※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《今昔百鬼拾遺稗田写本》

No.1456 Command <第十五弾
NODE(5)/COST(2)
効果範囲:目標のカードに及ぶ効果
発動期間:装備

【装備】

(自動β):
 「今昔百鬼拾遺稗田写本」がプレイされて場に出た場合、〔あなたの冥界にある種族:妖怪を持つキャラクターカード全て〕をその「今昔百鬼拾遺稗田写本」にセットする。

(常時)(2)(S):
 〔このキャラクターにセットされている「今昔百鬼拾遺稗田写本」にセットされている種族:妖怪を持つキャラクターカード1枚〕をあなたがプレイしたものとして解決する。

「この本は特別な仕掛けがある本なの。ただの画集じゃなくて、妖怪が封印されているのね」

Illustration:カズ

コメント

鈴奈庵に置いてある妖怪本。冥界種族:妖怪を本に封印し、再利用する装備カード。

(自動β)(常時)への布石。このカード自身がプレイされて場に出た場合に、冥界種族:妖怪全てをこのカード自身にセットする効果。
  • キャラクターにセットされた装備カードであるこのカードにセットする。

(常時)(S)と2コストで先述した(自動β)によってこの装備カードにセットされた種族:妖怪の1枚をプレイしたものとして解決する効果。
コストはかかるが「プレイしたものとして解決する」なので符ノ壱“八雲 紫”のような「プレイされて場に出た場合」の効果を再利用することができる。また(常時)の起動効果なので相手ターン中や干渉で使用することもできる。スリープは必要だが、警戒を持つキャラクターにセットすれば自分と相手のターンの両方で使用することも可能。

種族:妖怪に限定されるが秘密結社のような手札に戻すカードと同じように「プレイされて場に出た場合」の効果を再利用可能。コストが4以上のキャラクターカードならば1回でコスト面での損失は取り戻せるうえ、複数回使用できる可能性もある。
冥符『紅色の冥界』のようなカードと比較すると速攻を持っていない限りスリープ状態で場に出るので、すぐに攻撃することはできないが「プレイされて場に出た場合」の効果を再利用できる点で勝る。また効果で場に出したキャラクターが除外されるなどのデメリットもないが、このカードにセットされている種族:妖怪しか再利用できない(このカードがセットされた後に冥界に置かれた種族:妖怪を再利用できない)。

このカードの弱点は装備カードであること。
まずセット先のキャラクターがいなければプレイすることもままならず、加護のような戦術を与えるわけでもないので起動効果の使用に干渉で除去されるリスクも高い。装備/場世界呪符と比べてキャラクターは除去される可能性が高いので、複数回使用できるメリットも活かせないことがあるだろう。
  • 豊聡耳 神子/11弾のような除去耐性を持つキャラクターにセットすれば上記の弱点も多少緩和されるが、強力な除去カードが増えているのでそれでも安心はできない。

このカードは頒布後すぐの2013/12/31にテキスト修正された。
  • 元のテキストでは(自動β)の「今昔百鬼拾遺稗田写本」の箇所が〔このカード〕となっており、装備カードがセットされた先のキャラクターを指すテキストになっていたため。


関連