久力(5)

「斬る」

Illustration:ノザクマ

コメント

スペルブレイクをした白玉楼最強の二刀剣士。
厳しい修行の結果、スペルやコマンドに頼らずとも二回攻撃が出来るようになった。

テキストにより密命の効果「1」に近い起動効果を得られる。
この効果により妖夢は『攻撃』を行うが、通常の攻撃と違いスリープを要求されないので
妖夢のアクティブ状態を維持したまま1回分の『攻撃』を行う事が出来る。

『攻撃宣言』→起動効果、或いは起動効果→『攻撃宣言』と繋ぐ事で手軽に2回攻撃が行え、
また、起動効果だけで攻撃すれば妖夢自体はアクティブ状態で場に居座るので
アクティブ状態の妖夢を相手ターンの防御要員に回す、と言った使い方も出来る。
勿論起動効果の使用は任意なので一切の攻撃を行わない事も可能である。

ただし、アクティブ妖夢の起動効果干渉して十六夜 咲夜/1弾を出さると、
妖夢をスリープさせられた上で起動効果による攻撃も防御されたりするので注意。
よって、『攻撃宣言』と起動効果のどちらを先に行うべきかは一概には言えない。

攻撃的な能力だが、戦闘を有利に進める戦術を所持しておらず、耐久面においても心許ない。
壱符妖夢で回収できる装備を有効活用した上で、コマンドカード等でしっかりとサポートしよう。

  • 「スペルカードのタイミングでしか使用できない」とは「自分のターンのメインフェイズ中、優先権を持っており且つ干渉が行われていないタイミングでしか使用できない」ということ。


公式Q&Aより

  • Q125.スリープ状態のキャラクターに「攻撃する」「攻撃を行う」という効果を解決した場合、スリープ状態でも攻撃が出来ますか?
  • A125.はい、出来ます。
    • コメント
      • このカードの場合、一人で二回攻撃が出来るということである。


関連


※「魂魄 妖夢」を参照するカード