※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《チルノ》

No.010 Character <第一弾
GRAZE(2)/NODE(2)/COST(1) 種族:妖精

(常時)(1):
 〔あなたの手札にある「種族:妖精」をもつキャラクターカード1枚〕を破棄しても良い。破棄した場合、ターン終了時まで〔このキャラクター〕は「戦闘修正:+X/+Y」を得る。XとYは、この効果で破棄したキャラクターカードの攻撃力Xおよび耐久力Yにそれぞれ等しい。

攻撃力(3)/耐久力(2)

「その辺の妖精と一緒にしないでくれる?」

Illustration:
(テキスト修正@2011/03/13)

コメント

紅魔郷2ステージボス。

攻防一体の能力であり、破棄した妖精カード秘密結社で回収すれば終盤でも十分に通用する能力になる。

能力の使用による妖精カード破棄は解決時になる。
よって、この能力の使用に干渉して離反工作をすると、コストを払うのは元のプレイヤーだが、妖精カード破棄するのは「解決時にこのカードから見た「あなた」」つまり離反工作をしたプレイヤーの役目となる。
もっとも、「破棄しても良い」なので、破棄しないことを選ぶことも可能でありゲーム上の意味は薄いが。

  • 破棄する事で最も高い修正値を得られるのは光の三妖精チームチルノ/7弾の4/4。また攻撃力ならスターサファイア、耐久力なら梅霖の妖精/3弾のそれぞれ4点が最高値となる。
  • スターサファイアを破棄した場合、戦闘力が7/3となるため、思っているよりも活躍してくれるかもしれない。
  • 効果の都合上呪精を破棄することで仮にこのキャラクターがやられたとしても、次に生かすことができる。
  • 効果の使用時に手札に該当するカードがなくても、解決時までに手札に加えられれば問題ない。


公式Q&Aより

  • Q074.起動効果を使用したキャラクターが、解決前に相手プレイヤーの場に移った場合、その起動効果は解決出来ますか?
  • A074.移動した先のプレイヤーから見て、起動効果のタイミングが適切であれば解決することが出来ます。
    具体的には(常時)であれば相手の場に移動してもその効果は解決されます。この時目標は、使用時に宣言した目標が目標として適切である必要があり、変更することは出来ません。「あなた」や「相手プレイヤー」などの用語は移った先のプレイヤーを基準として扱います。
    (自分ターン)および(相手ターン)の効果は基本的にタイミングが不適切になるはずななので、解決に失敗します。


関連